« 好曲[sax solo] ☆ 「Ooh Baby Baby」Linda Ronstadt feat. David Sanborn | トップページ | 好曲[sax solo] ☆ 「I will always love you」Whitney Houston feat. Kirk Whalum »

2006.01.23

好曲[sax solo] ☆ 「Driving」Everything But The Girl feat. Michael Brecker

「ベンとトレイシーの2人が生み出す小洒落た作品は昔のJazzの解釈が上手いなぁ」なんて思いつつ、エヴリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)初期の作品を耳にしてはいたものの、自分のライブラリーには加えていなかった。ところが5作目にあたる『The Language of Love』('90)は“やや”アメリカ・マーケットを意識したお陰でより自分好みに仕上がって(それが不満だった人も多かったと思うけど......)すかさず愛聴盤に。中でもアルバム冒頭を飾る「Driving」は、当時愛車のカーステやウォークマンで何回聴いたことだろーか♪ シンセとも声ともとれる音が大きくなるにつれ、楽器が徐々に加わり、トレイシーのせつない系ヴォイスが唄い始める展開には、思わずじっと耳を傾けてしまう。コード進行はBm中心の静かでもの鬱げなパートと、Eメジャーのコードで始まる伸びやかなパートがあり、その対比がそのまま曲の表情になっている。その伸びやかなパートで間奏を、もの鬱げながら胸に染みるパートでフェイドアウトまで終奏を吹いているのは、なんとマイケル・ブレッカー♪ 近頃はすっかりJazzカルテットなどPOPSフィールドから離れた活動ばかりのマイケルなれど(それより昨秋白血病で倒れたことのほうが心配......早期回復祈願)、サンボーン同様70年代からセッションワークで極上ソロ多数残してるだけに、この「Driving」でのテナー・サックスsoloも申し分ナシ(ゴクリ)。彼のお陰で、間奏は冬の空が一層高く感じるほどの爽快感に満ちあふれ、エンディングはトレイシーの歌共々このままずっと聴き続けていたいと思うほどの余韻に包まれていく........そんなイメージ。Producer トミー・リピューマによる起用大正解の名演と思われ(軽やかなアルトではなく存在感あるテナーを選択したのも正解だったと思う)。キモチ良過ギ。
#ちなみにこのアルバムでは、マイケル以外にもスタン・ゲッツとカーク・ウェイラムもsaxソロを披露していて、その個性の違いも楽しめる。そのせいか、sax奏者でもあるラリー・ウィリアムスは何故かプログラミング&鍵盤のみで大貢献(苦笑)。彼もいいソロ吹くのに。

|
|

« 好曲[sax solo] ☆ 「Ooh Baby Baby」Linda Ronstadt feat. David Sanborn | トップページ | 好曲[sax solo] ☆ 「I will always love you」Whitney Houston feat. Kirk Whalum »

好曲[female vocal]」カテゴリの記事

好曲[sax]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/473453

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[sax solo] ☆ 「Driving」Everything But The Girl feat. Michael Brecker:

« 好曲[sax solo] ☆ 「Ooh Baby Baby」Linda Ronstadt feat. David Sanborn | トップページ | 好曲[sax solo] ☆ 「I will always love you」Whitney Houston feat. Kirk Whalum »