« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006.02.09

好曲[sax solo] ☆ 「I will always love you」Whitney Houston feat. Kirk Whalum

体調不良ですっかし間隔空けちゃいましたが、再開1発目は超大ヒット曲を。これは誰もが1度は聴いたことがあるとゆーか「もう聴きたくない」ってほど一時期四六時中流れていたわけで、イイ曲だと思いつつ筆者も当時はしばらく距離を置きたい心境デシタ。当時既に音楽界の大スターだったホイットニー・ヒューストンの初主演映画『ボディガード THE BODYGUARD』のオリジナル・サウンドトラック盤が発売されたのは'92年の暮れ(米国では11月発売)。BMG所属アーティストを軸に制作されたアルバム中、主演女優にしてPopスター役のホイットニーによる歌が6曲収録されていて、うち半分がデヴィッド・フォスターProduce。アルバム冒頭、イントロもなくいきなり歌から始まる「オールウェイズ・ラヴ・ユー」もそのうちの1曲で、なんとカントリー界の(巨乳?!)実力派ドリー・パートンが自ら作って唄っていた曲のカヴァー(我が家は両親がカントリーもたしなんでいたため、ケニー・ロジャースとのデュエット盤などで知っていたけど、声量も歌唱力も抜群)。それを程よくコンテンポラリーに仕上げたデヴィッド・フォスターの選曲&アレンジセンスはお見事としか言いようがないですが、それ以上に唄い出しの抑えたトーンから圧巻のブレイク後(笑)まであまりにドラマチックなホイットニーの歌唱は改めて聴いても1級品だなぁと、脱帽するばかり。こんなの1日何度も聴いたら、そりゃ胸焼けしますって♪
 で、その彼女の歌だけでも十分抑揚ついているのですが、全編ホイットニー漬けの“濃さ”を中和しつつ?彼女の感情を巧みに引き出す役割を果たしていると言えるのが、Kirk Whalumの絶品のアルト・サックスsoloだと信じて止まない筆者デス。彼はインスト〜歌モノまで幅広く器用にこなしますし、“サンボーン・フォロワー”と言われていたうちの1人だと思いますが、南部テキサス出身のバックグラウンドが彼のブラック・フィーリングに程よい“泥臭さ”を加えて、特有の空気感を生み出しているようです。ともすれば“キレイ”さばかりが目立ってしまいがちな90年代デヴィッド・フォスター作品に、カークのややクセのある艶やかなsaxとホイットニーの力強い熱唱が加わることで、映画主題歌に留まらない空前の大ヒットが生まれたに違いありません。1家に1枚ペースで売れまくったあのサントラCD、そろそろ聴き直し頃かと思いますので、iTunesなどに突っ込んで、久々聴き入ってみてはいかがでしょう? 結構泣けちゃうかもしれませんヨ(特にサックス・ソロを是非)。

#このサントラ、個人的にはナラダ・マイケル・ウォルデンProduceで実現したチャカ・カーンの大ヒット曲「I'm Every Woman」のリメイクも超お気に入り♪ 本家チャカ・カーンまでレコーディングに参加させちゃうなんて、もう反則デショー(拍手)。今聴いてもカッチョい〜〜〜〜。確かにホイットニーのバラードは絶品揃いだけど、アップテンポのナンバーがもっと評価されてもイイと思う次第(「SO EMOTIONAL」辺りもヨイでしょ)。で、ダメ亭主BOBBY BROWNとは離婚成立したのかな?(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »