« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006.05.29

[Lutecia the 3rd]☆ 気がつけば月末。

Lutecia_060529a風邪が抜けるまでに半月かかったお陰?で、どーにも仕事やら何やらに追われっぱなし(苦笑)。クルマでの移動も近場打合せや家人の送迎、買い物が中心で、今日も郵便局/銀行/スーパーを回る程度でTime Up(明日の授業の準備しなくっちゃ)。なかなか距離伸ばせないのが悩みなれど、その一方で、普段の街乗りでの使いやすさを日々実感。十分過ぎるほど小回りはきくし、MTのタッチが良いせいかタウンスピードでもなんだかリズミカル。来月はW杯の結果に一喜一憂しつつ、合間縫って少し遠出できれば☆




Lutecia_06bglそういえば先週から、新型ルーテシア発売後最初の限定車[ブルー・グレー・リミテッド]が販売開始(限定10台って......希少!という印象とはチョット違うような)。
http://www.renault.jp/index.cfm?category=526
おそらく一番需要の多い5ドア“eLe”AT車をベースにしつつ、目に見える最大の特別装備は各モールのボディ同色化。欧州車の黒いモールの使い方(ルーテシアは旧型も現行型もスタイル引き締めててスゴく似合ってる♪ 特にフロントマスクには必須のアクセントでしょう!)が好きな自分なら望まない変更だけど、国産車の流儀に沿って?「同色モールじゃないのはちょっとねぇ......」と躊躇していた人には印象を好転させる限定車に違いない^^; eLeグレードゆえ、現状MT車では選べない(惜)黒目がちなターニングランプ付きヘッドライト装備。そのお陰で目元の表情は引き締まってるから、これはこれで.......お好みの方はドウゾっ。
###########################################
Lutecia_06bgl2そんな外装関係の特別装備は別に羨ましくないんだけど、思わず注目してしまったのはオーディオ。ルーテシアの、というかルノー車の美点であるハンドル脇のサテライトスイッチは運転しながらのオーディオ関係操作が非常にラクな便利装備。市販のオーディオに載せかえるとこのスイッチが使えなくなるため、純正オーディオのままで乗る大きな要因だったりする。ところが、今回の限定車にはiPodと接続した際、そのコントロールまでサテライトスイッチで行なえるというオーディオが特別装備!! コレをディーラーオプションで用意するとか、あるいは今後標準装備すると、販売現場も助かるんじゃない? 正直、このオーディオが購入時に選べれば、装着してた可能性大☆ ルノー・ジャポン各位、大至急ご検討してみてはイカガデショウ。ちなみにこの特別装備のフロアマットはどーなんだろーか(写真で見る限り、ちとクドいでしょ。普通の方がGoodと思われ)。

| | コメント (4) | トラックバック (3)
|

2006.05.14

[Lutecia the 3rd]☆ 購入の手引? ブレーキ? 自分は長所重視。

Lutecia_060507oLutecia_060507p月曜に声が出なくなった(!)辺りからとうとう1週間咳が止まらず(ゴホゴホッ)風邪の諸症状も抜けなかったので、この週末はルーテシアを動かしてあげることもなく、ひたすら自宅療養。予定キャンセルでご迷惑かけた皆様、どうかお許しを(土下座)。まぁ、3月並みのひんやりした天候だったし、さらなる悪化/長期化を避ける意味でも賢明な判断だったと思われ(早く治さないと)。思えば2月最後の週末、ルノーディーラーで商談成立したあの日は土砂降りで、普通なら自分の性格から今日のように外出など思いつかない天候。やはり購入気分が高まってた模様♪(回想〜)
 今回の新車購入は9年ぶり。前回との大きな違いは、情報収集手段。やはりこの間のネットメディア発展による恩恵は大きかった。もっとも、いかなる情報にも主観は存在するわけで、受け止める側には当然ながら内容を自分の意志で取捨選択する判断力が常に必要........それにしても確実に便利にはなった。たとえばネガティヴに報じられている項目も自分で確認してみれば十分許容範囲だったりするし、要はそれ以上に惚れ込める魅力があるなら積極的に選んでしまえばイイのである☆(まったくクセのない無個性なクルマがほしかったらTO○OTA車でも何でもあるし〜〜〜) 欲しいモノを買う、これ買い物の基本。そーゆー意味で、発表前に契約完了した自分はできなかったものの(苦笑)試乗前に情報収集してチェックポイント絞っておくには超オイシイ。以下、購入前、あるいは納車前にいろいろ参考にさせていただいた各メディアの新型ルーテシア3・Web情報一覧を一応(あくまで!)ご参考まで。ご興味ある方はどうぞ(ルックスは写真より絶対実車が魅力的♪だし、乗り味ともどもCheckはご自分の基準でゼヒ☆)。

http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017820.html
http://www.levolant.jp/contents/honshi/2006-02/renault/clio-1.html
http://www.hobidas.com/blog/car-mag/ura/archives/2006/02/post_152.html
http://nakano.livedoor.biz/archives/50354836.html
http://www.hobidas.com/blog/rosso/newcar/archives/2006/05/3.html
http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/f1b8d82887.woa/wa/read/109c63ad8f6/
http://dir.biglobe.ne.jp/col/auto/frenchcar/closeup/CU20060218A/
http://www.hobidas.com/auto/impression/article/impression06_000015.html
http://www.motorfan.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=147
http://car.msn.co.jp/new/report.aspx?articleid=1875
http://www.gooworld.jp/impression/RENAULT/LUTECIA/index.html
http://www.dreammail.jp/hobby/bb/20060320-cb-bb-renault-lutecia-001.php
http://www.tvk-yokohama.com/tubo/2006/060305.html
http://car.nifty.com/cs/catalog/car_2/catalog_060125000482_3.htm
http://www.carsensor.net/E_carkingdom/cc4-1/news143.html
http://response.jp/issue/2006/0310/article80146_1.html
http://corism.221616.com/articles/0000037999/

さーて、明日の午後はいよいよ独W杯・日本代表23名の発表日(4年前の俊輔には泣けた.....)。選ばれた選手達には晴れの舞台で持てる全てを出しきってもらいたいわけで。健闘を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006.05.08

[Lutecia the 3rd]☆ ルーテシアデユウラクチョウヘ。

Lutecia_060507nLutecia_060507bLutecia_060507cLutecia_060507d浦和vs鹿島の中継を見届けて、チケットを取って頂いたTOTO東京公演を観に夕方からルーテシアで有楽町・東京国際フォーラムへ。GW最終日の渋滞を覚悟しつつ国立府中IC(近くてアリガタヤ)に近づくと「新宿〜三宅坂2km渋滞」のみ......?! 半信半疑で中央道に乗ってみれば、拍子抜けするほどガラガラ。なので一気に駆け抜けて(慣らし中だし適度に^^;)高井戸からは20号を選択したものの、下の道もこれまたスイスイ♪ 結局30分チョットで着いてしまった。

Lutecia_060507eLutecia_060507fLutecia_060507gLutecia_060507h開演まで時間つぶしとばかりにデジカメで遊んだあと、いつもの駐車場に停めて会場へ。すると、妙に人通りが少ない。「違う日だった?」とチケットをよく見れば........「17時開演」の文字が(気絶)。かくして1時間半遅れで入場したライヴは、それでも終盤の1時間を堪能できたので、まぁヨシとするか(爆)。一般道のみで青山・渋谷に寄り道しつつの帰路も高幡不動まで1時間で着いたので、世間様の悲しきGW最終日は自営業者にマコトに快適な1日であった。それにしても、さすが銀座の街並がよくお似合い>ルーテシア☆

Lutecia_060507iLutecia_060507jLutecia_060507kLutecia_060507l

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006.05.03

[Lutecia the 3rd]☆ 御先祖様に新相棒ルーテシアをご紹介。

Lutecia_060503aLutecia_060503cLutecia_060503bLutecia_060503d湿気も強風もない快晴の憲法記念日、両親を乗せてルーテシア納車後初の墓参りへ。世間の皆さんが行楽地目指してたのか(国立府中インターを目指す大渋滞が甲州街道下り車線をビッシリ埋め尽くしてた......見上げれば中央道も駐車場と化してたけど^^;)午後の多磨霊園はあまり人影もなく大変静か。そんな中、今回はスコップ&ノコギリ持参して墓地徹底美化を実行。随分前から領空侵犯著しく大量の落葉攻撃を仕掛けてきていたお隣りの墓の木(伸ばしっぱなしにするなよ、小澤家さん〜〜)を、バッサバッサと枝切りまくり。まったく、手入れ代金欲しいぐらいだヨ。ウチの墓石の裏側で既に枯れかけてた2本の木も思い切って処分(汗&安堵&疲)。ま、老化進行中の両親もこれでご先祖様達にメンツ立ったでしょ。姪&甥の健康とルーテシアの交通安全を祈って(笑)無事第1次ミッション終了。お抱え運転手は第2次ミッション(=各種買い物)実行すべく愛車をスタートさせたのであった♪ 朝は妹親子から頼まれてユニ○ロたまごっち騒動の支援に追われたし、今日は終日完璧ファミリーmodeナリ......ふぅ〜orz

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2006.05.01

[Lutecia the 3rd]☆ AYRTON SENNA powered by RENAULT

Lutecia_060501cLutecia_060501aLutecia_060501bあの人生で最も悲しいGWから12年が過ぎた。干支で考えれば丁度ひと回り。当時ウィリアムズにエンジンを提供していたルノーは、いまや単なるエンジンコンストラクターではなくTeamとしてF1に参戦中。去年は遂にダブルタイトルを獲得するに至り、今季も明らかに優位を保っている。F1におけるセナとルノーのタッグは1985/86の2年間に渡るロータス時代と、1994のウィリアムズでの3GP - ブラジル/英田/イモラ。この2年間+3レースは、自分がルーテシアのステアリングを握ろうと思うに至った過程に、間違いなく影響を与えている(厳密には、セナ最後のTeammateであるデイモンが念願の総合優勝を遂げた1996シーズンまで)。仮定の話として......あのまま何事もなかったなら、1994シーズンはやはりセナとウィリアムズ・ルノーのものになっていたと思うし、あるいはその先もしばらく連覇していたかもしれない。ならば、ClioやLaguna, Meganeといった車種に“Williams”ではなく“Senna”の名を冠したスポーツmodelが登場していたかもしれない - それも彼が開発に直接携わるなどして。もっとも、彼が公言していたように、連覇を続けた後にフェラーリへと移籍していたかもしれないし(アロンソの場合は初戴冠後に早速マクラーレンへの移籍を決断....)その場合ミハエルはどこへ移籍していただろうか.......やはり仮定は仮定に過ぎない。いずれにしても、この春に始まった自分とルノー・ルーテシアとの関係は、2年と3GPであったセナのそれよりおそらく長いものになると思う。今日は Ayrton Senna (1950-1994) が天に召されて12回目の5月1日。快晴。真夏のように、暑かった。

[追記] セナが記録した通算65回のポールポジションは、すべてその時点における純粋な速さを競い合う中で獲得したものであり、現行規則下でのポールポジションとはその重みに格段の違いが存在する。つまり単に回数で並んだとか越えたとかいう次元での比較などまったく意味を持たない、ということだ。最も、それを一番実感しているのはミハエルなのかもしれないが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »