« [Gr. F/G/H rd.2] 個とチーム。 | トップページ | [JPN] 持てるチカラをすべて出し切ってくれれば。 »

2006.06.22

[Gr. A/B/C/D rd.3] 主力で勝つか、主力温存か。

[A]
■ エクアドル vs ドイツ : 開催国パワー.......やっぱりありがたいかも。まぁ、エクアドルが主力休ませたのも大きかったけど、それ以上に満員の母国サポの前でいいとこ魅せたい!って気持ちが伝わってくるドイツの勢いがヒシヒシと。まぁ、初戦の勝ったけど危うかった空気はバラック不在が大きかっただろうし、このあいだのポーランドとの激闘を制して自信もついたのでは? 奇しくも、この試合で得点したのはポーランド出身であるクローゼ&ポドルスキー☆ 複雑な心境で戦った第2戦を終え、ググっと吹っ切れたのかもしれない。あるいは、ポーランド代表&国民の分まで、と熱くなったかど−かはわからないけど。それにしても4年前のブレイク時には軽やかな印象ばかりが強かったクローゼは、もの凄く頼もしくなった。こぼれ球に素早く詰める際のセンス、ほんとにいいな。スピードといえば、シュヴァインシュタイガー(やっぱり憎いヤツ!)のセンタリングに一直線に駆け込んで決めたポドルスキーにも感心。あーゆー縦に突破する勢いがチームには助かるもの。点で合わせるタイミングにはゾクゾクきた。クリンスマンの選んだ代表はどんどん成長してるみたい。ここまでで唯一寂しいのは........みんな1試合ぐらい観たいでしょ、カーン。さて、決勝T前に黒星喫しちゃったエクアドルは、雰囲気どうだろう。主力休ませたんだから織り込み済みの結果だろーけど、勢いは失わないよう、お気をつけて^^; 決勝Tで南米サッカーの凄さを。
■ コスタリカ vs ポーランド : 敗退は決まっても国を代表しての闘いは......熱くてカッコいい。ドイツとの激戦で意地見せたポーランドはこの日も攻撃陣が苦労してたけど(苦笑)殊勲の2得点はなんとディフェンダー!! そう、勝つんだったらポジション関係なく得点が必要だとゆー当たり前の事実(アジア杯の中澤ダイビングヘッドによる同点弾とか良かった☆ もちろんFWが点取ってくれるのが一番なのは言うまでもないんだけど.....タメイキ)。コスタリカは相変わらずワンチョペが良かったけど、残念ながら勝てず。とはいえ、北中米を勝ち抜いてきた実力の一部は十分発揮できたように思う。またお逢いしましょう。
[B]
■ パラグアイ vs トリダード・トバゴ : メキシコとの死闘を引き分けて勝ち点1をゲットしたトリニダード・トバゴには奇跡の突破を賭けた試合。パラグアイにとってはまさかの連敗で失いかけた威信を取り戻す試合。果たして結果は........やはり地力にまさるパラグアイの勝利だった。故障上がりだったエースのサンタクルス(ダメならササが呼ばれてたか........)もよーやく調子が出てきたものの、時すでに遅し(悲)。一方のトリニダード・トバゴは、残念ながら決勝Tへ行く力が足りなかったようだ。しかし、ヨークが代表にいるうちに本大会出場出来たことは本当によかったと思う。マンUファンもかつて応援した彼の母国のことを知る事ができたわけだし。こーゆーチームの頑張りが大会をドラマチックにするんだよね。両チームとも世代交替をうまく進めて、次大会も出場を。
■ スウェーデン vs イングランド : どーして???????!!!!!!! オーウェンの開始早々の負傷退場に泣きたくなってしまった。今度は回復まで数ヶ月かかるということで、活躍する間もなく独り先に姿を消してしまう彼が不憫でならない。なので、彼の分までイングランド代表には頑張ってほしいと思う一方、ラーション最後のW杯に臨んでいるスウェーデンにも何としても決勝Tへ行ってほしい。かくして試合は、いろんな想いが交錯する中、期待通りor以上の展開に。途中出場でヘディングによる決勝ゴール(になるはずだった)決めたジェラードには、オーウェンの無念が痛いほどわかってるはず(リヴァプール時代のように、決勝Tで最高の連携観たかった)。そのまま勝てばイングランドにとってはオーウェン離脱ショックを取り払う最高の形になっていた......だろーに、後半終了間際に一撃喰らわせたのが、ラーション☆だったからもう大変! 欧州CL決勝然り、この人は実に頼もしい。人柄も最高だし、1日でも長く代表での姿を観たいので、決勝Tでいきなり開催国ドイツと当たっても、ひるむことなく戦ってほしい。気がかりはやはり、前の試合の後半で退き、この試合でも出場しなかったイブラヒモビッチ。確かに不調とはいえ、ここ一番にラーション/ユングベリ共々相手が一番恐れる存在にかわりはない。見る側とすれば、ドイツDF陣+バラックが立ちはだかる壁を、イブラヒモビッチがどう越えるか期待したい。股関節の痛みがおさまって出場できますように。
[C]
■ コートジボワール vs セルビア・モンテネグロ : この2チームは国内情勢に振り回される国民達の期待を背負ってよく頑張ったと思う。共に敗退決まった後での試合なれど、威信を賭けての熱い試合になった。コートジボワールはドログバを出場停止で欠きながら、エブエを中心に強くて巧いサッカーで勝負してきた。欧州リーグで活躍する選手で構成された今大会のアフリカ・サッカーは間違いなくブレイクの予感(まだ熟成は足りないけど......相手は助かってる^^;)。そんな勢いに押されちゃったのか、2点先制したセルビア・モンテネグロが1人退場者出したろ、不運にも2度のPK喰らったり、あまりに惜しい敗戦。念願の得点シーンを2度も拝めたのに(涙)。それでも、セットプレーであと一歩届かなかったスタンコビッチのヘディング(惜しい!)シーンとか、現代表でのラストマッチに懸ける執念に拍手。緊迫感を保ちつつ豪快な3-2のスコアはやっぱり面白い♪
■ オランダ vs アルゼンチン : 控えFW陣を起用......って、メッシ&テベスの2トップかい!!>アルゼンチン、凄過ぎ(笑)。若手揃うオランダ代表との対戦は、アテネ五輪やワールドユースの記憶とダブってしまった。この2チームは現在も強いけど、未来にも相当期待膨らむなぁ。スコアレスドローに終わってしまったものの、みんな怪我しなかったし(安堵)決勝Tでも魅力溢れる試合を展開してほしい。いやー、地味ながらリケルメがいい仕事してるわ、今大会。たまにはアイマールにもチャンスよろしく>ペケルマン監督@アルゼンチン。オランダはロッベン&ファンペルシーが若さゆえの暴走しなければ上の方まで行けるかな。ファンバステン監督はむしろ2010年を見据えてるように思うけど。
[D]
■ ポルトガル vs メキシコ : 前戦アンゴラとのスコアレスドローで思わぬ緊急事態になったメキシコは、やっぱりボルゲッティの負傷による欠場が痛い! そんな中、ポルトガルはデコ&C.ロナウドをしっかり休ませつつ、フィーゴが先発。“ラスト”になる今大会に懸ける意気込みが伝わってくるゾ(パチパチ)。怪我しないでほしいとコチラはハラハラもするのだけど。で、若手が休んでも、ベンチからマニシェやヌーノゴメス出てくる辺り、やっぱりポルトガルも層が厚い! おまけにメキシコが1人退場とは(がーん)。ポルトガルが余裕で勝っちゃうかと思えば、10人になったメキシコのパスサッカーが冴える冴える♪ よーやくコンフェデの頃みたいな“ステキな”チームの実力発揮。それでもPK外しちゃったりナーヴァスになってたから心配したけど、もう1試合の結果が見えて最後はクールダウン。FIFAから禁煙のお達し出てイライラ頂点に達しながら監督はよく頑張りマシタ(笑)。決勝Tでボルゲッティが復帰出来るかが、メキシコ躍進の鍵に(相手がアルゼンチンだからなぁ.......怖)。一方、選手温存しながら3連勝しちゃったポルトガルは、監督のフェリペが2002年からの連勝記録また伸ばしてご満悦。フィーゴの雄姿、いつまで拝めるだろーか?! 次戦オランダとの激突はかなり見応えありそう!!(必見)
■ イラン vs アンゴラ : ダエイの先発出場は、敗退決まったイランが用意した最後の花道だったと思う。見るからに運動量少なくて重くて遅いダエイなれど、アップになった時の存在感はさすが(おいおい)。それよりイランにとってキツかったのは、大会通してアリ・カリミが活躍できなかった事。敗退の一因は間違いなくそこにある。ケガのみならず、監督との衝突もあって第3戦は出番なし。せっかくドイツ、それもバイエルンでプレーしてるのにね。一方のアンゴラも粘ったけど、アクワが太腿痛めて交替した時点で勝機逸した様子。リードした前半は押しまくってたけど、後半は「このままじゃ帰れない」イランの気迫に負けたかも。アジア代表の意地をちょこっと見せられてよかったね、イランのみなさん。

|

« [Gr. F/G/H rd.2] 個とチーム。 | トップページ | [JPN] 持てるチカラをすべて出し切ってくれれば。 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

★笑っちゃうね、ジンクスってあるんだね。ほんとうにイングランドはスウェーデンを苦手なんだね。ねちねちした嫌らしいチームだからね。その中心がラーション=セルティックの伝説。祖国に帰ったらもう映像があまり見られないかと思うと残念。
★メキシコりっぱりっぱ。ご褒美でグループリーグ突破。

投稿: onward | 2006.06.22 23:29

そーです、これで“ほぼ見納め”ラーションの雄姿を
決勝Tでも拝めることになりマシタ(安堵)。
彼のお陰でセルティックは今年の欧州CLに
本戦からの出場決まりましたから、俊輔も感謝しないと♪
(もっとも、それが魅力で移籍断念して残留決めた俊輔ですが^^;
 チームは2重の意味でラーションに感謝ですネっ)
イングランド、オーウェンの離脱がきっかけで
話題の17歳=ウォルコット坊やが大化けしたりして!
てゆーか、ジェラード&ランパードの大暴れに期待です。
メキシコにはご褒美出てホッとしましたヨ〜〜〜〜。
アルゼンチン戦、互いに個と組織のバランスが取れた
見応えある一戦になることを期待してます。
......そのためにもボルゲッティ回復を願うばかり。

投稿: <たぁ> | 2006.06.23 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Gr. A/B/C/D rd.3] 主力で勝つか、主力温存か。:

» クローゼ2得点!@グループA-3戦目 [スポーツ選手名鑑]
スポーツ大好き!スポーツ選手名鑑へようこそ! ドイツワールドカップグループA の3戦目、ドイツ VS エクアドルの試合が行われました。 予選リーグもいよいよ3戦目。 決勝トーナメントへ進出を決めた両国の対決。 [続きを読む]

受信: 2006.06.22 23:45

« [Gr. F/G/H rd.2] 個とチーム。 | トップページ | [JPN] 持てるチカラをすべて出し切ってくれれば。 »