« [Lutecia the 3rd]☆ ウラシマタロー。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ ブルーを纏って。 »

2006.06.12

[Gr. B/C/D] 順当か、異変か。

[B]
■ イングランド vs パラグアイ : ルーニーは大事を取ったものの、オーウェンが間に合い、故障が心配だったジェラードも出場したイングランドの初戦。ベッカムのセットプレーがやはり武器である事と、守備の堅さを確認できた事、そして何より勝ち点3を獲得できた事が収穫だったと思う。内容的には攻撃面で消化不良。ジェラード&ランパードの世界最強Wボランチが本調子に遠かったのは、やっぱ初戦だからかな(コチラの期待が大きいから気の毒だけど^^;)。その2人の存在感に最近押されてたベッカムが結果残せたのは大きいかもしれない☆ オーウェンはまだ完調じゃない様子。長身クラウチの使い方が重要になってきそう。一方、パラグアイは早々のGK負傷交替で動揺したのが惜しかった! 後半暑くなってからは間違いなく彼らの時間帯だっただけに、今後サンタクルス達の活躍如何でGrリーグ突破の予感が。この試合、チラベルトはどこで見守ってたのだろーか。
■ トリニダーゴ・トバゴ vs スウェーデン : ヤバいでしょう、スウェーデン(焦)。今季後半負傷&不調で影薄かったイブラヒモビッチにオーラがない! ラーションに頼り過ぎるのは気の毒だし、何よりここへ来て増してきたドイツの暑さが、リュングベリ達の運動量を間違いなく落としてた印象。去年のコンフェデでもかなり暑そうだったから、日本etc.出場国は覚悟できてただろーけど、北欧系チームはちょっと油断してたかな? 勿論、動きの重いスウェーデンが情けなかった(期待してるのに....)一方で、1人退場しても無失点に抑え切ったトリニダーゴ・トバゴの健闘はホメてあげなくちゃネ(パチパチ)。マンU時代の雄姿が浮かぶヨークの経験値、効いてるみたい。もちろん、得点力はちょっと落ちるかもしれないけど舐めてかかったら痛い目に遭いそうなので、イングランドもパラグアイも注意必要でしょ。さー、初戦躓いたスウェーデンの華麗なパスワークと自慢の攻撃力が息を吹き返すか、次の6/15パラグアイ戦は超重要。ラーション、頑張れ〜〜〜。
[C]
■ アルゼンチン vs コートジボアール : いきなり超楽しいゲームをTV観戦できて最高☆ コートジボアールはヤバい。速くて強いアフリカ勢のイメージに加えて、チームのスタイルは完全欧州系。1対1でも長い手足で思わぬプレー続出するし、相手が日本だったら完全ヤラれてたわ、こりゃ^^; ドログバやエブエだけじゃないゾ、このチーム。でも.......そんな相手を迎えてしっかり勝ったアルゼンチンはやっぱ巧い! できればブラジルじゃなくこっちに頂点立ってもらいたい。クレスポは風格出てきたね(チェルシーのTeammateであるドログバと試合前笑顔のエール交換してたのがヨカッタ。試合後も讃え合ってたし)。バティから9番受け継いだ頃の重圧をよーやく振り切った印象で、頼もしいな。そして何よりもサビオラ復活が嬉しい! 近頃メッシやテベスばかりが騒がれてたけど、サビオラのスピードは絶対魅力。リケルメ(←生年月日が俊輔と全く同じ☆ 恐るべしファンタジスタ生誕日)共々、大いに暴れてほしい。それにしても、そのリケルメに替わってアイマール(!)出てくるし、ベンチにメッシ達温存できちゃったんだから、やっぱアルゼンチンは層が厚い。大男がいない守備陣の連携とか、日本は見習うとこいっぱいあるゾ(お手本、お手本)。
■ セルビア・モンテネグロ vs オランダ : アルゼンチンも若手スター豊富だけど、ロッベンとファンペルシーが大活躍したオランダも凄い! なんであんなにグラウンド広く使えるんだろー(特に前半)。スピード乗った時のキレ味はさすが。ただし!ファン・ニステルローイは調子いまイチの印象(マンU控えの影響?)。やっぱドイツで活躍してるマカーイを外したのは間違い? あと、こちらも後半、暑さでバテたのか、セルビア・モンテネグロに主導権握られてる時間帯が結構あった。次の対戦相手は運動量豊富なコートジボワール(!)だから、前半から飛ばしすぎるとヤバいかも。8年振りの檜舞台に燃えるオランダと、初出場のレベルを完全に凌駕してるコートジボワールの激突は凄い対戦になりそー。やっぱ死のグループだわ、ここ(気絶)。
[D]
■ メキシコ vs イラン : あちゃー、後半完全に集中切れちゃったね、イラン...orz 英雄ダエイを使ったのは失敗だったかも。御歳37歳、立派だけどやはりスピード&運動量落ちたのは明白。前線停滞させちゃうし、もう起点になれない(惜)。それと、カリミ&マハダビキアの両翼が暴れてくれずガックシ。フレディ・マーキュリー似のあのGKも、DF陣のミス突かれた失点シーンは悔しいだろーな。次のポルトガル戦までに雰囲気立て直せるかは、ダエイの起用法とハシュミアンやザンディ辺りの活躍にかかってると思うけど。で、イランを撃破したメキシコなれど、去年のコンフェデほど良くないのでは?! 心配なのがエースFWボルゲッティ(プレー大好き)。ヒデ同様、ボルトンで控え生活続いて移籍大失敗した代償か、感覚狂ってるね。まぁ、相手のマーク厳しいし大変だと思うけど、大爆発してくれないと。おまけに太腿痛めて交替したのが超心配。軽傷だと祈りたいなぁ。
■ アンゴラ vs ポルトガル : 「こりゃポルトガル祭りに?!」と大勝ムード漂ったのが序盤の攻撃。先制シーン含めフィーゴもパウレタもヨカッタ。特にフィーゴの凄さ再認識☆ ドリブル仕掛けるタイミングとボールコントロールはやっぱオミゴト。デコ不在で苦労したチームを引っ張ってたね、間違いなく。なのに.......その足を引っ張ってたのが期待のクリスチアーノ・ロナウド君。間違いなく天狗状態。才能に溺れてる感じが随所に。フェリペが次に向けてビシ!っと叱っとかないと、世界中の期待を裏切りかねないのでシッカリよろしく(楽しみにしてるんだから)。で、その旧宗主国相手に大敗するかと思いきや、きちんと気持ち切り替えて追加点許さず攻め続けたアンゴラは立派だった。FWアクワは危険なニオイがプンプン。コスタリカのエースFWワンチョペじゃないけど、1人で空気変えられるだけのオーラがあったので、イランもメキシコもしっかりマークすべき。このグループもまだまだ波乱続くでしょ(ワクワク)。
###########################################
11日未明のNHK衛星放送では、アルゼンチン vs コートジボワールの激戦を「うひゃー」「うひょー」「おぉー」などと奇声連発しながら(!)超楽しそ〜〜〜に解説している男性の事が気になった(解説らしいことを口にしても相変わらず「ヴァイタルエリア」の一点張り)。そう、あのアテネ五輪代表を1次リーグ“敗退に導き”(達也/石川/平山/松井/啓太/林......みんな悔しかったでしょ?!)常勝ジュビロ磐田をリーグ戦で低迷/カップ戦で敗退してしまう“弱小チームに仕立て上げた”お荷物監督・山本昌邦、その人!である。先週のナビスコ杯敗退後に“電撃辞任”を発表したわけだけど.........チーム低迷の責任を取ってではなく、ぶっちゃけW杯解説&観戦に専念したい一心で放り出したんじゃないの?! そー思われても仕方ないほど、松木安太郎もビックリの絶叫極楽解説ぶりであった。磐田サポの皆様、アテネ世代を応援した皆様、こんなヒトを許してはいけませんよね!(ムカつく〜〜〜〜!)

|

« [Lutecia the 3rd]☆ ウラシマタロー。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ ブルーを纏って。 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Gr. B/C/D] 順当か、異変か。:

« [Lutecia the 3rd]☆ ウラシマタロー。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ ブルーを纏って。 »