« [Gr. A/B rd.2] 現在・過去・未来。 | トップページ | [Gr. D/E rd.2] 死のグループは........E組のことだった! »

2006.06.17

[Gr. C/D rd.2] エンジン点火。

■ アルゼンチン vs セルビア・モンテネグロ : もはや説明不要。ブラジルよりも優勝してほしいと願うアルゼンチンの上昇機運には嬉しさを通り越して恐ろしさすら感じてシマッタ。昨夜の試合、期待通り得点したメッシやテベスの新星達に注目集まってるけど、ここへ来て凄く存在感を増してきたサビオラとサラリと周囲をコントロールしてるリケルメ、そして頼れる存在になったクレスポがこの試合でも素晴らしかったと思う。サビオラはUEFAカップで優勝した勢いが残ってるようで、キレ味抜群。“超若手”に「ちょっと待て!」と言わんばかりの“若手”ブレイクが凄くヨロコバシイ。カンビアッソの得点(よくあそこまで攻め上がった!)をヒールでアシストしたクレスポも、ゴール前であれだけ落ち着けるようになったんだなぁと感慨深くチェック。“少年FW達”を見守る兄貴の風格がいいかも。そんな役者達が決勝T進出決めた後でやってくる次のオランダ戦。そろそろリケルメがFKで得点するのでは? あるいは、リケルメを休ませつつ、アイマールを使ってみてほしいと思うのは自分だけじゃないでしょう! 非常に優秀なDF陣も含めて、この層の厚さは正直異常。迷走気味の日本協会、大いに学ぶべし。アルゼンチン圧勝で大会が一気にヒートアップする一方、最初で最後のW杯にとことん叩き潰されたセルビア・モンテネグロ代表はほんとに気の毒だった。母国メディアの批判を受けて戦術変更した監督も気の毒だし。せめてケジュマンの豪快ゴールシーンや、スタンコビッチの美麗FKが見れればよかったのだけど(悲)。これから2つの協会に別れてしまうそうだけど、4年後に向けて良いチーム作りをしていただければ。

■ オランダ vs コートジボワール : 最後まで勝負の行方がわからなかった。そういう意味で、ファン・ニステルローイが決めた2点目は実に大きかった。不調続きだった彼もここから爆発していけるかも。先制点決めたファン・ペルシーも今大会注目されるなか、先日のアシスト以上に今日のゴールで注目度上がるでしょ(所属先のボスであるベンゲルさんもニンマリ?)。とはいいつつ、オランダが圧勝したわけでは決してなく、むしろ後半なんて完全にコートジボワールのペース! ドログバだけじゃないんだな、このチーム(感心)。速いし強いし、まだまだポテンシャル上がりそうな予感.......それだけに痛い敗戦だったし、それ以上に入ったグループが気の毒だった(惜)。残された1戦はエースのドログバが警告累積で出場できなくなっちゃったけど(みんな見たいのに!)それでも十分ポテンシャル高そうなので、セルビア・モンテネグロ相手に凄いとこ魅せてくれそうー。ある意味、ここの繰り出してくる素早い波状攻撃は止めるの大変そー!!!(マジ怖)

■ メキシコ vs アンゴラ : エースFWボルゲッティが負傷でいなくても問題ない.......メキシコはそう思ってただろうけど、蓋を開けてみれば豊富な運動量とGK好セーヴ連発で互角に戦うアンゴラにたじたじだったのでは?! それほどアンゴラは頑張った。特に後半退場者出してしまい、強豪メキシコの怒濤の攻めに耐えきれるかハラハラドキドキしっぱなしだったのに、なんと無失点のスコアレスドローに持ち込んでしまった(驚)。昨秋日本に来た時、主力抜きでも「ヤルな」と思わせた実力は、決して錯覚じゃなかった。これで今宵、イランがポルトガルを破ったりしたら(フィーゴ御免! アジア枠削減回避のためにカリミ&マハダビキア頑張れ! 運動量すくなかったダエイ先発脱落が功を成す予感アリ♪)このグループ大混戦になって盛り上がる予感! みんな怪我しないよう、ヨロシク。

|

« [Gr. A/B rd.2] 現在・過去・未来。 | トップページ | [Gr. D/E rd.2] 死のグループは........E組のことだった! »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Gr. C/D rd.2] エンジン点火。:

« [Gr. A/B rd.2] 現在・過去・未来。 | トップページ | [Gr. D/E rd.2] 死のグループは........E組のことだった! »