« [JPN] 追い込まれて臨む残り2試合をどう闘うか。 | トップページ | 好曲[funky bass]☆「If you...」角松敏生 feat. 青木智仁 »

2006.06.14

[Gr. F/G] 現状認識の機会。負傷者対策が重要。

[F]
■ オーストラリア vs 日本 : 先の投稿で概ね触れたので、その後の報道を追っての雑感を。やはりヒディンクが恐れていたのは決定力のないFW陣ではなく“ヒデ&俊輔からのパス”だった。3-5-2の布陣はそのパスの出し手達を抑えるために選択したそうだ。結果、守備に奔走せざるを得なかったヒデは公言していたミドルシュートを撃つ機会を失い、俊輔は相当激しいチャージを受けて両足太腿を痛めたばかりか、左足親指の爪を割るというアクシデントに見舞われていた。負傷を負わせたことはともかく、日本の生命線であるこの2人を徹底的に封じ込めたヒディンクの選択はまったくもって正しい。思い返すのは、アジア最終予選中盤のヤマ場であった、アウェイのイラン戦。俊輔は骨折も止むなしと思うような悪質なファウルを何度も受けた。その指示を出していたのは、イヴァンコビッチ監督.......クロアチア出身の指揮官である。つまり、次のクロアチア戦もイラン代表監督の助言を元に、あるいはスコットランド・プレミアリーグの強豪レンジャースを牽引する強力FWプルショの情報も交え、同様に指令塔が徹底マークされる可能性を考慮しなければならない。となれば。ここは新聞紙上でも既に予測されているように、4バックに変更して俊輔+小笠原のW指令塔を置き、起点を増やすことで攻撃パターンを多様化したい。そして、今度こそ今大会のトレンド?とも言える豪快なミドルシュートでの得点にも積極的にチャレンジしてほしい。第2戦までの練習動向から目が離せない。また余談として、初戦終了直後より豪代表選手&ヒディンク周辺から発信されている「主審が日本の先制点を誤審だと認め謝罪した」という報道であるが、後追いで日本の報道各社も本日朝刊などに掲載している.......が、nikkannsports.comの報道によれば、渦中のエジプト人主審が母国新聞のインタビューで噂の謝罪を全面否定しているとか☆ 真相はわからないけど、勝ったのにくだらんことでわめきちらすのはカッコ悪いと思うよ、豪州代表各位、いや“名将”ヒディンク殿。
■ ブラジル vs クロアチア : 日本国民としては「できればブラジルに大差で勝ってほしい」と願いつつ行なわれた試合は、得点シーンが意外にも?カカの先制ゴールのみという結果に終わった。まぁ、ブラジルは随所に「おー!」という瞬間芸♪を見せつつも、間違いなく優勝までの調整試合という雰囲気。ロナウドに至ってはまるで絡めないし、得点しそうな気配など皆無。後半交替出場してきたロビーニョのヤル気と豊富な運動量の方が、チームメイトには歓迎されたと確信する。運動量といえば、カカは実に良く動いていた。巧いし真面目だし、若いのに立派だなぁ。ロナウジーニョもアドリアーノも時折魅せる凄さは期待通り。本気になってきたらやっぱ危険。ロベカル&カフーの高齢両サイドもまだ試合数少ないせいか、元気ハツラツ。次戦ヒディンクの秘策?でいっぱい走っといてくれれば(勿論豪には勝ってきてヨン)。守備陣もCB2名+GKジダがエメルソンと連携しつつ、ボール奪取巧かった。DF陣があれだけボール扱い上手だといいよねぇ(羨望)。まぁ、まだ緩めながら、大したエンタテインメント精神デシタ。あと2〜3点取ってくれてたらヨカッタのに^^; さて、そのブラジルに1失点しただけで負けてしまったクロアチア。やっぱりプルショは優れたFWだった。運動量も多いし、ポストもこなすし、足元もうまくてヘディングも強い。豪のビドゥカよりもっと臨機応変に動けて器用なので要注意。監督の息子ニコ・クラニチャル君は、ムラっ気多い印象だけど、たま〜に閃くプレーにヤラれないように。試合中に脇腹痛めて交替した主将ニコ・コバチが日本戦出られないようだと、ちょっとありがたいかも。とにかく日本は勝利目指しつつ、得失点差の不利を解消すべく得点しなくちゃならんのだから、シュートぼんぼん撃ちましょう。
[G]
■ フランス vs スイス : もう気の毒とゆーか何とゆーか、欧州最終予選からずーっと同じグループで戦ってるんで、お互い手の内隠しようないし分析されまくり。かくして、どちらも決定的チャンス決め切れず初陣はスコアレスドロー。全体的には、スイスの方がまとまりあって良い試合をしてたと思う。欧州らしいチームだなぁ。一方のフランスは........アンリがやはり代表戦になるとどーも輝かない(謎)。ジダンがそれなりにチャンス作ってたけど、それも元気なうち。ジダン/マケレレ/テュラム.......すっかり見慣れたメンバーが固めるスターティングメンバーは真昼の暑さや連戦の疲れに対応できるのか、見てるこっちが心配してしまう(++) あとはサイドから切れ込んでいく役割をみんなきちんとこなせてない。やっぱりジウリをメンバーに呼ぶべきだったんじゃない?!(惜) シセの一件からみんな立ち直ってないのかもしれないし、信頼感のない監督の存在がガンかも。唯一大きな収穫といえるのは、異論噴出するなか正GK任せたバルテズが、思いのほかいい動きで無失点に抑え切ったこと.....ぐらいかもネ。とにかく、これならスイス&韓国がグループ勝ち上がる可能性あるのでは? ちと心配なフランスであった。
■ 韓国 vs トーゴ : いやー、やりましたな、アン・ジョンファン。仏リーグでもブンデスリーガでも輝けないんで「さすがにもうキツいかな〜」なんて思ってたら、実に見事な決勝ゴール。横浜Mで好調だった頃のイメージ取り戻したネ。復活といえば、イ・チョンスもそう。スペインでは残念ながら成功しなかったけど、あのスピードと憎らしいほどの(笑)ハートの強さは健在。FKお見事でした。羨ましいなぁ、その決定力(とほほ)。先制したトーゴは惜しかったけど、結局協会とのゴタゴタ(ボーナス支給問題や監督問題)で準備期間中にまとまり欠いただろーし、イケイケ韓国の勢いに退場者出しちゃった時点でアウトだった。ただ、さすがアフリカの強豪破ってW杯出場してきただけに、自力は十分ある印象だったし、個人の身体能力はすごい。スイスもフランスも、とりわけお年寄り揃い(!)のフランスは慎重に心して対戦しないと危ないかもよ〜〜〜〜(ドキドキ)。その前に次のフランス vs 韓国で“日本〜オランダ経由のマンUレギュラー”パク・チソンが大爆発するかもネ。

|

« [JPN] 追い込まれて臨む残り2試合をどう闘うか。 | トップページ | 好曲[funky bass]☆「If you...」角松敏生 feat. 青木智仁 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Gr. F/G] 現状認識の機会。負傷者対策が重要。:

« [JPN] 追い込まれて臨む残り2試合をどう闘うか。 | トップページ | 好曲[funky bass]☆「If you...」角松敏生 feat. 青木智仁 »