« [Lutecia the 3rd]☆ 来日主力4人じゃ俊輔お気の毒@横浜。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ 9月突入 - 今年も残り4ヵ月とは^^; »

2006.08.05

好曲[drums]☆「Tale of a Man」TOTO feat. Jeff Porcaro

Jeff今日は敬愛する不世出の“Rockドラマー”(あえてそう呼びたい)故・ジェフ・ポーカロの命日。もう1人のHEROであるセナが亡くなった5月1日と並んで、自分にとっては1年のうちでとても重要な1日の1つ。
1992年8月5日、38歳の若さで急逝してからもう14年の月日が流れたことになる。TOTOが78年に全米デビューしてからジェフが逝ってしまうまでがやはり14年間だから、すでにサイモン・フィリップスの叩くTOTOの活動期間が追いついてしまったことになる(彼は最近すごくフィットしてきたと思う。TOTOの“歴史”を極力体現しつつ彼ならではの魅力を織り交ぜている感アリ)。サイモンも素晴らしいドラマーなので、どちらがイイ/ワルイではなくあくまで好みの問題として言えば、やはりジェフならではの、あのタメの効いた誰にもマネできない独特のタイム感と、それを活かす中低音に重きを置いたチューニングに惹かれる自分がいる。そんな彼のプレイに、TOTO/セッション問わずジャストフィットしていたベーシストは、弟で現TOTOメンバーのマイク・ポーカロではなく、初代TOTOベーシストだったデヴィッド・ハンゲイトだと、併せて断言したい。従って、このリズム隊のコンビネーションこそが、初期の4作『TOTO(宇宙の騎士)』『HYDRA(ハイドラ)』『TURN BACK(ターン・バック)』『TOTO IV(聖なる剣)』をいまだ特別なものにしていると考える(マイクのベースは実にスムーズで上品な分、残念ながら心に引っかかりにくい......ゴメン)。
 そんなワケで、1日中忙しくて聴けなかった彼の名演を就寝前に思い返すべく自分が選んだのは........98年に発表された20周年記念作品『TOTO XX:1977-1997』。未発表テイクを丁寧に仕上げたこのアルバムのハイライトであり、最高の楽曲がTrack 2「Tale of a Man」ではないだろうか。これは自分が最も好きな洋楽アルバム/TOTO最高傑作に必ず挙げる2nd『HYDRA』レコーディング時にほぼ完成していたテイクで、当時ツアーでもずっと演奏されていた楽曲ゆえ、最強リズム隊を軸にしたグルーヴ感は凄みを感じるほど。Rockの豪快さ/重厚さを持ちながら、後半Boz Scaggs「Lowdown」/TOTO「Georgy Porgy」に通じるAOR/R&B系16beatに転じてからの洗練度も恐ろしく高い。てゆーか、心地よ過ぎ♪ 誰にも真似出来ないバスドラのタイミングや随所に織り込まれるジェフ18番の三連符タム回し、Gt.soloバックでのシンバル類の扱いや全体のメリハリ.........もう、どれを取っても彼の良さが既に十二分に発揮されているテイク。このリズム感はハンゲイトと組まないと出なかっただろーし。今のところ、充実の『HYDRA』セッションで最後に世に送り出された音源として、ミックス&マスタリングも素晴らしいし、彼の生きた証しを再確認する上で今宵最適の選曲だったと思う(『HYDRA』も去年のデジタル・リマスターで音質向上したけれど、ミックス/トラックダウン自体は従来通りゆえ)。何より彼は、いかなるジャンルの音楽でもベストなGROOVEを引き出し最高の形でヴォーカルを支える天性のセンスとテクニックを持ちながら、最後までTOTOがRockバンドであることを大事にしていたし。改めていま、彼の不在を惜しみつつ感謝し、冥福を祈りたい。合掌。
#セッション系に膨大な名演を遺した彼の足跡、いずれ自分の好きな楽曲をコツコツ選んで振り返れれば。
#それこそ遺作になったTOTO『KINGDOM OF DESIRE』で弟マイクともよーやく重厚感のあるリズムを生みだせたと思ったのに......惜しかった。

初来日公演でもしっかり演奏されていたんだよねぇ♪
東京12チャンネル(=テレ東)でしか観れず.......行きたかった@@

|
|

« [Lutecia the 3rd]☆ 来日主力4人じゃ俊輔お気の毒@横浜。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ 9月突入 - 今年も残り4ヵ月とは^^; »

好曲[drums]」カテゴリの記事

好曲[male vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

★冥王星降格記念夏季子。
★いや〜ひさびさ楽しいコラムでした!有働ムジカフェステバル。  これって、実話ですか?  路面温度40度くらいですか?  ドゥービーズのときも閑散?
★デイヴィッド・ハンゲイトってツアーに疲れて、家族を大切に...で辞めたんでしたっけ?   往時!クリムゾンがビートルズを蹴落として勇躍アメリカに乗り込んだのにあっさり空中分解したのもツアーによる疲れとか。LUNA SEAはツアーをあまりやらなかったけど、GLAYはかなりまわってましたから、タフだなあと思ったものです。  年間100か所以上ツアーやったら疲れますよね!
★ジェフさんに遅れること14年、鬼籍に入ったシド・バレット。彼が唯一関わったフロイドの1stアルバム、どう聴いてもいわゆるプログレではない。当時としてはパンクともいえる。実際はそれでもEMIが聴きやすい曲をチョイスして、ライブではもっとぶっとんだ音楽をやっていたそうな。一聴の価値はあります。1stって初々しい高校野球のような一途な勢いを感じる。いまはやりのストーンズも個人的にはブライアン・ジョーンズ在籍時の方が魅力的でした。クラプトンはクリームが一番かな、sunshine of your loveとかやはり勢いがあるので。でもこの前衛星でやってたレナードスキナードなんかは最初から渋くて、ヴォーカルが替っても変わらないんだけど... ロッキーのメイナード・ファーガソンも逝ってしまいましたね。ということでわたしもそろそろ定年を迎え...(嘘)

投稿: onward | 2006.08.27 22:31

☆onwardさん
1週間遅れのレス、大変失礼いたしマシタ〜〜〜m(++)m
世の中まるで冥王星が消滅したかのような報道で面白いですネェ。
ひょっとしたら、某国にとっての竹島よろしく(?!)
米国の教科書では太陽系惑星だと教え続けるかもしれませんが^^;
昔ながらの日記でお読み頂いた通り、UDOミュージック・フェスは
すごい状況だったようですねぇ。本日深夜のMUSIC ON TVでは
このフェスのステージ映像流れたりするようですが、客席映るか否か。
新聞/雑誌等の記事読む限りは、しっかり規制かかってるようですネ。
まぁ、終わったものは仕方ないとはいえ、ココで信用失ったことで
老舗のアーティスト招聘プランに今後支障きたさないよう祈るばかりっス♪
長期に渡って家を空け家族を放置するワールド・ツアーって
やはり“真面目な”もしくは“ある年齢に達した”ミュージシャンには
相当な負担なのかもしれませんね。
最近のTOTOでは、ペイチがほぼレコーディング専任と化して
グレッグ・フィリンゲンズの加入を促進したようですし。
彼の場合はご家族の介護の問題があるとか。仕方ないし、理解せねば。
ま、あとはホテルも移動もステージもずっとメンバーと一緒じゃ
ストレスも不満も確かに溜まりそう(だからRockerの代名詞の如く暴れてた?)。
ストーンズに関しては語れる程の認識がないのですけど
ブライアン・ジョーンズに想い入れる方はかなりいらっしゃるそうですね。
彼の事を扱った映画の入りはどんなカンジなんでしょう?
クラプトンって、実は凄く柔軟な人なんだって最近思います。
キャリアの中で、驚く程多種多様なサウンドに揺れ動いてますよネ(笑)。
NHK BSで放送されたレーナード・スキナードは、おっしゃる通り
メチャメチャ渋かったっす♪(それを渡辺裕之氏が語るのは......^^;)
同日に流れた初期イーグルスのレアなBBCライヴは初めて観ました。
グレン・フライ、初期は随分リード・ギター担当してたようでビックリ。
この週は、初日に流れたビリー・ジョエルのalbum『ストレンジャー』発売時の
BBCライヴが一番楽しめマシタ。彼の歌&曲調は本来、
スタジアムよりもあーゆー小〜中規模のハコで一番映えますね、やはり!
今年秋の公演も、ドームよりせめて武道館10日間ぐらいにしたら
グっと雰囲気出そうなんですが(惜)。
onwardさんにはまだまだご活躍頂いて、世間話につき合って頂かねば(笑)。

投稿: <たぁ> | 2006.09.03 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/2956087

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[drums]☆「Tale of a Man」TOTO feat. Jeff Porcaro:

« [Lutecia the 3rd]☆ 来日主力4人じゃ俊輔お気の毒@横浜。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ 9月突入 - 今年も残り4ヵ月とは^^; »