« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 闘えるマシンが最後に間に合った! | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 祝・コンストラクターズタイトル連覇☆ »

2006.10.23

['06F1最終戦:ブラジルGP] 花道は圧勝より印象的な激走で。

06f11022_ms「強い印象のまま去る」−−−予選の燃料系トラブルも、決勝のアクシデントも、結局はすべてミハエルのF1ラストレースを盛り上げるための“仕掛け”みたいだった^^; 10番グリッドから序盤に6位に浮上して、タイヤトラブルにより早々のピットインで一気に最後尾へ落ち、そこから4位フィニッシュまで怒濤の追い上げ・・・・・その呆れる程の速さとオーヴァーテイク時の思い切り、瞬時のピット戦略練り直しとリカバリーのためのタスク遂行能力、注目のF1引退レースは全編これぞ“シューマッハ”という走り満載だった!(唯一無かったのは伝家の宝刀“接触プレー”だけか♪) ポールポジションから逃げ切って勝つ!なんてフィナーレよりよっぽど面白いし、こんだけヤリたい放題カッ飛ばしてブチ抜きまくったレースなら、誰だっていやがおうにも覚えててくれるでしょ(脱帽)。おまけにファステストラップを記録してF1を去る☆なんて完全に規格外!!!! 現役続けるだけの余力は十分あると証明されただけに、残されたドライバー達には相当ヘヴィな置き土産だネェ♪ 好きとか嫌いとかはこの際“抜き”にして(爆笑)これだけの存在感を示すドライバーは当分、あるいは永遠に出てこないかも。いやはや、今日ばかりは自分もマジで感服いたしマシタ、皇帝どの。ほんとにオツカレサマ☆(後任の重圧に耐えられそうなのは、やっぱアイスマン=キミ・ライコネンしかいないネ。人選正解)

|

« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 闘えるマシンが最後に間に合った! | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 祝・コンストラクターズタイトル連覇☆ »

F1」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ['06F1最終戦:ブラジルGP] 花道は圧勝より印象的な激走で。:

» F1世界選手権 第18戦ブラジルGP 決勝 [F1とテレビとケータイと。]
アロンソ・ルノー2年連続チャンピオン決定! マッサは母国優勝、ミハエルはさすがの走り。 フェラーリ二人がものすごいレースでしたが、来年に向けて考えると、アロンソがしっかりチャンピオンで来年以降の柱ができてよかった。 マッサは今年大きく成長、ミハエルとのバトルで粘りを見せたライコネン、3位表彰台のバトンと、世代交代を象徴させるレースでした。 日本勢、まずはホンダから。 バトン、ギリギリ表彰台助かった感。 それでもペースはしっかりしてたし、今年は初優勝も経験、有力ドライバーで移籍がな... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 06:16

» F1ブラジルGP若い王者の連覇と皇帝アリガトウ [スポーツ瓦版]
今季最終戦ブラジルGPは皇帝シューマッハのラストランと 年間王者V2で終わる可能性が高いアロンソの最後の対決だ 予選はマッサがPPを獲得しライコネンが2番手を獲得して トゥルーリ・アロンソ・バリチェロ・フィジケラの順番で シューマッハはマシントラブルで....... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 10:44

» F1ブラジルGP決勝−5(結果遅報・・・) [Escape Zone]
レース中盤で意識を失くしました・・・。 結果 フェリペ・マッサ(1:31'53"751) フェルナンド・アロンソ(+18.658s) ジェンソン・バトン(+19.394s) ミハエル・シューマッハ(+24.094s) キミ・ライコネン(+28.503s) ジャンカルロ・フィジケラ(+30.287s)...... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 12:25

« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 闘えるマシンが最後に間に合った! | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 祝・コンストラクターズタイトル連覇☆ »