« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 花道は圧勝より印象的な激走で。 | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 去りゆく皇帝を相手に連覇したオトコ。 »

2006.10.23

['06F1最終戦:ブラジルGP] 祝・コンストラクターズタイトル連覇☆

06f11022_renault206f11022_renault夏前には今年も独走で決めるかと思われたルノーの2年連続コンストラクターズタイトル獲得。ところが、フェラーリ/ミハエル・シューマッハ/ブリヂストンの強力チーム、加えて成長著しいフェリペ・マッサの巻き返しにより、最後まで気の抜けない、タフなシーズンと化した。チームを預かるフラビオもさぞ疲れただろーネ。それでも、アロンソの速さと冷静さがチームを救い続けてきたお陰で、見事連覇達成。共に今季でF1を去るマイルドセブン(JT)、ミシュランにとっても意義深いタイトル防衛になったわけで、縁あって今年ルノーオーナーになった自分としてもやはり嬉しい(^^)v ただ・・・来季に目を向けると、不安材料ばかりが目につくのも事実。今日もミハエルやバリチェロのプレッシャーに晒されて弱さを見せ、アロンソに最後まで劣勢強いられ続けたフィジケラに、果たして来季のエースが務まるのだろうか?(個人的には頑張ってほしいのだけど.......どーも近頃頼りない) むしろ彼の相棒になるフィンランドの新星・コバライネンの方が、頭角を現すような気がするし、それはそれで非常に楽しみだったりする。ピケJr.のテストドライバー就任は先行投資として正解なれど、正直な物言いがチームをギクシャクさせないだろーか......怖。また、タイヤがミシュランからブリヂストンに変わるので、既存ユーザーに比べて当初開発の遅れが生じるはず(ベネトン時代はいち早くBSユーザーになったんだけどネ)。とにかく、ドライバーもタイヤもタイトルスポンサーも新しくなる来季は、ルノーにとってタイトルホルダーでありながらチャレンジの年になる。慢心せず、一層の飛躍をゼヒ! Wタイトル獲得オメデトウ☆☆

06f11022_renault306f11022_renault4

|

« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 花道は圧勝より印象的な激走で。 | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 去りゆく皇帝を相手に連覇したオトコ。 »

F1」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ['06F1最終戦:ブラジルGP] 祝・コンストラクターズタイトル連覇☆:

« ['06F1最終戦:ブラジルGP] 花道は圧勝より印象的な激走で。 | トップページ | ['06F1最終戦:ブラジルGP] 去りゆく皇帝を相手に連覇したオトコ。 »