« 離れてもなお、気分はホームグラウンド。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ November Rain. »

2006.11.06

['06F1日本GP@鈴鹿20th/Final?] 番外編。

06f1suzuka_bangai1今年の鈴鹿では、当初現地でルノーCAPの一番カッコいいやつを購入してアロンソ&ルノーを応援しようかと思っていた。しかし、事前にネットSHOP等で調べてみるとどれもこれも今ひとつというか、今季限りでサポートを終えるJT=MILDSEVENカラーのものばかりで、賞味期限は事実上今季いっぱい...orz それでは今ひとつ購入意欲をかきたてられなかったので(本当は無地・濃紺でルノーF1チームロゴ1発のモノをどっかで見かけたので現地にあれば、と思ってたのだけど.....なかった)発想を転換して「ミハエルの優勝を望まない」というスタンスの観戦スタイルを熟慮。その結果、やはり我らがデイモン・ヒル現役時のCAPを引っ張り出すことに☆ とはいえ、WIlliams時代のRothmansCAPは購入していないし、98/99年仕様のデイモンCAPはJORDAN色濃厚だし、99年仕様に至ってはHONDAのロゴがバッチリ刺繍済み^^; なので、ここはチャンプ獲得しながらウィリアムズに追いだされた翌年、ゼッケン1番のアロウズ・ヤマハを駆ってハンガリーGPであわやアロウズ/ヤマハ/ブリヂストン初勝利か?!(最終ラップに惜しくもトラブルでスローダウンして2位...でも快挙)の激走を見せた97年仕様のデイモンCAPを今年の鈴鹿に持ち込んだ。94年最終戦でミハエルの意図的体当たりを喰らって悪夢を味わったデイモンの想いを持ち込めばミハエルに何かが........と念じ続けたワケじゃないんだけど、エンジンブロー招いてチョット効き過ぎちゃったかも(ぎゃはは)。

06f1suzuka_bangai2そんな鈴鹿の激闘から1週間が過ぎた10/14の土曜日。午前中から所用があってルーテシアで出かけたら、高幡不動駅前のモノレール下で意外なトラックの後ろについてしまった。よくよく見れば、とゆーかよく見なくても目に入ってきた“BMW Williams F1”の文字&ロゴ! 勿論、今季からBMWはザウバーを買収して別参戦となったので、現在のWilliamsとは全く関係ないワケで、過去のWilliamsとも関係ないだろーなぁ........とにかく地元ナンバーだったし、まさか多摩地区で前週のF1激闘を思い出させるクルマに出逢えるとは♪ すっかりF1に魅せられっぱなしな今年の秋、なのであった☆

|

« 離れてもなお、気分はホームグラウンド。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ November Rain. »

F1」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

★呉田軽穂作曲の松田聖子の曲を最近聴いていて良くできた曲だなあと思ったりしておりました。「秘密の花園」とか。ユーミンバージョンの「瞳はダイアモンド」もなかなか。
★オフコースとか八神純子とか耳にすると、例の吉田拓郎ほどではないにしても、年を取ったなあと実感します。まだついていけるMisiaとか平井堅とかももう懐メロの域なのかなあ... どうりで最近、山歩きとか寺めぐりとか趣味が中高年化してきたわけだ...
★バイクといえば、ときどきチャンネルをカチャカチャまわしていると、埼玉テレビの川口オートの番組をやっていまして、青木治親とか森且行とかが出ているのでつい見てしまいます。いえなに、あのバイクの形状がふしぎなので...
★先日富士山を周回してきました。本栖湖北側からみた富士はすばらしいですね。ときどき車を借りてるんですが、たいていマーチかヴィッツかってとこですが、たまに営業所の都合で同じ料金で大きな車に乗れたりします。去年伊豆半島を回ったときはエアウェイブでした。せっかくレンタカーなのだから、今度左ハンドルの外車でも借りてみよう。

投稿: onward | 2006.11.12 00:05

☆ onwardさん
いやー、1週間遅れのレス、どうかご容赦を〜m(__)m
年末進行時期はなかなか過密な日々でして^^;
いやー、本日午後も某ドラマー氏とVo.嬢と
ユーミン初期〜中期の楽曲の凄さを再認識してたんデスヨ♪
自分のアルバムにも、他人のアルバムにも
よくあれだけの作品を供給されてたなぁと思います。
ちなみに自分は彼女のAlbumなら『昨晩お逢いしましょう』と
『REINCARNATION』が最も愛聴盤でしたネェ〜(^^)
聖子ちゃん提供曲なら....「蒼いフォトグラフ」でしょーか。
音楽の“流行”ってのは、おそろしいですネ。
好むと好まざるとにかかわらず、時代の空気感みたいなものを
無意識のうちに耳が勝手に判断しちゃうように思います。
いわゆる“ニューミュージック”全盛期の音は
いますごく懐かしいイメージに聴こえますもん。
達郎さんだったら、むしろソロ初期の作品のほうが
今の空気感に合ってるように感じマスっ。
で......山歩きと寺巡りの日々なんですか〜〜〜?!(笑)
いや、健康にも良いし、大変素晴らしいデス!
自分はつい仕事柄インドア生活に埋もれがちで...orz
川口オート、なかなか見ないのですが
そーゆー視点だと面白そーですネっ。
青木3兄弟が世界を目指していた頃が懐かし〜。
同じ“レース用”でもWGPやWSBとは別モンですね、オート。
富士五湖って、個人的に伊豆と並んで大好きな場所です。
意味もなく走ってるだけでシアワセなロケーション。
本栖湖北側からの富士山、いいっすネェ〜〜〜☆

投稿: <たぁ> | 2006.11.19 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ['06F1日本GP@鈴鹿20th/Final?] 番外編。:

« 離れてもなお、気分はホームグラウンド。 | トップページ | [Lutecia the 3rd]☆ November Rain. »