« 好曲[guitar]☆「Promises In The Dark」Pat Benatar feat. Neil Geraldo | トップページ | 遅まきながらココログも本日より携帯から »

2007.04.04

突如、冬に逆戻り。帰りにCD3枚GET。

070403a070403b070403c070403d講師を務める専門学校で新年度初の学科会議があったため、昨日3日は朝から学校へ。ところが先週の“猛暑?”を体感したカラダには結構キツめな冷え込みが@@(ま、この時期は晴れたら晴れたで花粉地獄なんだけど...orz) 諸々の事前打合せ/議論等が午後まで続く。ま、いよいよ新入生のほとんどが平成生まれ(!)なワケで「あのヒトは昭和の生まれだから」と呆れられないよーに気をつけねば^^; 会議を終えて帰宅途中、雨も止んだので新宿で下車してHMV新宿徘徊。たまには今どきの“王道”新譜も買ってみなくちゃと、ビヨンセ2ndのデラックス盤(内容ガラっと入れ替わって最初の盤を買った人はどんな心境?!)やヒット曲の再アレンジがなかなか秀逸なマドンナ世界公演盤を物色したものの、CD+DVD商品は近頃ネット購入の値引額がハンパじゃないことを思い出して、これらは店頭購入対象からいったん除外。輸入盤を2枚購入すると単価¥1,590だというのでまずはImport CDに目を向けて2枚チョイス。

まずは先週出たばかりのスティーヴィー・ニックス最新ベスト『CRYSTAL VISIONS... : The Very Best of Stevie Nicks』('07)。先日某所でギタリストWaddy Wachtelの名前を目にしてから何故か無性にスティーヴィー往年の大ヒット曲「Stand Back」が聴きたくなって、1枚もCDでは所有してないなと気づいた矢先の最新ベスト発売に出くわした次第。彼女の声は決して美しいというタイプじゃないけど...好きなんだなぁ。時折見せるカントリー寄りのテイストも彼女ならでは。そんなジプシー・クイーン(明菜かっちゅーの♪)の新譜もここ数年ちゃんとチェックしてなかったら数作発売されていて、その辺りのマテリアルも収められてる辺りがまたありがたい。気に入ったのはプロデューサーにSheryl Crow & John Shanksを迎えた『Trouble in Shangri-La』('01)収録の「Planets Of The Universe」。'70年代から温めていたマテリアルだというこの曲、John Shanksの手腕が冴えて彼女の持ち味は活かしつつキチンと今の女性シンガー作品として成立させてるところがお見事。ここで聴ける年齢を重ねたスティーヴィーの歌はなかなか味わい深い。また本作にはLive Takeも収められており、なんとZEPの「Rock And Roll」が! こーゆーストレートなロックを唄う姫もまた麗しい☆ ちなみに曲ごとの詳しいクレジットはないものの“Stevie Nicks Band”なる表記の中に前述Waddy Wachtelは勿論、Carlos Riosの名前も(!)。一緒にプレイしてるとしたら、強力なツイン・ギター布陣だなぁ(Taku Hiranoなる名前も。日本人?)。リマスター音源になった懐かしいナンバーも含めて(Don Henleyとの名デュエット「Leather And Lace」はいま聴いてもやっぱりイイ♪)いま振り返るには最適な音質良好編集盤。おっと、肝心の「Stand Back」、今となっては打込み超チープだな〜@@ それもまたご愛嬌ということで(笑)。

もう1枚の輸入盤は、すっかり頭が女性ロック・シンガー復習modeになってしまったのか^^;パット・ベネターの『PAT BENATAR GREATEST HITS』('05)。彼女と、そのProducer/Guitarist/Composerとして公私ともにパートナーを務める旦那ニール・ジェラルド Neil Geraldoは自分の高校時代からのお気に入りで、手元にある『PRECIOUS TIME』('81)も『GET NERVOUS』('82)も音圧低い初期CD化盤だったため、何かの機会に一昨年出た本盤を入手しておこうとメモっていた。ニールのギター共々永久保存盤。本件については別項でドップリ♪

輸入盤2枚(結局はまた懐かしモノになってしまった@@)と共にあと1枚、2月末に発売された邦楽新作CDをGET。日本一のGrooveドラマー沼澤“タカちゃん”尚が正式メンバーとして加入したシアター・ブルックTheatre BrookのVo./Gt./Composer/Leader:佐藤タイジが複数の女性シンガー達とのコラボで作り上げた女性Vo.プロジェクト Taiji All Starsの待望のフル・アルバム『FEMME FATALE』('07)がソレ。なんせ参加したのがSAKURA/UA/bird/松雪泰子(!)/hitomi/COLDFEET/Leyona/Magnolia(hitomi以外は作詞でも貢献)で、演奏は当然シアター・ブルックなわけだから、非常に気持ちいいGroove満載(1曲目はSAKURAとデュエットするタイジ君が力み過ぎて声うわずってるけどサ^^;)。ズラリ揃った実力派“専業歌手”にあって、以前からナチュラルな歌をもっと評価されてもイイなって思ってた松雪嬢担当のM4「Blessing Soul」が、おそらく春先のカーステにドンピシャ(死語^^;)。やっぱこの人は何てゆーか、いい雰囲気の歌をしなやかに聴かせてくれるというカンジ。女優1本に絞らず(今井某みたいに逆もちょっと...)音楽活動兼務もアリじゃない? 好印象Keep。とにかく前編通して適材適所とゆーか、変幻自在というか、各コラボごとのテイストがすごくいい。惜しむらくは......CDブックレットに歌姫達の姿がなく(他社所属だから仕方ないか@@...松雪さーん!)ぜーんぶタイジ君+外人モデルさんってのがネェ。

CD3枚とともに帰路につき、下りた高幡不動で改めて新装なった駅舎を眺める。そう、オープンから既に1週間経つものの、自宅作業やクルマ移動ばかりだったので、久々駅利用となったこの日が初見参。いやー、どこの駅に来ちゃったんだろーか?というカンジ^^; 駅の建物には広くなった書店や京王アートマンが入って、ちょっとは便利な街になったかな? とはいっても全てがここで済む訳ではなく(各店舗面積には限界あるし)引き続き立川や聖蹟桜ヶ丘を活用しながら、高幡不動で済むケースが以前より増えるというのが地元住民にとってのメリットでしょう。あっ、市役所へのアクセス不便だから駅に支所できたのは助かる、タスカル。それよりナニヨリこの日みたいに雨の日は京王線〜多摩モノレールの乗り換えが超楽になった!!から、これが最大の売りなのは異論のないトコロ。近々ゆっくり覗いてみよう。しっかし今日も寒い1日だった(雪降ったとこもあったとか@@)。

|
|

« 好曲[guitar]☆「Promises In The Dark」Pat Benatar feat. Neil Geraldo | トップページ | 遅まきながらココログも本日より携帯から »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

東京は雪が降ったそうですね。
名古屋もみぞれ降ったし冬に今頃なったみたいです。
風邪引かないようにしましょうね。
CD購入で新しい音楽を取り入れているようですね。
最近そういえばCDというか最新の音楽を聴いてないです。
結局自分が影響受けたり、リスペクトしたアーティストしか
聴いていないという状態。
新しいものを受け付けようとしない自分、年とったのかなぁ。

投稿: kuro | 2007.04.04 21:21

こんにちは。ご無沙汰してます。

パット・ベネター、久々に思い出しました。
瞬間的に頭の中を流れたのは
「treat me right!」とサビでシャウトする曲。
(曲名もそのまんま?)
けれん味のない、ストレートで良い曲がいっぱいありましたよね。
ドライブのお供にもすごく合いそうですね。早速チェックしてみます!

投稿: あきよし | 2007.04.05 19:36

☆ kuroさん
コンバンハ。名古屋もみぞれでしたか!(寒っ)
今日も晴れてる割には結構ヒンヤリしてました@@
(一度暖かいのに慣れた分、軟弱になってるよ−です...orz)
CDショップを毎週覗くのは昔の仕事の習慣抜けなくて♪
あと今もFM仕事の関係上、チャートを賑わしてる作品の
名前(顔)とジャケットと音が結びつくよう、
店頭の試聴機を片っ端からチェック!しまくってマス。
それに、聴かず嫌いでイイ曲知らずに通り過ぎちゃったら
損しちゃいますし〜。しょーもないモノも増えましたけど
(聴いた上で「苦手!」と確認してみたり......あはは)
「ほぉ〜」ってのもたまにあるから音楽は楽しいですネ。
ただ、どーしても最終的に購入するのは
意義あるリマスターや追加収録のあるリイシュー物が
多くなってるよーな^^; あ、RUSH新譜出ますネ!


☆ あきよしさん
いらっしゃいませ! コチラこそすっかりご無沙汰デスっ。
巨大洗濯機設置ドキュメントにはドキドキしました!
腰とか大丈夫ですか?!(下のお嬢様の名案に感心♪)
Blogで上のお嬢様のご活躍ぶりを拝見してると、
昔夢中になった『おれは鉄平』を読み返したくなりマス♪
さてさて、パット・ベネターです! 華奢なタイプにもかかわらず
まさに“シャウト!”のイメージが強烈でしたネ〜〜〜〜。
特にキャリア前半のあの疾走感は旦那のGt.共々
実にカッコよく映りました。紹介したベスト盤には勿論
「Treat Me Right」も入ってますから、お楽しみに!
iTunes/iPodの出現で個人でも編集容易な現代ですが
各曲の音圧を整え、かつあえて1枚にまとめてある編集盤は
十分購入意義あると思いマス。春先の運転時にゼヒ☆

投稿: <たぁ> | 2007.04.05 22:20

何とまぁグッとくるラインナップ!!
パットベネターはスージークアトロ以来(!)の
胸キュン(いまどき。。。(^^ゞ)女性ロッカーでした。
二ール・ジェラルドみたいなギターリストって
その後なかなか出てこないっすもんね。
Taiji All Starsもストライクゾーンど真ん中でしょうから、
次回ミーティングで聞かせてねん♪

投稿: ロマンキッカー | 2007.04.06 08:39

☆ ロマンキッカーさん
お寒うゴザイマスっ。週末までもうひと頑張りですネ。
自分はスージー姐さんを経由しなかったので^^;
“胸キュン度”は一層高かったようデス♪
ニール大将のリフのセンスやストラトの歪み具合って
実に味わい深くて聴きまくりマシタ。
ちなみにワディ・ワクテルのGt.プレイも大好きなんですよネェ〜♪
今の音楽シーンはギターヒーローが生まれにくいですが
アイデアマンは少なからずいるし、聴き逃したくないです。
Taiji All StarsのAlbumはタカちゃんGroove満載っすヨン!

投稿: <たぁ> | 2007.04.06 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/5968706

この記事へのトラックバック一覧です: 突如、冬に逆戻り。帰りにCD3枚GET。:

» スモーキーボイスの超熟歌姫 [本ナビ!by Tamecom]
 フリート・ウッドマックの黄金期を支えた甘みと渋みを併せ持つスモーキー・ボーカル。おんとし59歳のスティーヴィー・ニックスがベストアルバム「クリスタル・ヴィジョンズ」(ワーナー)を出した。  ジョン・レノンと叔父の2人の死に触発されて作った大ヒット曲「エッジ・オブ・セブンティーン」は謎めいた声にギターのリフが格好良くからむ。20年の歳月を経て映画「スクール・オブ・ロック」(03年)にフューチ ... [続きを読む]

受信: 2007.10.15 19:07

« 好曲[guitar]☆「Promises In The Dark」Pat Benatar feat. Neil Geraldo | トップページ | 遅まきながらココログも本日より携帯から »