« 今週末6/30は'07年6月のHMVトリプルポイントデー☆ | トップページ | 闘いの主役達に加わるには »

2007.06.30

25 years after - 1982.6.30の記憶 -

この1年ほど、iPod nanoやDoCoMo Premium Sound Kitが当たる etc. 予期せぬ朗報に恵まれてはいるものの、実は昔から各種懸賞/クジetc.に応募してもほとんど当選した試しがなかった。にもかかわらず......1982年当時絶大な人気を誇っていたOff Courseによる日本武道館10日間公演の最終日=6月30日公演を第1希望として高校生の自分が応募したハガキは、恐ろしい程の高倍率による抽選の結果、希望通り千秋楽のチケット当選という奇跡的幸運を引き当ててしまった。実際周囲には1公演も当たらず涙をのんだ人がかなりいたし、その後のクジ運のなさはこの時に運を使い果たしてしまったからとさえ思ったほどだ。

そんな巡り合わせの末、自分が生で観た最初で最後のOff Couse公演は、結果的に小田和正・鈴木康博・清水仁・大間ジロー・松尾一彦の5人が一緒にステージ立った最後のコンサートとして永く記憶されることとなり、あの日の武道館を埋めた一員であるという事実は、25年の歳月が経った今あらためて振り返っても貴重に思える。東京ドームも横浜アリーナも登場する前、最大級のキャパを誇った日本武道館を10日間満員にしても観覧不可能な人の方が多かったというのだから、驚きすら感じる。それにしてもよく当たったものだ(それも最終日を希望して)。

どちらかといえば鈴木さんの楽曲を好んでいた自分が思うに、小田・鈴木両名の声がブレンドされた際のケミストリーこそがあのバンドの生命線であり、最大の魅力だった。そして、2人の書き下ろす楽曲が異なる魅力を放ちながら1枚のアルバムに収まることで、起伏に富んだ傑作が残されたとも言える。それらこそが、今もなお最前線で活躍する小田さんの作品に明らかに欠けている要素ではないだろうか。この武道館公演の数ヶ月前、NHK教育テレビ『若い広場』で放送されたアルバム『over』の秀逸なレコーディングドキュメント(現在DVD化され市販されている)共々、日本の70年代後半〜80年代音楽史の貴重な記録を残してくれた彼らに、いち音楽ファンとして改めて感謝。

ちなみにデビュー〜5人当時までの彼らが所属していた東芝EMIは今日からEMIミュージックジャパンへと社名を変更した。25年の歳月を実感するニュースだった。



1982・6・30 コンサート スペシャル

DVD
1982・6・30 コンサート スペシャル

販売元:東芝EMI

発売日:2007/06/27

Amazon.co.jpで詳細を確認する



Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界

DVD
Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界

販売元:東芝EMI

発売日:2002/01/30

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|
|

« 今週末6/30は'07年6月のHMVトリプルポイントデー☆ | トップページ | 闘いの主役達に加わるには »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

あのころ、オフコースは大ブームでしたよね。
わたしも鈴木康博ファンだったからね。
大学に入ってからか、一度武道館に行ってると思うんだけど、もうそのとき4人だったのかな~?そんな気もする。もち鈴木康博がソロになってからも何回かコンサート行ったな。

何ヶ月か前に、ふかわひろしの曲をどうにかしたかで、久しぶりにテレビに出ていたやっさんが、なぜオフコースを脱退したのか話しているのを見ました。
今、小田が活躍しているのを見ると、複雑でもあり、仕方なかったのかとも思う。

とにかく、青春時代の思い出って感じかな。

投稿: ばーばまま | 2007.06.30 20:22

☆ ばーばままさん
こんばんはっ。ほんと、あの当時はまさに“社会現象”ってカンジで異常デシタ^^;
そっか、鈴木シンパはここにも♪ 自分もソロTOUR行ったことアリマシタ。
(ソロアルバムも3枚目ぐらいまではLP購入してた記憶が)
HIROMI GOに「素敵にシンデレラ・コンプレックス」書き下ろしてましたっけ!
最近、結構いろんなところへ気さくに登場してますネ、彼は。
いろんな想いもあるでしょうけど、真摯に自分のスタンスで
音楽活動続けていて立派だなぁと思います。
元赤い鳥&ハイファイセットの山本潤子さんの最新カヴァーアルバム
『SONGS』が好評らしくて、このところ共に活動しているYASSさんが
数曲アレンジ手掛けているとか。ちょっと聴いてみたいですネ〜。
http://www.omgnet.co.jp/jy-info/jy_info_other/junko_yamamoto_info_SONGS.htm

いやはや、おっしゃる通り、あの頃の記憶と共に浮かぶ方でアリマス♪
今週新たに歳を重ねる身としてはかな〜り遠い記憶になりつつありますが^^;

投稿: <たぁ> | 2007.07.01 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/6975343

この記事へのトラックバック一覧です: 25 years after - 1982.6.30の記憶 -:

« 今週末6/30は'07年6月のHMVトリプルポイントデー☆ | トップページ | 闘いの主役達に加わるには »