« カナダとアレジとゼッケン27の記憶。 | トップページ | 大健闘の新興チームにさらなる愛の手を。 »

2007.06.11

モータースポーツの安全性。

06f1suzuka_bm2_1ドライバーが守られていて、初めて実現する高速バトル。今朝のF1カナダGP決勝・26周目に起きたロバート・クビサの事故の目を覆うような映像に様々な想いが頭をよぎったものの、検査の結果はなんと「足首の捻挫と軽い脳しんとう」という事で、嬉しい驚きと安堵感に包まれた(レース後の第一報では“骨折”と伝えられ、それでもパニスやミハエルの時と同じく「ああ、それで済んだんだ」と最悪のケースを免れた事に胸を撫でおろしていたのだけど)。天国のジル・ヴィルヌーヴやアイルトン・セナ、ラッツェンバーガー達が護ってくれたのだろうか。いや、彼らの不慮の事故を教訓に、とりわけ'94年春のあの週末以来FIAとF1関係者が続けてきた飽くなき安全性の追求が決して間違っていなかったという事を、誰もが再認識するレースになった。これにより、力強いレースで2位を獲得したニック・ハイドフェルドもBMWザウバーのスタッフも素直にそのリザルトを祝う事ができると思う。

|
|

« カナダとアレジとゼッケン27の記憶。 | トップページ | 大健闘の新興チームにさらなる愛の手を。 »

F1」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/6746359

この記事へのトラックバック一覧です: モータースポーツの安全性。:

» クピサ無事! [カンジのあなた!(H氏公認)]
「クビサは足首のねんざのみ」と、病院発表(FMotorsports F1さんより) カナダGP決勝レース中、大きなアクシデントに見舞われた『BMWザウバーF1』のロバート・クビサ(22歳:ポーランド)について、レース直後「足を骨折」との... [続きを読む]

受信: 2007.06.11 19:18

« カナダとアレジとゼッケン27の記憶。 | トップページ | 大健闘の新興チームにさらなる愛の手を。 »