« 闘いの主役達に加わるには | トップページ | 好曲[drums]☆「Home At Last」Steely Dan feat. Bernard Purdie »

2007.07.02

好曲[female vocal]☆「Lotta Love」Nicolette Larson

今にして思えば、自分が本格的に洋楽に目覚めていった1970年代後半は、非常に魅力的な歌と演奏に満ちあふれた作品が続々世に送りだされ、恵まれた時代だったように思う。ネット社会などとは無縁の当時、中学生の情報源といえば音楽雑誌かFM番組、それもチャート番組が主だった。毎週聴くチャートに飛び込んでくる新曲や新人が楽しみで仕方なかったし、一方でロングセールスを記録する人気曲が必然的に耳に残る日々でもあった。

そして、女性シンガー:ニコレット・ラーソンの大ヒット曲「Lotta Love(邦題:溢れる愛)」も当時のFM洋楽チャートで毎週オンエアされるうちにお気に入りになったナンバーの1つ(勿論、全米でもトップ10ヒットを記録♪)。本曲を収めたデビュー・アルバム『NICOLETTE(邦題:愛しのニコレット)』('78)は、彼女をコーラスに起用していたニール・ヤングの後押しで制作されたとのことで、「Lotta Love」の作者がニールであるのも当然の流れだろう。この切なく響くメロディと歌声はAORブームに突入していく日本のリスナーに間違いなくストライクだった♪ Ted Templeman(この曲ではなんとコーラスにも参加!)がプロデューサーだったこともあり、ニールの他にドゥービー・ブラザーズ、リンダ・ロンシュタット〜ヴァン・ヘイレン(!)矢沢永吉(!)まで多くのアーティストの作品にもコーラスで参加していたし、クリストファー・クロスのヒット曲「Say You'll be Mine」ではデュエットと言える掛け合いも披露(自身のアルバムにはマイケル・マクドナルドとのデュエットを収録)。後に活動の場をカントリーマーケットにシフトしたそうだけど、リンダ以上にハマりだったかも。西海岸の人気ドラマー:ラス・カンケルの奥様だった事は後から知った。そんな彼女、1997年に僅か45歳の若さで高いしてしまったのだから実に惜しい。表情豊かに、力強いものから哀愁漂うものまで唄いこなせる実力派シンガーとして、もっと評価されてもよかったように思うものの、POPマーケットでのヒット曲がやや少なかったのが惜しまれる。先週のHMVトリプルポイントデーで購入してきた『THE VERY BEST OF NICOLETTO LARSON』('99)でその素晴らしい歌声と表現力に触れつつ、改めて早過ぎる逝去を惜しむばかりである。

そういえば、1つ思い出した。5人編成になってからのOff Courseが生みだした楽曲は、当時の米国洋楽ヒット曲を非常によく研究しているなぁと感心していたけれど(BOSTON/BOZ SCAGGS/ROD STEWART/TOTO etc.)実はこの「Lotta Love」がアレンジの原型になっていると思われるナンバーがある。それは、近年CM起用等で話題の「言葉にできない」を含むアルバム『over』('81)に収められていたAOR調の小田楽曲「哀しいくらい」。淡々とした8ビートに絡む、ギターのカッティングやローズのコード弾きによるシンコペーション。あるいは音の構成やSax.ソロの雰囲気に至るまで、間違いなく同じテイストがうかがえる。興味のある方は、ぜひお聴き比べを♪ きっと聴いてたんだろうな、ニコレット・ラーソンを。

|
|

« 闘いの主役達に加わるには | トップページ | 好曲[drums]☆「Home At Last」Steely Dan feat. Bernard Purdie »

好曲[female vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

オフコース...よく研究しているなぁ、というか"A Man I'll Never Be"にあわせて"愛を止めないで"が歌えたりするぞ(爆)

投稿: ΜΟЯΙΟ | 2007.07.02 21:40

☆ ΜΟЯΙΟさん
先輩、新天地初日オツカレっした。
70年代後半の洋楽と共に歩んだ?彼らの作品は
いろんな聴き所があって楽しいですよネっ
ご指摘のボストンへのオマージュ♪をはじめ、
「さよなら」&「時に愛は」とイーグルス「ホテル・カリフォルニア」
「Yes-No」とロッド・スチュアート「アイム・セクシー」
「一億の夜を越えて」→ボズ「ミドル・マン」
「のがすなチャンスを(Live)」とTOTO「ガール・グッバイ」etc.
アレンジ上のモチーフとして各楽器のリズム解釈やフレーズを聴き込むと
楽しさが何倍にも広がりマス。
八神純子さん「パープルタウン」←レイ・ケネディ「ロンリー・ガイ」は
残念ながら“研究/昇華”の領域まで至らずに.......
丸ごと拝借しちゃったのがイケませんでしたネ^^;

投稿: <たぁ> | 2007.07.02 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/7006007

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[female vocal]☆「Lotta Love」Nicolette Larson:

« 闘いの主役達に加わるには | トップページ | 好曲[drums]☆「Home At Last」Steely Dan feat. Bernard Purdie »