« 正念場のホンダF1第3期/バトン/バリチェロ。 | トップページ | [アジアカップ決勝T・3位決定戦:日本代表戦放送予定] »

2007.07.22

PKを任された日本の5人。

Shunsuke_nationalteam俊輔→遠藤→駒野→高原→中澤。延長戦でも決着のつかなかったオーストラリア戦でPK戦のキッカーを任された5人は奇しくも昨夏、灼熱のドイツで同じ相手に屈辱的敗北を喫した日本代表メンバーばかりだった(勿論、素晴らしいセーブで主導権引き寄せたGKヨシカツも。このうち遠藤以外はピッチ上で打ちのめされた記憶が痛い程カラダに残っていたかもしれない)。もっともそれは偶然などではなく(ここ4日間のPK練習で好成績だったということもあるだろうけど)オシム監督が彼らに託したのには明確な理由があったように思う。そのチャンスにこれまで得た苦い経験をきっちり活かして掴んだ勝利が、彼らと我々をあの呪縛から少し解き放してくれたのではないだろうか。とりわけ独W杯でMFとしてただひとり出番のなかった遠藤が英国でレギュラーを張る豪州GKシュウォルツァーとの初対決でおちょくるかのように緩〜く冷静に決めたPKは実に爽快だったし、揺るぎない自信と勝利への強い意志を感じた(拍手)。PK戦では出番のなかった巻/加地の先発組、ベンチで戦況を見守った楢崎/坪井も含め、ここは不可解な采配(と呼ぶのもどーかと思う無能ぶり)で記憶に残る試合@@を戦わせてくれたお気楽前監督にもある意味感謝しとくべきだろーか(毒)。

#ドイツサッカー協会公認サッカーコーチ:湯浅健二さんの準々決勝・豪州戦コラムは[コチラ

#サッカージャーナリスト:大住良之さんのコラムは[コチラ

#TVでお馴染み:セルジオ越後さんのコラムは[コチラ

|
|

« 正念場のホンダF1第3期/バトン/バリチェロ。 | トップページ | [アジアカップ決勝T・3位決定戦:日本代表戦放送予定] »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

PK戦までもつれたとはいえ、勝利には酔いしれました。
あのアジアを舐めきったカンガルー軍団にだけは
負ける訳にはいきませんでしたからね(笑)。
川口の神がかりなプレーは前回のPK戦を思い出すほど凄かったです。
<たぁ>さんも書いている通り、やはり遠藤の
相手GKをおちょくるようなユルユルシュートが痛快でした。
2時間ちょっとの試合は観てるほうも疲れますね。
5回くらい絶叫しちゃいましたしwww

投稿: kuro | 2007.07.24 07:14

☆ kuroさん
こんばんは。今日の東京は湿気少なくて過ごしやすかったデス♪
もっとも徹夜仕事になったため日光浴びるどこじゃなくて^^;
アジアカップ豪州戦は面白かったですネーっ。
なんせ去年の夏に覚えた名前が相手にゴロゴロいましたし(懐?!)
野蛮なところも相変わらずでしたから(怒)
絶対に勝ってほしかったし、結果にホッとしました(^^)
2年準備して臨んだジーコ体制より1年短い準備期間で
オシムさんはいいチーム作ってると実感できましたし♪
ヨシカツはミスもありますが、時折“降りて”きますよネェ☆
遠藤PK、マジ最高でした!
果たして明日の準決勝はどんな試合になるのでしょう?
延長〜PKまでもつれると、近頃老体の疲労度が.....(++)
辛いとこですが、間違いなく選手より楽なハズので(!)
頑張ってハノイへ勝利の念を送りマショウ!

投稿: <たぁ> | 2007.07.24 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/7233245

この記事へのトラックバック一覧です: PKを任された日本の5人。:

« 正念場のホンダF1第3期/バトン/バリチェロ。 | トップページ | [アジアカップ決勝T・3位決定戦:日本代表戦放送予定] »