« 完成間近☆イーグルス“新譜”は日本で無事買えるか?! | トップページ | 8.18 FC東京現状(惨状)視察@@ »

2007.08.18

[MLB] デトロイト・タイガースの要注意人物。

2007年のメジャーリーグもポストシーズン進出を賭けて残り1ヵ月半。一時14.5ゲームまでボストン・レッドソックスに離されて絶望的状況だったニューヨーク・ヤンキースは、オールスター以降の我らが松井秀喜の活躍♪もあって気がつけば5ゲーム差まで這い上がってきた☆ そして現在、対タイガース→対エンジェルス→対タイガース→対レッドソックスと続く強豪相手揃いの8月後半戦に突入中。間違いなくここでの戦績が今季の行方を大きく左右する。中でもホーム&アウェイで8試合!もあるタイガース戦は、是が非でも勝ち越さなくちゃダメ。新人ダンカンが9回裏2死から起死回生3ランを放って劇的に追いついた!!のに延長で守護神リベラがあっさり3点献上して@@超痛い敗戦を喰らった一昨日の後遺症が癒えぬまま迎えている、ホームでの対タイガース4連戦。昨日ムッシーナの序盤6失点が響いて初戦を落としたものの、今日はペティットの8回力投と復活ジアンビの2発でどーにか連敗ストップ(安堵)。昨季までの同僚シェフィールド→首位打者オルドネス→元マリナーズ・昨日満塁弾のギーエン→MLB最強捕手I.ロドリゲスと続く打線中軸を1失点に抑えたのは大きい。しかし、本当にマークすべきは......この現在中地区首位・昨季リーグ王者のタイガースを牽引する1番打者:グランダーソンでは?

躍動感溢れる“三塁打”というのは時としてある本塁打より華があって、攻撃側に勢いをもたらし、守備側に動揺を誘い、見る側に興奮を与える、野球の醍醐味の象徴♪ そして実は現在ア・リーグ打者の三塁打ランキングでトップに立つのがこのグランダーソンで、今季ここまで実に19本!もの三塁打を記録して首位独走中☆☆☆ 2位のクロフォード(デビルレイズ)が8本なのだから、グランダーソンの異常ともいえる突出ぶりがわかる(ちなみに岩村が6本で7位タイ、イチローが5本で13位、井口が4本で18位タイ......19本ってナニ?!)。この恐るべきリードオフマンが着実に塁に出て(現在打率.291)強力なクリーンナップが返すという得点パターンこそ、知将リーランド監督のもと強打と機動力を兼ね備える今季タイガースの強みと考える(加えて5番ギーエンも俊足&長打力を活かして三塁打8本のランキング3位!)。彼にフォーカスして今日の試合を振り返ってみると、3打数ノーヒット・1四球。彼の出塁を極力抑えたペティット/ポサダのバッテリーが巧かったワケだ。ヤンキースが今月まだ6試合を残すタイガース戦、恐怖の三塁打者王を徹底的に封じ込めて、月末のレッドソックス戦までにゲーム差を縮めてほしいと切に願うばかり。勿論、勝利を呼び込む打線の軸としてGODZILLAマツイ大爆発もゼヒ♪(ガォ〜っ!!) それにしてもMAJOR.JPのサイトは各種データが豊富で検索もしやすいし至極便利。“公式ライセンシーサイト”のカガミっ(拍手)。

#この苦境にもし井川が呼ばれて貴重な左腕として終盤活躍・貢献すれば......少しは信頼回復されそうだけど(爆)。
#一方、マリナーズも終盤追い上げられたものの逃げ切って勝利(安堵)。ジョーはノーヒット、イチローは1安打だったものの、5得点はいずれもいい流れを呼び込んだ印象。年俸20億(!)の使えないオトコ=セクソンもほんの少しずつマシにはなってきた(2割前半じゃ依然給料泥棒だけど......もっと自覚しろ!)。このまま勝ち続けてエンジェルスを抜き、ヤンキースともども地区優勝でポストシーズン進出を♪(ごめん、DIce-K)

|
|

« 完成間近☆イーグルス“新譜”は日本で無事買えるか?! | トップページ | 8.18 FC東京現状(惨状)視察@@ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/7582153

この記事へのトラックバック一覧です: [MLB] デトロイト・タイガースの要注意人物。:

« 完成間近☆イーグルス“新譜”は日本で無事買えるか?! | トップページ | 8.18 FC東京現状(惨状)視察@@ »