« [Lutecia the 3rd]☆ フレンチ・コネクション'07夏 - 噂のCITROEN C4 Picassoと初対面!! - | トップページ | [F1] 12 of 17@トルコ »

2007.08.26

記録するに値するもの。

ジェフ・ポーカロのドラミング。王貞治の本塁打。野茂英雄のノーヒット・ノーラン。アイルトン・セナのドライヴィング。マイケル・ジョーダンの3ポイント・シュート。音楽でもスポーツでも何でも、素晴らしいプレーはひとりでも多くの人に知ってもらえるよう、また後世に伝えられるよう、残しておくべきだと思う。記録するに値するものとして。


070825a070825b8月25日夕方、外出先から帰宅すると佐川急便で荷物が届いていた。前日メールで完成&発送の案内が届いていた予約済みの8枚組DVDボックスセット商品TOSHIKI KADOMATSU The Traces of 1998〜2006:The 25th Year DVD BOXである。“角松敏生デビュー25周年を記念して1998年武道館のHe is Back以降の全コンサートツアーを網羅したヒストリーDVD-BOX...音楽ディスク7枚+プレミアムディスク1枚の8枚組で構成...1998年〜2006年までの角松敏生の軌跡が克明に...その殆どが未発表の貴重な映像...”というこの作品は、彼のヒストリーである一方で、彼が敬意を表して共に音楽を奏でてきた一流のミュージシャン達の記録でもある。今は亡き青木智仁/浅野“ブッチャー”祥之両氏の素晴らしき演奏が存分に収められているというだけで、迷わず予約購入を決断することができた(価格も8枚組ということと内容のクオリティを考えれば非常に良心的だと思う。このパッケージ発売を可能にした通信販売システムと角松の英断に拍手☆)。

結局土曜夜は姪/甥の相手をしたり急ぎの仕事があったために開封する余裕もなく、明けて本日26日にようやく商品本体と対面。問題は.....どのディスクから観ていくか。本ボックスセットの解説ブックレットに目を通しながらしばし考えるものの、そこに掲載されている角松のセルフ・ライナーノーツの内容が深い。あまりに真摯で深い。故人となった盟友2人への想いや、支えてくれるミュージシャン達へのリスペクト、ミニ・アルバム『The Past & Then』、スペシャル・ライヴ“The Past & Then 〜Tripod〜”、アルバム『Prayer』、“Player's Prayer”ツアーのメンバー構成に至った経緯/理由etc.も含め、これを読むためにBOX-SETを購入してもいいほどの意義深い内容だ。そんな彼のコメントに目を通した上で、最初に開封するのは青木/浅野両氏および沼澤尚氏が揃ってステージに立った最後のツアーにあたるDisc-5[Fankacoustics 2003.03.31 TOKYO KOKUSAI FORUM : Tour Final]に決めた。高熱で朦朧としながら足を運んだあの日のステージの重みを噛み締めつつ、改めて素晴らしき演奏の数々に耳を傾けたい。

[記録するに値するもの。]との出逢いは、幸運に恵まれた、実に素晴らしい出来事なのである。

|
|

« [Lutecia the 3rd]☆ フレンチ・コネクション'07夏 - 噂のCITROEN C4 Picassoと初対面!! - | トップページ | [F1] 12 of 17@トルコ »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

角松敏生」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/7687065

この記事へのトラックバック一覧です: 記録するに値するもの。:

» 【F1動画】グランプリの涙 [F1GPニュース・動画WEB]
セナに涙するミハエル・シューマッハ。ポディウムでブラジル国旗を手に涙するルーベンス・バリチェロ。F1の歴史は、喜びも悲しみも常に背中合わせだ。F1 history with the 3 all time greatest drivers.the good and the bad timesF1 video-F1 history [続きを読む]

受信: 2007.09.15 11:28

« [Lutecia the 3rd]☆ フレンチ・コネクション'07夏 - 噂のCITROEN C4 Picassoと初対面!! - | トップページ | [F1] 12 of 17@トルコ »