« デビューイヤーにして王者目前・ハミルトンはロッシtypeか、ミハエルtypeか。 | トップページ | 今宵、区切りの50,000hit超えてマシタ☆ »

2007.10.02

[MLB] 稼頭央復権☆井口健在!

メジャーリーグ(NHKはいまだに“大リーグ”って言うけど、何に対して“大”なワケ? そろそろ改めるべし)の仕組みにはほとほと感心する。シーズン終盤の消化ゲームを極力排除すべく、地区優勝やポストシーズンへの進出条件と日程優遇措置などに勝率や順位をことごとく絡めてある。ファンを楽しませ、選手・球団を奮い立たせる素晴らしいアイデア満載だ。だからこそ、各球団ともシーズン後半に残された可能性を信じて夏のトレード期限ギリギリまで積極補強/弱点克服に努める。そんな中、今季の夏季補強で最も成功した部類に入るのが......頂点から滑り落ちて今季も最下位で低迷するホワイトソックスから井口を獲得したフィリーズでしょ☆ 日本野球での経験を武器とするマニエル監督が彼を獲得したのは、ただ正二塁手故障離脱の危機を埋めるのみならず「彼は野球を知っている」と称賛するように、優勝に向けて必要な人材と信じての行動だったと思う。井口は見事期待に応えて、移籍後はいきなりレギュラーで大活躍したし、正二塁手復帰後も大事な局面でキッチリ仕事をこなし......ついにシーズン最終戦でダイアモンドバックスを叩いて(ここでも代打・井口がきっちり犠牲フライで貢献)同率首位メッツを突き放し劇的な逆転地区優勝を達成!!!!(最終戦のマウンドをグラヴィンに託したランドルフ監督は彼の信じられない乱調に驚いただろうな>ワイルドカードすら獲得できなかったメッツ) ポストシーズンでは相手投手によって井口の先発起用も考えるというから見逃せない。突然の移籍に涙したのが僅か2ヵ月前!なんだから、世の中なにが起こるかわからない。望まれて踏み入れた新天地での活躍、さらに続けてほしい(井口資仁公式サイトには既に喜びのメッセージが☆)。その井口が古巣ホワイトソックスに移籍した際の金銭的評価は彼のポテンシャルからすれば不当に安くお買い得だった。何故なら、イチローの太鼓判を受けて前年高額でメッツに加入した松井稼頭央が予想外の低迷に苦しみ、日本人内野手への期待感が一気に反転してしまったからにほかならない。結局、日本人選手を獲得しては上手く実力を引き出せないメッツ(もう日本人穫るな!)で故障と不振を繰り返したあげく、彼は半ば放り出されるようにコロラドの高地へ拠点を移す事になった。でも......このロッキーズへの移籍が稼頭央復権へのターニングポイントだった☆ 監督の信頼に応えて彼本来の機動力とセンスが発揮されれば、チームの切り込み隊長として申し分ない存在になるのは当たり前であり、イチローの顔も立つってもの^^; 06年後半の活躍が実り、今季は最初からロッキーズの一員としてスタートを切った。NYでの悪夢から解放された今季の稼頭央は、渡米時に期待されたプレーをようやく披露することに成功♪ 左右どちらでも十分通用する打撃力と走塁センス、そしてメッツ時代のコンバートにより今やすっかり板についた軽快な二塁守備は、今やロッキーズの生命線。なんとシーズン終盤に来て14戦13勝(!)の驚異的なペースで最終日にパドレスと同率2位となり、本日たった1試合限りのワイルドカードを賭けたプレーオフに臨んだ(9月上旬の抽選でコロラド本拠開催権獲得済みだった♪)。NHKが泣いて悔しがるべき?!文字通りの決戦は、ナ・リーグ投手部門で3冠獲得したパドレスのエース=ピーヴィーを相手にロッキーズが6点をもぎ取りながら(稼頭央は初回いきなり出塁して生還、4回にはその時点の決勝犠飛球)相手も3回の大量点で粘り、8回ついに同点に追いつき、試合は延長戦へ。早くから細かい継投策でしのいできたロッキーズは、相手に再三決定機を作られるもギリギリでしのいでいくものの、延長13回表に“パドレスから獲得した”フリオを投入するなり、致命的な2ランを浴びて絶体絶命に@@ それでもツインズから獲得したオルティスを投入して後続を断ち、1番から始まる運命の13回裏にかろうじて望みをつないだ。すると......満を持して投入されたパドレス守護神ホフマンを相手に先頭バッター稼頭央がカウント2-2から見事センター前二塁打を放ち、俄然ホームの雰囲気を盛り立てる。MLB屈指のクローザーは極度のプレッシャーにさらされたのか、二番トゥロウィッキーに2-3まで粘られたあげくセンター前二塁打を献上し、快足・稼頭央の生還で1点差。続く三番ホリデーが動揺するホフマンの初球をとらえて何とタイムリー・スリーベース!!!!!! 一時絶体絶命かと思われたロッキーズは、同点に追いついてなおもノーアウト三塁というサヨナラの絶好機を迎えることに。それでもホフマンに託すしかないパドレスは四番ヘルトンを敬遠して、無死一・三塁で五番キャロルとの勝負を選択。すると......そのキャロルが運命の初球を打ち、見事レフト犠牲フライ! なんとつい先日まで大差の地区3位だったロッキーズがナ・リーグのワイルドカードによるポストシーズン出場権を獲得してしまった☆☆☆☆ いやー、これは昨日のフィリーズに続いてあまりにもドラマチックな結末。そのストーリーの重要な役割を果たしたのは、日本でのライオンズ黄金期(王さん&ホークスのファンとしては悔しかったけど^^;)を支えた経験が光る稼頭央の活躍に他ならないと思う(彼の歓喜のコメントを本人公式サイトで既に公開中!)。東地区であえなく敗退したメッツのフロントは、果たしてこの試合を見てくれていただろーか? 今の稼頭央なら、ここ数年の鬱憤を晴らすべく、まだまだ大暴れしそうな予感がする。ここまで松井(秀)/松坂/岡島の揃う(井川は仕方ないね。惜しくも届かなかった城島&イチローはお気の毒さま....orz)ア・リーグに注目集まっていたけど、井口/稼頭央がチームの核弾頭として出場するナ・リーグのポストシーズンも超魅力満載だと思うので(おまけに、井口フィリーズと稼頭央ロッキーズがいきなり激突@@ モッタイナーイ!)マスコミ各社にはタップリ報道していただきたく(但し、日本人選手の個人成績ばかり追わずチームの勝敗もキチンとね)。まずは今宵NHK BS1で放送予定のポストシーズン向け特番で今日の決戦のハイライトシーンを余すところなく伝えてくれれば(1球単位でネット速報してくれるMAJOR.JPに大感謝。最高っ☆☆☆)。この井口と稼頭央、そして今季同じような走攻守に渡る活躍でチームに貢献した岩村の存在が、再び日本人内野手の評価を高めたことは間違いないと思う(勿論、マリナーズ浮上で高い盗塁阻止率と長打力が全米に伝わり始めた城島も日本人捕手の誇りだ!)......さて、次に海を渡るのはいったい誰?

#ワールドシリーズ、西武ファンの皆さんはレッドソックスvsロッキーズの大輔vs稼頭央をお望みなんだろうけど^^;自分的には近年の“ワイルドカード進出>ワールドシリーズ制覇”ジンクスからヤンキースvsロッキーズのワイルドカード対決か、ヤンキースvsフィリーズの東地区対決が希望カードかな。クレメンスもリベラもムッシーナも衰え顕著だし@@手遅れになる前にジーター&ゴジラにご褒美あげたいから♪

#いまさらだけど、井口&ジョーの穴は大きいなぁ>我らがホークス(++) 王さん、お気の毒@@

|
|

« デビューイヤーにして王者目前・ハミルトンはロッシtypeか、ミハエルtypeか。 | トップページ | 今宵、区切りの50,000hit超えてマシタ☆ »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/8207188

この記事へのトラックバック一覧です: [MLB] 稼頭央復権☆井口健在!:

» 松井稼頭央 2007/09/28~10/04 [最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第五倉庫 スポーツ・格闘技]
松井稼頭央についての最近の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007.10.04 05:53

» 松井稼、先制タイムリー! ロ軍は球団史上初のリーグCS進出 [エンタメ愛好者の憂鬱]
松井稼頭央選手、ナ・リーグCS進出おめでとうございます。ロッキーズは初なんですね。アリゾナに勝つようなことがあると一気に頂点へってこともあるかもです。松井稼選手は去年メッツから移籍後.345、今年は104試合に出場し、打率.288ながら出塁率.342、32盗塁84得点でトップバッターとして地区優勝に貢献しました。自慢の”足”が戻ってきたんで来年以降も楽しみです。さてプレーオフの状況はどうでしょう。松坂・岡島のレッドソックスは2連勝して明日からアウェーwですが、1敗してもベケッ...... [続きを読む]

受信: 2007.10.07 19:50

« デビューイヤーにして王者目前・ハミルトンはロッシtypeか、ミハエルtypeか。 | トップページ | 今宵、区切りの50,000hit超えてマシタ☆ »