« ハミルトンの日本GP・SC導入時の行動に異議続出でやっぱり処分も?! | トップページ | Norickの駆け抜けた日々。 »

2007.10.07

英国期待の新星は能力抜群も素行に大いに問題あり。

雨中の日本GPにおいて、他のドライバー達からも非難されているセーフティーカー導入時のトリッキーな走行が審議対象になったポイントTOPのルイス・ハミルトンは、驚いたことに「処分するならF1辞めてやる!」みたいな発言をしてFIAを脅すという暴挙に。これがミハエルやアロンソ、あるいは非欧州系だったセナならば、一層の厳罰もあり得ただろーに......なんとハミルトンはお咎めなしの無罪放免に!(驚) 彼の危険走行のせいでウェバーに追突したヴェッテルへのペナルティが解除されたってことは「ハミルトン有罪」を認めたも同然なのに(おまけにハミルトン擁護?なのかウェット・コンディションでのSCルールが改訂されちゃうなんて!)。これは間違いなく久々王座狙える英国系ドライバーだからこその大甘裁定だったに違いないね。おまけに今回も含めハミルトンに度々こんな発言させてるロン・デニスの管理能力は最早ゼロに等しいし、いくらでもワガママ許されるようではF1界全体がおかしくなってくんじゃない? ドライビングスキルも状況判断も素晴らしいことは間違いないけど(惜)......ヤリ手の親父さん共々こんな身勝手な振る舞い許してたらイカン!(彼はミハエル引退後の“新・悪の帝王”として君臨したいわけ?!) 神よ、暴走する新星に正当なる天罰を。先輩ドライバーたちよ、再度天候不順の中国GPで意地見せろっ!

|
|

« ハミルトンの日本GP・SC導入時の行動に異議続出でやっぱり処分も?! | トップページ | Norickの駆け抜けた日々。 »

F1」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

下手に処分すると(国籍はイギリスだけど)有色人種にたいする差別とか言ってくるんじゃないかと思われ...

投稿: ΜΟЯΙΟ | 2007.10.07 21:44

 厳罰が・・・。
でも楽しくなりました^^
らいこねんでしょ。やはり。^^
赤い車が良いのではなく、ドライバーがよいのです。

たくまポイントランキングの隅にいるのがかっこよすぎ。
来年に期待^^

投稿: ひろぽんっ♪ | 2007.10.08 01:27

☆ ΜΟЯΙΟ先輩
それは一瞬頭をよぎりましたし、可能性はありますが、
度重なる彼の言動はともかく、日本GPでの一件における非は
過去のミハエルやアロンソの行為よりも遥かに明らかだったと思います。
なので、デリケートな側面も十分に理解しつつ
やはり理路整然とF1の良識?!において処分すべきだったと考えます。
そこで差別云々を持ち出すのは、それこそあきらかにアンフェアですよね。
“過去のチャンピオン”達と同等の“洗礼”を与えることこそ
彼の名誉に繋がったんじゃないですかねぇ。

☆ ひろぽんっ♪さん
悪天候ながらも日本GPのような“SC先導の長時間パレード”がなく
随所でバトル展開される面白いレースでしたネ!>中国GP。
チームの作戦ミスと本人のミスでまさかノーポイントとは^^:
まだまだ彼が断然有利とはいえ、チャンプの可能性が3人にあるのは
実に喜ばしいことです! 最終戦、楽しみじゃないですか〜〜〜。
よーやくBSタイヤに慣れたライコネンが、最終戦ブラジルGPで
地元マッサのアドバイスを受けつつ、三たび大暴れしてくれれば!
アロンソも現チャンプとして、素晴らしいパフォーマンスをゼヒ。
トロ・ロッソのW入賞(!)と本家HONDAのバトン健闘により
SAF1の年間順位は一気に落ち、来季分配額も激減ですが@@
マシンの故障にもめげずタクマはよく頑張ったと思います!
いやー、最終戦が超待ち遠しいですっ(^^)/

投稿: <たぁ> | 2007.10.08 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/8281046

この記事へのトラックバック一覧です: 英国期待の新星は能力抜群も素行に大いに問題あり。:

» 【F1動画】古舘伊知郎が語るホンダF1ヒストリー [F1GPニュース・動画WEB]
古舘伊知郎がうるさい。うるさいのが古舘伊知郎。古舘伊知郎が語るホンダF1ストーリー。1991年の古舘伊知郎、ホンダF1の歴史を貴重な映像とともに。HONDA F1伝説エブロ 1/20 ホンダ RA271 F1 [続きを読む]

受信: 2007.10.07 16:54

« ハミルトンの日本GP・SC導入時の行動に異議続出でやっぱり処分も?! | トップページ | Norickの駆け抜けた日々。 »