« アップダウン激しい1週間にピリオドを。 | トップページ | 台風一過☆爽快かつ不愉快な日曜日。 »

2007.10.27

ミュージシャンシップ。

070825b最近、仕事の合間etc.によく観るのが8月末に発売されたTOSHIKI KADOMATSU The Traces of 1998〜2006:The 25th Year DVD BOXの[Disc 7:Behind the scenes of 2006 "Player's Prayer" Tour]である。25周年の節目に制作されたアルバム『Prayer』('06)の海外/国内レコーディング〜全国展開されたツアーまでの密着ドキュメントを角松自身が編集したこのDVDを観ていると、一流ミュージシャン達の奏でる高度な演奏が、互いの交流が深まるにつれて一層素晴らしいものになっていく過程にたとえようのない感銘を受ける。角松敏生(Vo,Gt)友成好宏(Piano,Key)小林信吾(Piano)森 俊之(Key)田中倫明(Per)大儀見 元(Per)江口信夫(Ds)今 剛(Gt)松原秀樹(Ba)千秋(cho,Vo)凡子(cho)のレギュラー・メンバーにゲスト沖縄ミュージシャンの上地一成(Vo, 三線)新良幸人(Vo)、そして2006.12.14-16東京・中野サンプラザ3DAYS "Player's Prayer Special"でアルバムに続く共演が実現したスペシャルゲストSTEVE GADD(Ds)......いずれも超一流のプレーヤーながら、リスペクトし合って演奏を練り上げていく様はまさに圧巻。昨2006年終盤の11/23神奈川県民ホールにおける通常公演と12/16東京公演最終日で実際に味わうことができた感動が瞬時に蘇る(松原さん不在の公演で素晴らしいお人柄と渋く堅実な演奏を披露されていると評判の山内薫さんのベースプレイのみ未だナマで拝見/拝聴できていない事がチョット惜しい)。角松を公私ともに長年支えてきた青木智仁/浅野“ブッチャー”祥之両氏が自身の音楽活動の軸足をよりパーソナルな嗜好重視に移すことで角松に新しい刺激と感動を与えようとした貴重な機会だったように思う(そのあとに訪れた二人との“永遠の別離”はあくまでも偶然であって......合掌)。売れっ子プロデューサーである森俊之氏の参加は完成の域にあった友成/小林両氏の鍵盤チームに新しい化学反応をもたらしたし、千秋/凡子の沖縄美声コンビによるコーラスワークは独特の透明感としなやかさで角松の声を包み込んでいた。田中倫明/大儀見元両氏の日本最強パーカッション・コンビはグルーヴの心地好さをさらに深めてたし、そして......スティーヴ・ガッドとのツイン・ドラムをスムーズに展開した江口信夫氏のクレヴァーなドラミング。レギュラー・スティックとブラシ、ハイハット系とライド/カップ系、スネア系とタム系、互いに役割分担しながらも繊細にして強固な1つのリズムを生みだしていた豪華ツイン・ドラムは間違いなく昨年末スペシャル公演のハイライトだった(拍手)。そんな素晴らしいツアー終えた角松が打ち上げの席で「またこのメンバーで必ず!」と語るシーンも、前述のドキュメントDVDにしっかり収められている。

そして、その決意は本当に遂行され、TDK Presents TOSHIKI KADOMATSU Performance 2007〜2008 “Player's Prayer”RETURNSとして現在全国展開中。ガッドこそ参加していないものの、日本のトップ・ミュージシャンが多忙な日々を過ごしながらも各地のステージで名演を披露している模様。東京公演は夏に渋谷AXにて披露されたものの仕事で足を運べず、残るは12月の中野サンプラザ公演3daysのみ。当初発表された2daysの2日目・12/14公演はファンクラブ予約で完売だったらしく、初日・12/13公演は8/12に一般発売されたものの、所用で出かけていたためアクセスできずじまい@@ その後も忙しさにかまけて追いかけるのを忘れていたものの......先日授業を終えた学校帰りに最寄りのローソンに立ち寄り、携帯にメモしておいたLコードをLoppiで検索してみたところ......なんとメデタク12/13公演チケット入手に成功☆(予約キャンセルとかあったのかもネ) かくして、さらに熟成を重ねたフル・メンバーでの素晴らしいコンビネーションを今年の年末にも聴く事ができる運びに(ホッ)。もしも諦めている方や今から関心持った方はローソンLoppiへ今すぐ走った方がイイ♪ 巨匠・今剛大先生のギタープレイや豪華鍵盤トリオのアンサンブルを生で観れる機会は本当に貴重だと思うから。おそらくファンクラブ申込のみで完売するであろう12/15追加特別公演 "Player's Presents Ballad Night"は12/12にリリースされる新しい試みのリメイクによる角松バラード集にフォーカスしたものらしいので、それを知った上で余計に通常メニュー(+αも?!☆)の初日を観に行きたい!と思いローソンへ立ち寄った次第。来春のボズ・スキャッグス/TOTO“師弟?!”共演ライヴともども(あ、TOTOの"Falling In Between Live" [from UK] [Import]がいつの間にかジャケ写アップされて10/29発売になってる!)一流ミュージシャンによる生演奏の素晴らしさを味わえるのが今から超楽しみ☆ さ、いろいろ予習&イメトレしておかねば。森俊之氏のローズが大活躍と評判の「海」を聴けるなんて(ナイス選曲!)。



|
|

« アップダウン激しい1週間にピリオドを。 | トップページ | 台風一過☆爽快かつ不愉快な日曜日。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

角松敏生」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/8021583

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージシャンシップ。:

« アップダウン激しい1週間にピリオドを。 | トップページ | 台風一過☆爽快かつ不愉快な日曜日。 »