« [Lutecia the 3rd]☆ SKYLINEの2ドアモデルばかり乗り継いだ昭和の男とその息子の話。そして愛車ルーテシアについてのある決断。 | トップページ | [A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 新相棒納車。 »

2007.12.26

[Lutecia the 3rd]☆ 健脚の良き相棒ルーテシアに改めて感謝。SAYONARA。

Lutecia_071226average_kmhLutecia_071226distanceLutecia_071226fuelusedLutecia_071226average_l遂に本日2007年12月26日・午後、日本上陸とほぼ時を同じくして購入してから約1年9ヵ月に渡り我がファミリーの良き足を務めてきてくれたルノーの第3世代ルーテシア(本国名:CLIO)1.6・3ドアHB(5MT)を、購入先にして売却先となったルノー府中に引き渡してきた。甲州街道走行中、白糸台のディーラーを目前にしてオドメーターがようやく6,000kmを刻んだことからもわかるように、自らの忙しさからなかなか距離を伸ばしてやることができなかった。遠出といえば、せいぜい昨06年秋・鈴鹿サーキット開催のF1日本グランプリ観戦と、同じく昨年末の伊豆半島1周程度。特に鈴鹿遠征時に感嘆した、どこまでも矢のように飛んでいきそうな直進安定性とハンドルのシッカリ感はルーテシアの特筆すべき長所ゆえ、排気量1,600ccのコンパクトカーとは思えない高速走行時の驚異的なスタビリティをもっと発揮させてあげたかった。実際、オンボード・コンピューターの最終DATAを確認してみると、平均時速22.7km/hという数値からは渋滞と近距離移動を主体とした生活圏での使用頻度が圧倒的に高かったことがうかがえる。いわゆる“タフ・コンディション”と呼ばれる使用環境である。にもかかわらず、平均燃費がリッター10kmを切らなかったという事実は、ボディ大型化&安全対策強化を施しながらも十分軽量な車体と、数値以上にパワフルかつリニアな出力を誇るエンジンの組合わせが非常に優れている証しと言える。十分以上の広々とした後席スペースを確保しながら最小移転半径5.1mを実現した取り回しの良さと併せて、小型車の本場=欧州で'06カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した仏車の実力を存分に享受でき、改めて自らの選択は正しかったと思う。日本上陸当時から話題になった電動パワステのフィーリングも日常使用で何の問題もなく、むしろ慣れれば慣れるほど便利さも実感できた。ようするに“味”“テイスト”であって、十分許容範囲なのであり、アジャストできない人こそ融通が利かないのである♪ ステアリングホイールのサラリとした触感、存在意義を初めて教えてくれたヘッドレスト、多彩な表情を魅せる塗装、馴染む程に心地好いシート、3,000km/5,000kmと距離を伸ばすごとに次の段階へと快適さが増していくしなやかで頼もしき足回り、FF車ながら非常に節度がありリズミカルな運転を可能にする5速マニュアル・トランスミッション......一度も故障/不調に見舞われなかったせいか、良いことしか思い出せないのは、ルーテシアと共にしたこの21ヵ月が非常に恵まれたものであったということだろう。思わぬというか、予想より早く訪れた環境の変化でこうして急遽手放す事になったものの、すぐに新しいオーナーの方に巡り会い、素晴らしいパートナーとして走り続けていってくれると確信しているし、また願っていたい。オットマンブルーのメタリックボディーに相応しく見事に晴れ渡った冬空のもとでサヨナラできて、本当によかった。今は感謝の気持ちでいっぱいだ☆

ルノー府中の駐車場にて別れ際に最後のショット。Lutecia_071226b

|
|

« [Lutecia the 3rd]☆ SKYLINEの2ドアモデルばかり乗り継いだ昭和の男とその息子の話。そして愛車ルーテシアについてのある決断。 | トップページ | [A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 新相棒納車。 »

クルマ」カテゴリの記事

ルノー・ルーテシア III」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うえ~ん。。。(涙
でも、いいさよならが出来てよかったですね。
なんだか、ずっとたあさまの愛車のことを想って、淋しい気持ちでいました。。
でも出会いとさよならの繰り返しですからね。
私もますます愛車に愛着もって、皆さんに紹介していきたいと思います。

投稿: maiko | 2007.12.29 13:17

☆ maikoさん
“青い弾丸号”として皆様に愛された我がルーテシア。
同じ3ドア仕様に乗るmaikoさんにそこまで想っていただき
とても光栄です。ルーテシアもきっと大喜びだと思います。
寿命・故障や不満が原因での別れじゃないだけに
これまでに味わったことのない不思議な心境なのですが
1つ言えることは、愛車にしてとてもヨカッタということです♪
鮮やかなカラーが映える抑揚豊かなボディデザインや
芸術的な造りのヘッドライト、軽快な走り......。
ヴォルケーノ・レッドが超魅力的なmaikoさんのルーテシアが
これからも多くの方々に新たなオーナーへのキッカケを与えると
信じてやみません。アクティヴな日々の頼もしい相棒ぶりを
どんどんブログで公開していってくださいネ!
モチロン、引き続き毎日巡回させていただいてますのでっ☆
そして、あのオットマンブルーMの5MTルーテシアが
素晴らしい新オーナーさんに出逢うよう、祈っててクダサイ(^^)/

投稿: <たぁ> | 2007.12.29 22:56

しばらくご無沙汰してた間に、こんなことになってたなんて・・・。
同じ時期に3ドア仕様を購入した者としては、あまりのショックに言葉もありません。
でも、「良いことしか思い出せない・・・」と言う言葉に救われた気がします。
lute-kichiさんも同じようなこと言われてましたよね。
ウチのeLeちゃん、これからも<たぁ>さんやlute-kichiさんの分まで大切に乗っていきたいと思います。

投稿: MC | 2008.01.29 18:04

☆ MCさん
いやー、仕事&風邪でバタバタしててお返事超遅くなりマシタ!!!
MCさんには真っ先にご報告しようと思った突然の買い換え事件。
自分が一番焦りマシタし悩みマシタ、実際問題として@@
美しき3ドアを選んでいたが故に遭遇した事態でした。
購入時に実車確保〜納車まで奔走してくれた営業さんが
昨年夏に日産内で異動されて以来、残念ながら日常において
後任の方もわからずディーラーと連絡途絶えてしまっていたため
(人員減ってきっとフォローしきれなかったのかなぁと....orz)
ルーテシア5ドアやメガーヌ、カングーへは移行せず(++)
タイミングよく連絡取れたこともあり
再びアウディに回帰することになりました。
ただ、手放すにあたって最終的にルノーに引き取って頂き
よかったなぁと思っています。認定中古車事業を始めたことですし
やはりルーテシアをお探しの方が一番多く集うはずですもんネ。
ルノー車には間違いなく他メーカーにない魅力満載ですし
昨年も仏国内第1位の販売台数を記録したそうですから(拍手!)
日本法人にはもっともっと頑張っていただきたいなぁなんて思います。
自動車業界の方にもルノー車を絶賛しつつ惜しんでいる方がいらっしゃいマスし。
http://www.hobidas.com/blog/rosso/mjb/archives/2008/01/post_289.html
そうそう、あんなに街中で探しまくったルーテシア3ですが
先週所用で出かけた際に、なんと2回もすれ違ってしまいマシタ。
それもかなり自宅に近い道路で♪
(オータムイエローとブルーグレーメタリックでした☆)
自分が乗り換えた途端に遭遇しちゃうなんて、フクザツでした^^;
でも、kinukoさんも“同じ色”のeLeとすれ違ったそうですし(!)
MCさんの周辺でもそろそろお仲間増えてきそうな予感が。
ぜひぜひルーテシアの良さをふれまわってクダサイ!
ブログは引き続き楽しく拝見させていただきますネ。
では、今後ともどうぞヨロシクお願い致します!!!!!! m(__)m

投稿: <たぁ> | 2008.02.01 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/9580332

この記事へのトラックバック一覧です: [Lutecia the 3rd]☆ 健脚の良き相棒ルーテシアに改めて感謝。SAYONARA。:

« [Lutecia the 3rd]☆ SKYLINEの2ドアモデルばかり乗り継いだ昭和の男とその息子の話。そして愛車ルーテシアについてのある決断。 | トップページ | [A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 新相棒納車。 »