« 38歳で現役生活にピリオド。 | トップページ | 無灯火ないとらいだーず>'08MotoGP開幕戦@カタールとSAF1延命☆の話。 »

2008.03.07

春ノヒトトキ。

080306a080306b080306c080306d卒業/進級を賭けた学生達の追再試課題をどーにか無事回収・採点終えることができたので(みんなオメデト☆)3月6日・木曜日の午後は、母方の伯父から招待券を譲り受けていた『現代美術にみる自己と他者 Self / Other』展開催中の東京国立近代美術館まで出かけてみた(3月9日・日曜日で終了してしまうので。ぎりぎりセーフ!)。実は最寄駅となる東京メトロ/東西線:竹橋駅で降りたのも、この美術館へ立ち入るのも自身初めて。美術館にしろ映画館にしろ嫌ってるワケじゃないものの、普段なかなか時間作れず自然と遠い存在になってるかも@@ 久しぶりにこうした展示を見て回ったけど、昔ながらの写真/絵画/オブジェだけではなく、数多くの、それも非常に優れた映像作品が数多く展示されていて、ウラシマタロウのごとく時代の移り変わりを感じた。事実、映像クリエイターの方々の手法や発想には、新鮮な刺激を受けた。こういう世界もあるんだなぁと。時間あったら動画編集にも手を出してみたいけど......うーん。その一方で、瞬間を切り取った銀塩写真や何層にも渡って描きこまれた絵画などの説得力に改めてうならされたり。Macのモニターの中で様々な処理が可能になったとはいえ、やはりホンモノの迫力には圧倒される。まぁ、結局はアナログかデジタルかといった手段や過程が大切なのではなく、出来上がった作品そのものが全てなんだけど。そういえば今回のテーマ「自己と他者」「Self / Other」に沿って出展された作品やそこに添えられたいくつかの解説/案内文を呼んでいるうちに、あるアニメーション作品のことを思い出した。「わたし」「他者」「存在」「アイデンティティ」「コミュニケーション」「主観」「客観」「自覚している自分」「他人から見た客観的な自分」「いずれも自分」........こりゃ『エヴァ』の世界観だと☆ 会社勤め時代、同い年の仲間から「他人肯定/自己否定タイプでキミにそっくりな主人公^^;の番組があるヨ」と教えられてTVシリーズ夏休み三日間集中放送みたいなのを一気に観たのが世間を賑わせていた例の『新世紀エヴァンゲリオン』を知るキッカケだった。『ヤマト』世代?!の人間が“イマドキのマニア向けアニメーション”についていけるのか?と心配したものの、噂の庵野監督と優秀なスタッフによって構築された世界観と中盤〜終盤に向けての怒濤の展開はナルホド大人の鑑賞にも耐え得るというか難解というか、非常に興味深いものだった(学生との接点持つ意味でも観といてヨカッタと時折思う作品。今改めてTVシリーズ観たらどうなんだろ。表記を『新世紀ヱヴァンゲリヲン』に改めて'07夏から新劇場版4部作展開中だけど、10年前に話題になったあの世界観が果たしてどう深化・再構築されていくのか実は興味津々。『序』観ちゃったし☆)......美術館内でそんなことを思い出したので、iPod nanoの選曲をエヴァ劇場版使用曲だった鷺巣詩郎さん作のLoren & Mash「THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-」(エヴァ云々に関係なく普通に音楽ファン必聴の素晴らしい楽曲。よくぞ持ち歩いてた♪)に切り替えて以降の展示を観て回ったところ、案の定、展示の雰囲気とシンクロ率400%?!といったところ(それまで聴いてたParis Matchの新譜も充分アリだったけど☆)。いずれにしても、この『現代美術にみる自己と他者 Self / Other』はなかなか面白いので、興味のある方はラストチャンスとなるこの週末東京国立近代美術館@竹橋に足を運んでみては?

いつ以来かわからないほど貴重な機会となった美術館訪問は大いに刺激的で、満喫しまくり(ってゆーか、午後から出かけたので他のフロアまで行けず正直時間足りなかった@@)。ここ数ヵ月何だかずーっとせわしなかったし、ようやく自分の時間としてジックリ過ごせた気分で、こういうヒトトキはやはり時折必要だと再認識。自己管理のポイントとして、以後留意しておこう。リフレッシュした勢いで、閉館間際の美術館から北の丸公園を抜け(ライヴ観に来るときしか日本武道館に訪れたことなかったので@@これまた非常に新鮮なウォーキングTIME)さらに九段下ではなくJR飯田橋まで久々に歩いてしまった♪ ここんとこ運動不足気味だったし、クルマでの移動も好きだけど、元々電車+徒歩も好きなんだな、実は。ただ、開放感から帰りはマスクするのをすっかり忘れて大気吸いまくる失態......うー、今日はクシャミ止まらず目も痒い〜〜〜〜〜〜(++)。これだから春はキライ(ツライ)。

#鷺巣詩郎さんって、元アリスのDrummer矢沢“キンちゃん”透さんと昔一緒にユニット組んでた記憶残ってる(懐)。えーっと、あと1名外人さんが......あっ、John.J.Stanleyさん!(って、八神純子ねーさんのご主人様ジャン☆) ユニット名は“BLEND”。ちょっと早過ぎた試みだったのかも。それにしても今日はゲージツの話と懐メロの話とアニメーションの話か......なんと珍しい^^;

080306e_2080306f080306g080306h080306i080306j080306k080306l080306m080306n080306o080306p080306q080306r080306s080306t080306u080306v080306w080306x


|
|

« 38歳で現役生活にピリオド。 | トップページ | 無灯火ないとらいだーず>'08MotoGP開幕戦@カタールとSAF1延命☆の話。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/11054010

この記事へのトラックバック一覧です: 春ノヒトトキ。:

« 38歳で現役生活にピリオド。 | トップページ | 無灯火ないとらいだーず>'08MotoGP開幕戦@カタールとSAF1延命☆の話。 »