« 070324とは異質の不安を胸に明日080602は日産スタジアムへ。 | トップページ | 080531:ルノー府中閉店・統合を惜しむ。 »

2008.06.01

名門復活を賭けてNBAファイナルへ。

NBA 2007-2008シーズンもいよいよ大詰め。プレーオフは連日死闘が繰り広げられ、ウェスタン・カンファレンスでは、昨季王者サクラメント・スパーズの連覇の夢を打ち砕いたロサンゼルス・レイカーズがファイナル進出を決めた。ダンカン、パーカー、ジノビリのお馴染み外人部隊にバリーを加えた手堅い布陣はさすが去年のチャンプというしぶとさを見せつつも、スペイン代表ガソルの加入でコービーの負担が減った今季レイカーズの復調ぶりにはかなわなかった。ポポビッチHCvsジャクソンHCの名将対決は、熟成されたチームを再構築されたチームが圧倒。連日の素晴らしい熱戦は実に見応えがあった。一方のイースタン・カンファレンスでは、今季最強の呼び声が高かったボストン・セルティックスが同じくファイナル進出を果たし、デトロイト・ピストンズはまたもカンファレンス・ファイナルで涙をのむ羽目に。ガーネットとアレンを獲得するという誰もが羨むような補強が、ピアースの得点力を飛躍的に伸ばす原動力になり、セルティックスに“21年ぶり!”となるファイナル進出をもたらしたのは誰の目にも明らか。

贔屓のジェイソン・キッド&ダーク・ノヴィツキーがいるダラス・マーヴェリックス、同じくお気に入りのスティーヴ・ナッシュがいるフェニックス・サンズ(シャック補強はいまいち機能せず?)が共に敗退していく中、個人的には西のレイカーズ、東のセルティックスによるファイナル実現を望んでいたので既に大興奮。ガソルという素晴らしきパートナーを得た今季のコービー・ブライアントは、MVP獲得も当然といえる魅力的で素晴らしいプレイを連発してくれた。その華やかさは、ある意味正当なマイケル・ジョーダンの継承者にようやく近付けたのではないだろうか。お金を払ってでも観たい!と感じさせるだけのプレイを連発してくれた。自分の中では、プレイスタイルや雰囲気に違和感のあるレブロン・ジェームズ(クリーヴランド・キャバリアーズ)より、私生活も落ち着いてきた?!今のコービーが断然MJの後継者にふさわしいと思う。そして、2mを超える長身ながら俊敏な身のこなしと広い視野を持ち合わせたガソルの活躍は、スペイン代表が世界一に輝いたことを改めて思い出させてくれる。フィル・ジャクソンは本当に実のある補強に成功した(もちろん、フィッシャーあたりがいぶし銀のプレイで好調なチームを支えたのも大きかったけど☆)。セルティックスに目を向けると、紳士的かつ知的な振る舞いと恵まれた身体能力を活かしたクレバーなプレイで前から良い選手だと感心していたケヴィン・ガーネットが、無冠のままティンバーウルブスにいることに遂に終止符を打ってボストンへと新天地を求めた結果、実力に見合った結果を手にしつつあることが嬉しい。ましてやそのチームメイトとして、3ポイントの名手でこれまた紳士なレイ・アレンも同時加入したのだから、シーズン前から躍進は容易に予想できた。ダントツの勝率でプレーオフ進出決めたのも、ある種当然の結果。ただ、あまりにうまく行き過ぎな気もするわけで。ボストン市民の皆さんは去年MLBでレッドソックスが頂点極めたばかりだし、NBAタイトルまで独り占めしてしまうのはチョット......^^; なので、現地6月5日(日本時間6月6日)に開幕するNBAファイナルは、コービー&レイカーズの王座奪還に期待しつつ見守っていくことにする。間違いなく連日見応えタップリの中継になるデショ☆

NBA.com JAPAN][Yahoo!スポーツ NBA][スポナビ|バスケ

|
|

« 070324とは異質の不安を胸に明日080602は日産スタジアムへ。 | トップページ | 080531:ルノー府中閉店・統合を惜しむ。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/21336768

この記事へのトラックバック一覧です: 名門復活を賭けてNBAファイナルへ。:

» 産経新聞の取材が入りました。/NBA コービー・ブライアント選手 特集記事 [Kimagure Diary]
本日、産経新聞の本社の記者さんがじきじきに『神戸ステーキハウス』に取材に来られました。この度、NBAのロサンゼル・レーカーズがファイナル進出が決定したということで、そのロサンゼルス・レーカーズで大活躍されているコービー・ブライアント選手の特集記事を組むそうで、その関係で取材に来られました。コービー・ブライアント選手と『神戸ステーキハウス』との関係はというと、聞いたところによると、コービー・ブライアント選手のお父さんが来日した際に、『神戸ステーキハウス』のステーキを食べて、美味しくて感激して、自分の息... [続きを読む]

受信: 2008.06.03 17:34

» レイカーズホームで1つ返す [スポーツ総合情報サイト 北京への道]
07-08NBAファイナル 第三戦セルティックス81-87レイカーズNBAファイナル第一、二戦好調だったセルティックスのエース、ポール・ピアースがレイカーズに完全に抑えられてしまった。得点はそれまで20点以上取っていたのがわずか6得点であった。対照的にレイカーズのエース、コービー・ブライアントが36得点と好調であった。これで対戦成績はレイカーズの一勝二敗となった。時節は日本時間の13日の予定。第三戦の成績世界で一人の、世界で一足。NIKEiD... [続きを読む]

受信: 2008.06.11 13:40

« 070324とは異質の不安を胸に明日080602は日産スタジアムへ。 | トップページ | 080531:ルノー府中閉店・統合を惜しむ。 »