« さよなら、フランス代表。 | トップページ | サッカー日本代表の医療体制見直しを急げ! »

2008.06.18

VW/AUDI小排気量モデルから7段DSG導入が始まった。

A3スポーツバックに乗り換えて間もなく満半年。今週は退院して1ヵ月経過した愚父の外来受診が数件あるので例によって病院への送迎モードで近距離の愛車出動が続く。日々使用する中、美点の1つとして感心する一方なのが、自身初めての2ペダルミッションになるDSG(アウディでの呼称はSトロニック)。慣らし運転終了後に遠出する時間がなかなか取れないためSモードを試す機会はなかなかないものの、その奇数・偶数ギアのクラッチを分けてダイレクトかつ迅速な変速を可能にする湿式多板クラッチの秀逸な機構は、日常生活でのDモード走行で十分に体感できている。いわゆるオートマチック(AT)車の違和感(シフトチェンジのタイミングや感覚のズレ)を嫌っていた自分が思いのほかスムーズに順応できたように、DSGの滑らかなシフトはDモードで何もせずAT車的に使用していても大きな不満など皆無。おまけに望めばそのままハンドルについたパドル操作でSモードに入れることなく自在に変速できるし、その反応はMT車で自ら左足でクラッチを切って左手でシフトレバーを操作するより明らかに速いから恐れ入る(噂には聞いていたけどちょっとしたカルチャーショックだった^^;)。Dモードで通常走行時は各ギアやや引っぱり気味のスケジュールなので、1.8TFSIエンジンの豊かなトルクで出足がいい分、右手でやや早めのシフトアップを促してあげれば、燃費効率が一層向上する(60km超えれば市街地でも6速まで入れられる)。ガソリン高騰時代なだけに@@ハイオク車オーナーとしてはやはりアリガタイ。こうした操作を行なう際、ギアと車速が合わない場合はちゃんと?変速受け付けずに走行続けるし、一定のあいだマニュアルで走ったあとは自然にDモードへ戻るという賢さは、もう見事としか言いようがない。最初難しかった後進時のアクセルワークは、ギア選択後に急いで踏むのではなく、ひと呼吸待ってジワリとアクセル開けていけば全く問題なく滑らかにバックしていくことが分かって以来、すっかり慣れて問題ナシ(AT車みたいにクリープあるし。坂道発進も現在のDSGモデルは後ろに下がらないようアシストあるし)。海外/国内他メーカーのATに対し、VW/AUDIグループのDSGには明確かつ強力なアドバンテージがあると断言していいと思うし、MT車から2ペダル車に移行するには現状ベストな選択じゃないかな。

そんなDSG(Sトロニック)が、そろそろ第2世代へと進化し始めた。フォルクスワーゲン主力車種ゴルフの日本市場ベーシックモデルとして販売開始された“ゴルフTSIトレンドライン”に搭載された、遂に世界初となる横置き7段デュアルクラッチ・トランスミッション=新開発7段DSG、遂に日本上陸である。オイル冷却が不要な乾式クラッチを採用した上で、25.5kgmまでのトルクに対応する強度と、従来の6段DSGより369mm短いコンパクトさを両立したというこの新しい7段DSGは、6段DSG比で23kgも軽量化されたとか! これって、地球温暖化や燃料高騰を背景に省燃費/エコが求められる時代にドンピシャのミッションでしょ。まだ高馬力車には対応してないのでゴルフでもまず1.4TSIエンジン搭載モデルから導入されたとはいえ、サイズも軽さも省燃費性もこうしたベーシックモデルにこそ求められるわけで、こんなモデルが台数沢山出れば省資源への貢献は期待大。WebCGで早速試乗記掲載してるけど、シングルターボ1.4TSIエンジンのトルク特性も手伝って、早くも“ゴルフのベストバイモデル”の呼び声も(6段でも十分に良く出来てて不満ないDSGだけに、噂の7段DSG搭載されたゴルフにちょっと試乗してみたいな♪)。今の時代、大型・大排気量車よりも小型・小排気量車に乗ってる方がなんとなくインテリジェンスあるように映るし、GOLF V自体は熟成進んだ末期モデルながら、VWの販売力と合わせてかなり売れるかも(パワフルな高性能車に乗るのもモチロン楽しいだけに我々クルマ好きには悩ましい時代?.....複数所有で併用できればいーんだけどなぁ^^;)。

現行ゴルフとシャシー供していてマイナーチェンジ迫るアウディA3/A3スポーツバックも、デザイン一部変更と合わせて仕様/ラインナップ見直し図られたらしく、独・ミュンヘンでの海外試乗レポートがこれまたWebCGに☆ プレミアムコンパクトらしい3.2V6クワトロモデルは惜しくも無くなっちゃうらしく@@その後釜は最新ユニット1.8TFSIエンジンの2リッター版にクワトロ組み合せたモデルに任せる模様。高馬力FFはどうしてもホイールスピンしたり効率良くない気がするので、200馬力以上のエンジンと組ませるにはクワトロ導入がやはり正しいと思う。で、A3のベーシックモデルもゴルフ同様1.4TFSI(VWとの微妙な呼称違いが面白いなぁ)エンジン+7段Sトロニック(DSG)に☆ 滑らか&静かなミッションとエンジンの相性はすごくイイみたい(1.8TFSIもこの7段Sトロニックとの組み合わせに変更との事)。日本導入時には、このクラスゆえやはりゴルフとの価格差が消費者にどう映るかがポイント。自分が思うに、内外装のデザインクオリティが気に入ればアウディA3を選ぶ価値は十分にあると思うし、走らせればさらに異なるセッティングと質感に納得できるのでは? あとは、新しいA3/A3 Sportbackの顔つきが気に入るかどーか(WebCG海外取材で広報PHOTOとは異なるスナップ多数公開してくれた......パチパチ)。自分的にはS3仕様ならともかく、相変わらず新しいヘッドライトのデザインがちょっと......現行丸形4灯大好きな人間の主観だけど。とにかく、VW/AUDI陣営のDSG/Sトロニックは、6段/7段とも他メーカーに当面脅威与え続けていきそう(先日4速AT搭載した新型308を日本で販売開始したプジョーも6速AT開発中って言ってたけど、さらに熟成/導入急いだ方がいーんじゃないの?! 近頃ちょいと大き過ぎ&お高いよねぇ、プジョーのラインナップ)。

#そーいえば三菱ランサー・エボリューション/ギャラン・フォルティスに5ドアモデルが登場するらしく、その名も“スポーツバック”なんだって。改めて写真見ると......ネーミングだけじゃなくて、台形型のデッカいフロントグリルもどことなくアウディ風だったんだね@@(逆台形を台形にすることで微かなオリジナリティ出したつもりか......爆) 中国車のデザインパクリが近頃話題だけど、三菱さんもまだまだやってますな、堂々と......やれやれ。その“ランサー・スポーツバック”、リアセクションのデザインはやや品性に欠けるか^^;

#閉店したルノー府中がルノー八王子に併合されて半月。ディーラーのHPによると、店舗と一緒に移管されていた青い稲妻号が新しいオーナーさんに巡り会えた模様(パチパチ)。さすが昨年No.1と表彰されたルノー・ディーラーさん、いい営業さん&お客様をお持ちのようで。あのエンジンに組み合わされる最軽量ボディ=3ドア・MTモデルゆえの軽快感をタップリお楽しみいただければ☆

|
|

« さよなら、フランス代表。 | トップページ | サッカー日本代表の医療体制見直しを急げ! »

アウディA3スポーツバック」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にVW/AUDIの攻勢には目を瞠るものがありますねぇ!
デザインには大満足の我が愛車も4ATが最大のウィークポイント。
足回りは、猫足の恩恵を十二分に受けて気持ちいい
んですけど、その気になって気合入れるとシフトの
反応がどうも合わないんですよ。
購入時には6EGSも迷ったけど、こっちはATモードの時の
ギクシャク感がどうしても違和感あって。
まぁ、クルマの性格上しょうがないか。
あ、そういえば18インチにアップしたんですよ!(^_-)
しかし、308が4ATのままって~のは、いただけません。
おっしゃるように熟成を急いだ方がよろしいかと。
しかし、イマドキのプジョーユーザーは走りより
デザイン優先をよしとしてるんでしょうね。
あのデザインはグロすぎて食指が動きませんけど(^^ゞ
ユーロ2008もそうだけど、頑張れよフランス!!

投稿: romankicker | 2008.06.18 09:12

☆ romankickerさん
まずは本日お誕生日おめでとうございます!
各方面から?!祝福されちゃってくださいネ(^^)
自分は今までMT車ばかり乗り継いできましたが
それはMT車ならではの運転する気持ち良さを楽しみたいし
AT車の違和感はイヤ!という両側面に起因していました。
ただ、レースの世界も2ペダルミッションへ移行している現在、
納得のいくものであればMTにこだわらなくてもよいかな、という
時代に合わせた自らの心境の変化が起こりつつあり
そのタイミングで出逢えたのがDSGを搭載した今の愛車なワケで♪
本来縦置エンジンこそAUDIの美点なので、ゴルフと車台共有し
エンジンを横置きで積んでいるA3はどうかとも思いましたが
むしろそのことがDSG搭載可能にしているワケで
今となっては走りの味付けとともに、大満足でアリマス。
(ゴルフの理念は理解しつつ、ちょっとストライクではなくて^^;)
romankickerさん愛用のシトロエンC4ピカソ、非常に魅力的ですが
ラテン大衆車の弱点であるATはまだ改善の余地おありですか〜@@
まぁ、気合いの入った走りはしばし我慢頂き(?!)
ピカソはゆったりのんびりお楽しみくださいマセ。
18inchに履き替えたんですか! 次回リハ時にジックリ御披露を☆
ルーテシアもMTで乗っていたので、ルノーのATも未体験ですが
ラテンの大衆車はMTでぶんぶん回して乗るのがやはり本筋なんでしょうネ。
もっとも伊・アルファはとっくにセレスピード投入済みですし、
仏の3メーカーにもぜひ頑張っていただきたく。
(近頃のプジョーデザイン、自分もクドくて惹かれませんネェ@@)
ユーロのリーグ敗退ショックに包まれたかの国は大丈夫でしょうか?
リベリーのケガが重くないことを祈ります(バイエルンもドキドキ?)

投稿: <たぁ> | 2008.06.18 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/21706638

この記事へのトラックバック一覧です: VW/AUDI小排気量モデルから7段DSG導入が始まった。:

« さよなら、フランス代表。 | トップページ | サッカー日本代表の医療体制見直しを急げ! »