« トゥルーリ&アロンソによる存在の証明☆ドイツGP予選 | トップページ | 2008-09シーズンに向けて俊輔渡英。 »

2008.07.21

好曲[Chorus]☆「(You Can Still) Rock In America」Night Ranger

早いもので、生まれ育った三鷹市から初めて飛び出した現住所での生活も今月から5年目に突入。2004年6月末日、蒸し暑さと格闘しながら黙々と旧自宅で私物整理&荷造りをする中、目に留まった市販ビデオがあった。『NIGHT RANGER JAPAN TOUR』('84)。この、高校生当時に購入した自身初の市販ビデオ商品はVHSではなくベータ用。衝撃のデビューアルバム『DAWN PATROL(邦題:緊急指令NR)』('82)および大ヒット2ndアルバム『MIDNIGHT MADNESS』('83)を引っさげて行なわれた1983年12月13日・東京・新宿厚生年金会館におけるナイト・レンジャー初来日公演を丸ごと収録したライヴ映像には、歌・演奏・ステージングすべてに渡って「これだからロック・コンサートは最高!」と思わせてくれる素晴らしいクオリティと最高潮の楽しさが凝縮! 購入したその日から何度観たことか(アーム付きのギターを買い増したのは間違いなく彼らの影響だった♪)。それから実に20年の歳月が過ぎた梅雨の夜、引っ越しの準備真っただ中ながら急遽見直してみたくなり、まだ電源つないだままだったベータデッキに突っ込もうとテープを取り出すと......保管場所が悪かったか経年変化も手伝ってテープはビデオカートリッジ内で張り付いたり痛んだりしており@@すでに再生不可能な状態(涙)。人間そうなると益々観たい欲求にかられるもの。荷造りの手を休めてAir-H"(AIR EDGE)の刺さったMacでVHS/LD/DVDを検索するも......該当商品ゼロ。そういえば、長らくショップ/ネットで見かけたことがなかった。後悔先に立たず。

それから3年半ほど経過したある日、ネット上の複数の音楽情報サイトで「ナイト・レンジャー初来日公演の映像がDVDで復刻!」という情報を見つけて歓喜することになる。彼らの所属レーベル間の権利移行が日米でいろいろあったことから永らく市場に現れる事のなかった珠玉のライヴ映像が、粘り強く交渉を続けてくれた関係各位のご尽力もあって、再結成している彼らの08年4月来日公演に合わせて再び入手可能になったのである(拍手☆)。新たに公演時の年号を加えられたライヴDVD『NIGHT RANGER JAPAN TOUR '83(ナイト・レンジャー ジャパン・ツアー'83)』('08)には、当時ベータ/VHSで発売されていたように、成田空港到着〜移動時のドキュメント映像に始まりステージのオープニングからアンコールまで全曲余す事なく完璧な内容が収められている。ジャック・ブレイズ Jack Blades (vocal, bass) / ケリー・ケイギー Kelly Keagy (vocal, drums) / ブラッド・ギルス Brad Gillis (guitar, back-vocal) / ジェフ・ワトソン Jeff Watson (guitar) / アラン“フィッツ”ジェラルド Allan "Fitz" Gerald (keyboards)の5人によるステージは、既に1st & 2ndアルバムで実証積みの高い音楽性(歌/楽曲/演奏)はそのままに、さらにロックの醍醐味と最高のエンタテインメント性をパワーアップ! 今観ても、新人バンドとはとても思えない極上ライヴ映像にただただ感動と興奮を覚えるばかり(余談:今月5歳になった甥っ子も大のお気に入りでクルマ移動時には必ず車内で再生中♪)。ベータ発売時のライナーノーツには「歌・演奏・映像にはまったく手を加えていない一方で、あえて本場アメリカのような臨場感を出すために編集時に“歓声”を加えた」旨が書いてあったけど(良質な日本のオーディエンスの弱点をこれで補完)それがこの作品を一層“ヤバい”仕上がりにしているのは間違いない。そんな意図的演出なら“作品としてアリ”だよな。改めて思うのは、彼らが歌ウマい!ってこと。個性の異なる2人の魅力的なリード・ヴォーカリストジャック&ケリーの存在は際立っているし、さらにはブラッドを加えた3人によるコーラスワークが絶妙☆ どの曲でもよくハモる、ハモる。ナイト・レンジャーと言えば“最強ツイン・ギターBAND”としての側面ばかりが強調されがちだったけど、人気獲得の理由は勿論それだけじゃなく、歌・コーラス・作曲能力・アレンジセンス(自分はブラッドの作るギターリフに一番惹かれたタイプ)まで含めた音楽的才能の高さにこそあったと思う(それがコアなHR/HMファンからの批判やレコ社の間違ったマーケティング/制作方針につながったのは悲劇だった......orz)。このライヴDVDは、かつて彼らの音楽にとことん酔いしれた人にも、ヒット曲しか聴いた事のない人にも、そしてまだ彼らを未体験のすべての新旧Rock/Pops/音楽ファンにも堂々とおススメしたい歴史的名作として太鼓判押しちゃおう♪ ここに彼らのあるべき本当の姿・魅力があるので。真の意味でのベスト盤と言い切ってもイイ。嗚呼、再び世に送りだしてくれて本当に良かった。

LIVE DVD『NIGHT RANGER JAPAN TOUR '83
SIBP-109 08.4.16 on sale
01. オープニング Opening
02. プレイ・ラフ Play Rough
03. 悲しみのペニー Penny
04. ルーマーズ・イン・ジ・エア Rumours In The Air
05. エディズ・カミン・アウト・トゥナイト Eddie's Commin' Out Tonight
06. コール・マイ・ネーム Call My Name
07. パッション・プレイ Passion Play
08. タッチ・オブ・マッドネス Touch Of Madness
09. シスター・クリスチャン Sister Christian
10. シング・ミー・アウェイ SIng Me Away
11. ナイト・レンジャー Night Ranger
12. キャント・ファインド・ミー・ア・スリル Can't Find Me A Thrill
13. ドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー(炎の彼方) Don't Tell Me You Love Me
14. アット・ナイト・シー・スリープス(彼女の夜) At Night She Sleeps
15. ロック・イン・アメリカ (You Can Still) Rock In America
16. エンディング Ending


|
|

« トゥルーリ&アロンソによる存在の証明☆ドイツGP予選 | トップページ | 2008-09シーズンに向けて俊輔渡英。 »

好曲[arrange]」カテゴリの記事

好曲[chorus]」カテゴリの記事

好曲[guitar]」カテゴリの記事

好曲[male vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/22451772

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[Chorus]☆「(You Can Still) Rock In America」Night Ranger:

« トゥルーリ&アロンソによる存在の証明☆ドイツGP予選 | トップページ | 2008-09シーズンに向けて俊輔渡英。 »