« 勝って兜の緒を締めよ>サッカー日本代表白星発進。 | トップページ | 好曲[guitar]☆「Prism Train」尾崎亜美 feat. Steve Lukather »

2008.09.08

覇権の品格>F1ベルギーGPは決勝後にも波乱が。

スタートでオーバーランも敵失と自らのオーバーテイクで早々に予選失敗を挽回し、終始スパ・フランコルシャンでトップを走り続けたライコネンの走りは素晴らしかった。やはり絶対的な速さこそ彼の持ち味。なのに...どーして今年は(今年も?)不運にばかり見舞われるのかな。スパ恒例とはいえ、終盤あのタイミングで雨が落ちてくるとは@@ それに乗じて差を詰めてたハミルトンは、オールージュのスピードを重視したライコネンよりダウンフォース強めで雨向きだったということか。とはいえ粘るライコネンに最終シケインで無謀にしかけるも不成功に終わり、ショートカットしながら並びかけるもアドバンテージを得る訳にはいかず“申し訳程度”に一瞬後ろに下がり.....すぐさまライコネンにしかけていくポイントリーダーの行動は例によってマナー最悪。その結果、彼は強引にトップへと順位を上げ、明らかに劣勢ながら喰らいつこうとしたライコネンは......周回遅れを交えた攻防の中で遂にコースアウト→バリア激突で万事休す(涙)。残り2周の出来事だった。最初にチェッカーを受けたハミルトンは、シケインにおけるライコネンの走りをアンフェアだったと堂々批判。これまで何度も他のマシンを逃げ場のない場所へ強引に押し出し蹴散らしてきた自身のオーバーテイクを棚に上げ、相手をレース後すぐに非難する彼の厚顔ぶりにはただただ呆れるほかない。本当に品のないオトコだ。ある意味すごい(嫌悪)。そしたらやっぱり......シケインカットのアドバンテージを“十分に放棄しなかった”ハミルトンの行為がレーススチュワードの審議対象になり、結果的に25秒加算のペナルティ−を受けて3位に後退。2008年夏のF1ベルギーGPはマッサが2位からウィナーに繰り上がった。次戦母国GPを控えるフェラーリとしてはやや救われたんだろーけど、消えたライコネン久々の優勝もポイント獲得も戻ってくるわけじゃない......。おまけにレース後公式会見で薄笑いを浮かべながらライコネンのコースアウトに触れたマッサもカンジ悪かったし。ますますライコネンに肩入れしたくなる波乱のスパだった。ちなみに残り3周時点のスタンダードウエット装着で勝負に出たハイドフェルドの3位チェッカー→ハミ降格による2位は印象的だった。クビサのピットストップでミス犯したBMWザウバーに8ポイントもたらすリザルトは、果たしてハイドフェルド残留の後押しとなるかどーか。個人的には来季、ライコネンがデビュー飾ったザウバー(現・BMWザウバー)に戻って赤組&銀組に逆襲したら面白いと思うんだけど。それと、アロンソもルノーマシンの現状考えれば4位入賞はお見事☆ 新星ヴェッテルのみならずブルデーもW入賞したトロ・ロッソにはびっくり。エイドリアン・ニューウェイさん作のシャシー+フェラーリエンジンの組み合わせはかなりいいみたい。不振だったブルデーが結果残し始めちゃうと、今月18日のテストに呼ばれてる佐藤琢磨の来季加入交渉にも影響出そうで悩ましい(うーん)。いいマシンだし、テストで好タイム出してくれれば(祈)。しっかしまぁ、CX肩入れのTOYOTAと中嶋一貴くん/WILLIAMSは冴えない週末だったし、HONDA F1に至っては存在感まるでなかったねぇ(遂に9位転落...orz)。さて、2週連続開催となるイタリアGP@モンツァには何が待ってることやら。まだライコネンにマッサ支援要請しないでほしいし(赤組)とにかく“フェア”な好バトル満載のレース希望。

|
|

« 勝って兜の緒を締めよ>サッカー日本代表白星発進。 | トップページ | 好曲[guitar]☆「Prism Train」尾崎亜美 feat. Steve Lukather »

F1」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに訪ねました。
最近スポーツ中継見ていませんね〜
五輪は見ていましたけれど。
たまたまチャンネルひねっていたら
アメリカ・インディシリーズをやっていまして。
2つの団体が統合したものだから
ずいぶんにぎやかになって、とただ言うために
ペンをとった次第です。
こちらも2世がたくさんいて、
フォイト、アンドレッティ、レイホール、シェクター
大物も
エリオ、ディクソン、ジュンケイラ、ウェルドン
ロードもストリートもあって
台数が多く狭くて燃油高のなか疾走してますね
武藤もよくがんばって、新人王だそうです。

投稿: onward | 2008.09.10 00:40

☆ onwardさん
おぉ〜〜〜、大変ご無沙汰しておりますっ! お変わりありませんか?!
ちょいと今週は立て込んでましたので、メールの山に埋もれまして、
コメント通知メールを完全に見落としておりました。ご容赦を〜〜m(__)m
近頃のスポーツ中継は、制作側の過剰な演出/効果が
相当うっとうしくなってますし(怒)以前に比べたら
かなり遠のきがちです、自分も。それでも要所は結構観てるかも、ですが^^;
もはや欧州とはほぼ完全に関係断ち切れた状態で我が道を行く
米国のオープンホイールレース界ですが、2大シリーズ統合で
結果的に存在感ある大物選手達やご指摘の2世選手達がごそごそいて
観客にとっても華やかに映っているようですネっ♪
しかも、そんな連中がイコールコンディションのお陰もあって
毎戦しのぎを削るんですから“バトル”も面白くなって当たり前かと。
F1もたったの20台(SAF1が撤退していなくても22台...)で戦ってるより
昔予備予選あった頃までとは申しませんが、せめて26台ぐらいで
一斉に走ればもっと迫力あるハズです@@
武藤選手の米国での奮闘はもっと母国で報じられてもいいのに
バックについてる自動車メーカーの援護射撃ほぼ皆無では......惜。
めげずに頑張っていただきたいものデス。見守りましょう!

投稿: <たぁ> | 2008.09.14 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/23584449

この記事へのトラックバック一覧です: 覇権の品格>F1ベルギーGPは決勝後にも波乱が。:

« 勝って兜の緒を締めよ>サッカー日本代表白星発進。 | トップページ | 好曲[guitar]☆「Prism Train」尾崎亜美 feat. Steve Lukather »