« 多摩地区雷雨は波乱の予兆?!:俊輔セルティックは欧州王者マンUとまたも同組に>欧州CL08-09☆ | トップページ | 覇権の品格>F1ベルギーGPは決勝後にも波乱が。 »

2008.09.07

勝って兜の緒を締めよ>サッカー日本代表白星発進。

2008.9.6 バーレーンvs日本 試合詳報
[2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会・アジア最終予選グループA]

080602b現代表の中核である2人がまずは試合の主導権をたぐり寄せてくれた>先制点の俊輔FK&追加点の遠藤コロコロPK☆ 好機もそこそこあったし、気持ちが入っていたのか全選手がボールに対してチェック速かった前半は、岡田体制下のこれまでの試合と照らし合わせればかなりよかったように思う(好機をきちんと決めていればなお良かったのに)。達也&玉田はかなりよく動いて本日の貢献度大。一転して後半は暑さからか運動量も落ちて相手へのチェック緩んじゃったし、バーレーンも点穫りに来たのでやや押される展開に。やや悪質なファウルも喰らいながら耐える日本代表。そのうちバーレーンのモハメド・ハサンが2枚目のイエロー貰って後半21分に退場。間違いなく達也が彼をさんざん振り回したお陰。これを見て、岡田監督が切った最初の交替カードは前半にイエローカードを貰って今日2枚目を避けたい松井(いくつかの局面ではキープ力とボール奪取で貢献も次戦は警告累積で出場停止)に替わり中村憲剛投入。絶対そうすべきと思っていたので、現代表監督の采配に珍しく納得(爆)。憲剛は俊輔・遠藤etc.とのコンビネーション良いよ、やっぱり。ウズベキスタン戦は当然スタメン起用すべき(不振・横浜FMの山瀬は現在調子落としてるし、そのまま松井のポジション奪取も大いにアリ☆)。1人少ない相手に対して日本はボール回しつつ攻める中、後半30分過ぎに後半最大ともいえる決定機が!......どーしてGKと至近距離の1対1外しちゃったかなぁ、長谷部@@(おまけにバーに当たったそのこぼれ球を達也が蹴ってまたもクロスバーとはorz)満身創痍の玉田に替えて投入された寿人に期待しつつも(→思ったほど運動量発揮できずガッカリ)長谷部&達也の逸機が致命傷にならないかと心配し始めたところ(この間に長谷部も下げて今野投入。本職ボランチでの起用を喜びたかったけど結果的には連携不十分に......ここで替えるべきはまだ十分やれた長谷部じゃなく後述するように内田だったのでは?)......Jリーグで好調な憲剛が左足を振り抜いて豪快ミドル発砲☆ 勝利濃厚な3点差のスコアに我々同様選手もベンチもやや気が緩んだ瞬間......ヨレヨレ内田をが相手をマークしきれず遂に初失点。彼の守備は相変わらず緩い上に、試合中に足を痛めていた様子も。彼を起用し続ける監督には同意しかねる(ベンチだった長友・ベンチ外だった駒野より内田が優るのは唯一身長のみじゃん!)。それでも2点差あれば問題ないし、かえって気持ちが引き締まる......かと思えば、今度はなんと闘莉王が楢崎の位置をちゃんと確認せずに“得意のヘディング”で無責任なバックパスを無人のゴールへ(驚)。主軸であるべき男の失態に正直唖然(「相手にフリーでロング蹴らせた前線守備が悪い!」っていう彼の文句にも一理あるけどやっぱねぇ.....)。DF陣の相次ぐ失態に中澤&楢崎の胸中やいかに(涙)。完勝に慣れていないのか、自らクロスゲームに持ち込んだW杯予選初戦はロスタイム3分をどーにか乗り切って試合終了。憲剛のゴールがなかったらと思うと背筋が凍る思い(偉い、よくぞあそこで思い切り打った!)。それにしても、まったくもって恐ろしいというか、情けないというか、もったいないというか。まぁ、全選手&スタッフが後半、とくに終盤のお粗末な展開を反省材料にして、改めてこの最終予選を勝ち抜くための決意を新たにしてほしい。完勝で気分が緩むよりかえって好都合かも......って受け止めたいけど、もしもW杯出場権を最終的に得失点差で落としたりしたら、明らかに今日終盤のミス連発が致命傷だったことになる(事実同組のカタールがホームにウズベキスタンを迎えて3-0で勝利を収め、得失点差で日本を上回り現時点のグループ首位に。同率首位で済んだはずなのに@@)。闘莉王&内田はみんなに焼き肉でも御馳走しとかないと。予選A組5チームの中では日本だけが9月10日試合なし(国数が奇数ゆえ。今日は豪州が予選なしなのでオランダとテストマッチ開催。ユニ見る限り相手国での試合ながら豪州ホーム扱いだった模様。2-1で勝っちゃってたけど、欧州スタイルのチームに強くても中東スタイル相手にはどーなのかな。ただデカさは相変わらず要注意)。なので各国の9月6日&10日試合を徹底的に分析しつつ、まずは次戦10月15日のウズベキスタン戦(ホーム)に備えてほしい。欧州でプレーするメンバー、特に俊輔&長谷部の合流時期調整は重要になりそう(イナは頼もしいけど噛み合うかまだちょっと未知数。ベンチ外だったから時期尚早なのは明らか。いっそ彼に運動量一層UPを促しつつ強靭な右サイドバックとして挑戦の場を与えてみてはいかがだろうか?)。欧州へ直接戻らずあえて日本帰国便に同乗して身のある機内反省会開催を決めた俊輔(偉いっ)は遠回りしてでも危機感&収穫をきちんと共有する必要性を理解してるんだろうね。次は一応大久保の出場停止が解けるけどヤツは手を抜く時間帯が多いしキレやすいし^^;非常に献身的だった今日の達也&玉田をそのまま起用した方がいいような気はする。あるいは大男揃いの相手を考慮すればやはり前線にターゲットほしいし身長のある巻や前田を使ったらどうだろうか(タカも復調してれば候補?)。とにかく、胃の痛くなる熱い日々がまた始まった。全国民で熱く応援を。

湯浅健二氏の試合後コラム<1>][湯浅健二氏の試合後コラム<2>
宇都宮徹壱氏のスポナビコラム][大住良之氏のNIKKEI NETコラム
金子達仁氏のスポニチコラム][堀池巧氏のスポニチコラム
西部謙司氏のスポニチコラム][原博美氏のニッカンコラム
セルジオ越後氏のニッカンコラム

|
|

« 多摩地区雷雨は波乱の予兆?!:俊輔セルティックは欧州王者マンUとまたも同組に>欧州CL08-09☆ | トップページ | 覇権の品格>F1ベルギーGPは決勝後にも波乱が。 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/23559857

この記事へのトラックバック一覧です: 勝って兜の緒を締めよ>サッカー日本代表白星発進。:

« 多摩地区雷雨は波乱の予兆?!:俊輔セルティックは欧州王者マンUとまたも同組に>欧州CL08-09☆ | トップページ | 覇権の品格>F1ベルギーGPは決勝後にも波乱が。 »