« 新・左手首の相棒着任。 | トップページ | 無垢の感性への理解とリスペクト。 »

2008.11.21

ヒトは自ら何らかの刺激を求め続けていかないと。

ここ半月ほどで、家族と父との会話はスムーズさを大きく欠くようになってきた。糖尿病の進行とともに白内障の手術を行なった目も視力低下防ぎきれず、同じく合併症の1つとして耳の中の皮膚に大きな穴があいた(!)その後遺症か聴力もどんどん落ちてきて、会話する際は往年のドリフが「とんでもねぇ、あたしゃ神様ダヨ」とやりあった定番ギャグのごとき状態。大きな声でシンプルに伝えようとするのは、思いのほか大変な所作だと改めて気づく今日この頃(だめだ、コリャ)。そして意思の疎通を一層難しくしているのが......彼の記憶の混乱と一部欠落。元来趣味もなく友人を大事にすることもなかった身勝手な愚父が糖尿病悪化で仕事を辞めた時点で予測はしていたものの、案の定、毎日寝て食べてTV視るだけの生活では脳の刺激なんてゼロに等しい。誰かと電話で話すどころか、携帯にかかってきた電話にも面倒くさがって出やしないし、メールなど元々覚える気もなし。足先や指先も血液循環滞って硬化一層進み(間違いなく壊疽していきそう)食事制限と相まって唯一の行き先?だったコンビニ/スーパーへの外出もいよいよ皆無(食事制限だって担当医の指導のもと彼のために行なっているのに、意地悪されてると家族を恨み、規則正しい遂行への意欲ゼロだから全くもって参る...orz)。近頃彼の発する返事が突拍子もないというか、支離滅裂というか、記憶の混乱等も手伝って完全的ハズレになりつつあるのは、痴ほうの入り口に立っている証拠とみていい。いよいよ過去の居住地情報とごっちゃになって現住所もうまく書けなくなってきたようだし@@ 自ら無気力・無刺激の日々を志向し怠惰に遂行し続けた結果の成れの果てであり、正直同情の余地は皆無。とはいえ、周囲の人間にはまったくもって迷惑な話。元来の身勝手な性格に拍車がかかった現状において、糖尿進行の鬱憤蓄積が助長していると理解こそすれ、介助すれば余計なお世話だと逆ギレして絡み(外面の良さは不変なので人目につく病院内などでは一層顕著...呆)自立を促せば冷たいと絡む、こちらは喧嘩するだけエネルギーを無駄に消費するだけだと開き直って対処していくしかないな。まぁ、さんざん家庭顧みず今頃になって身内に頼るしかない彼との接点を我々持ち続けることは、自分でも呆れるほどの頑強なモラル☆と長く不可避と諦めてつきあってきた忌むべき父子の血縁に縛られてる限りはまだどーにか可能っぽいし^^;諦めるしかないか。改めて己の余生は姪・甥・母(あと一応妹)に注力するという今世紀の決意を確認しつつ、愚父に対するやりきれない偽善と義務の日々は未だ当面続く。我がモラルにささやかなエールを送ってみよう♪

|
|

« 新・左手首の相棒着任。 | トップページ | 無垢の感性への理解とリスペクト。 »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ほんとですね。人間は絶えず刺激を求めているのでは、此れでいいということはないみたい。僕は視力低下でいつも視力回復に何かいいものないか探して試しているんですが。まだいいものがないか。いつも探しています。

投稿: 太一 | 2009.03.11 10:47

☆ 太一さん
いらっしゃいませ&コメントありがとうございます。
視力って大切ですよね。手術に関しては先日事件があったことですし。
自分は当面、メガネ愛好者のまま現状維持心がけようとおもっています。

投稿: <たぁ> | 2009.03.15 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/25536362

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトは自ら何らかの刺激を求め続けていかないと。:

« 新・左手首の相棒着任。 | トップページ | 無垢の感性への理解とリスペクト。 »