« 11月反攻?に向けて。 | トップページ | 2008年F1最終戦ブラジルGPのピットで目立ってた人々。 »

2008.11.03

久々表彰台に上がれない年間チャンプ誕生>2008年F1最終戦:ブラジルGP決勝。

レースの最初と最後にインテルラゴスの空から落ちてきた雨のお陰で、ほぼ決していた退屈なチャンピオン争いに多少スリリングな展開が持ち込まれたのは、地球の裏側からの深夜生中継を観る上でヒジョーに助かった。思わず息止めて画面に吸い寄せられたラスト1周の劇的ドラマは、突然の雨に加えてタイヤ戦略でギャンブルに出たTOYOTA F1チームの演出効果が絶大だったかな(摩耗したドライタイヤのままではどーにもポジションキープ難しかったか、健闘ティモ・グロック君......惜)。まぁ、いずれにしても......今季は最後まで王座を争った2人とも獲得ポイントが3桁に届かないという、史上稀にみる低レベルの戦いだったわけで@@ 2位のドライバーより勝利数少なく、コース内外でのマナーが極めて好ましくない新チャンピオン=ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が、来季は多少なりとも反省して模範示してくれたらイイんだけど......あの傲慢な走りとコメントはそう簡単には治るワケないか...orz 同じ英国系ドライバーでもデイモンやナイジェル、ジョニー達はみんな愛すべきキャラだったのに。応援も尊敬もできんね、今度のチャンプはまだ。これで一層つけあがるようなら、完全にロン・デニスの管理育成ミス。しっかりしてくれ(最近はロン自身も問題多いし無理か)。個人的には決してファンでもご贔屓的存在でもないフェリペ・マッサ(フェラーリ)だけど、あんな結末のあとじゃサスガに慰労してあげたい気分(マッサ家の皆さんはチェッカー時にピットで相当派手にぬか喜びしてたけど......とにかく勝者にして敗者となったフェリペのレース後の振るまいは思いのほかオトナで立派だったし、ホントにお気の毒様)。同僚キミ・ライコネンは昨年の王座獲得でモチベ落ちてたかもしれないし、リフレッシュして再び頂点目指してほしいな。ちなみに今日の序盤、ジャンカルト・フィジケラ(弱小フォース・インディア!)の上位快走はちょっと嬉しかった。ちょいWETな路面ではまだイケるもんだねぇ。そして1周目でサヨナラだったデヴィッド・クルサード(レッドブル)は......ある意味“脇役人生”続いた彼にふさわしい地味なエンディングだったかも。セナ急逝で巡ってきたWilliamsレギュラー昇格以来の彼のキャリアでは、ヘリ墜落事故から奇跡の生還果たしたシーズンの力強い活躍が一番印象的だったかな(あとは雨のスパでミハエルにおかま掘られたのにPITまで殴り込まれた時か^^;)。来季から始まる解説者人生も存分にお楽しみアレ。とにかく、シーズン終盤のフェルナンド・アロンソ(INGルノー)大復活&セヴァスチャン・ヴェッテル(トロ・ロッソ)大躍進に救われたものの品性を欠いた冴えないF1・2008シーズンは、今宵のブラジルGPで遂に幕を閉じた。二度の雨は最後までチャンピオンを争った未熟な2人のレベルの低さに対する故・セナからの警鐘&叱咤激励かも。マシンのレギュレーションが大幅に変更され、鈴鹿に日本GPが戻ってくる来季2009年のF1は、どうかモータースポーツの最高峰にふさわしいフェアで熱いバトルに満ちあふれ、気持ちよく楽しめるレース運営がなされますように☆ 果たして琢磨はF1サーカスの一員としてサーキットに戻ってこれるのか(狭き門だからなぁ@@)。さらに低迷HONDAはロス・ブラウンの手腕で劇的によみがえるのか。これまたストーブリーグの要チェック項目か。

|
|

« 11月反攻?に向けて。 | トップページ | 2008年F1最終戦ブラジルGPのピットで目立ってた人々。 »

F1」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

表彰台に上れないワールドチャンピオン・・・
('・ω・`)

どうしても、まっさに・・・
そう思ったんだけど・・・

('・ω・`)

来年シーズンを、楽しみに待ちます。

('・ω・`)

投稿: ひろぽんっ♪ | 2008.11.03 14:53

☆ ひろぽんっ♪さん
朝まで観戦ご苦労様デシタ。今季も終わっちゃいました。
表彰台で祝福されない“新”悪役チャンプ、
母国で優勝しても王座になれなかったブラジリアン、
ともに「もっと成長せよ!」と神様が課した試練かもしれませんネ。
(レース後のマッサのふるまいにはけっこう感心しましたし
 ちょっと見直しマシタ。この悔しさをバネに一層強くなるかも)
シーズン終盤でものすごい存在感発揮したアロンソや
間違いなく次代を担う逸材と知らしめたヴェッテル君、
終盤チーム共々失速したものの、これまた主役級のクビサ、
そして今季なかなか噛み合なかった孤高の最速男ライコネンを交えて
来季はさらなる激戦繰り広げてもらいたいものデス♪
果たしてそこに琢磨はいるのか。HONDAの逆襲はあるのか。
見所は多いと思います>2009年シーズン。
久々の来秋鈴鹿遠征を検討しつつ(!)冬の情報追い続けマスっ。

投稿: <たぁ> | 2008.11.03 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/24969878

この記事へのトラックバック一覧です: 久々表彰台に上がれない年間チャンプ誕生>2008年F1最終戦:ブラジルGP決勝。:

» ハミルトンがチャンピオン獲得(第18戦ブラジル) [E's Monologue.]
 シリーズの終了は最終戦のチェッカーフラッグが振られてもまだ判らない・・・。そんなブラジルGPでした。2008年シーズンのF1ワールドチャンピオンはマクラーレンのハミルトンが辛くも獲得し、最年少チャンピオンの称号も得ました。レースは最終盤に降り出した雨に翻弄されて、チェッカーが振られた瞬間はフェラーリのマッサが逆転チャンピオンかと思わせる展開でしたが、ゴール手前でハミルトンがトヨタのグロックをパスしたため、この瞬間ハミルトンの得点がマッサを1点上回り、チャンピオンをもぎ取ったのでした。マッサがチェッ... [続きを読む]

受信: 2008.11.03 12:27

« 11月反攻?に向けて。 | トップページ | 2008年F1最終戦ブラジルGPのピットで目立ってた人々。 »