« 好曲[duet]☆「I Can't Wait」佐藤博 duet with ウェンディー・マシューズ | トップページ | 好曲[bass]☆「Deja Vu」Beyoncé »

2008.12.02

好曲[female vocal]☆「Always On Your Side」Sheryl Crow

イーグルスやリンダ・ロンシュタット、スティーヴィー・ニックスとの繋がりを感じさせるシェリル・クロウは、最も好きな女性シンガーの1人。ただ、自分の中で一番好きなアルバムを挙げるとしたら『C'MON C'MON』('02)だし(当時の米国ツアー収めたDVD映像作品『C'MON AMERICA 2003』や来日公演を収めた日本限定リリースのライヴアルバム『LIVE AT BUDOKAN』も同じくらい溺愛☆ 武道館ライヴ盤はひょっとして現在廃盤?!)範囲を広げるなら2ndアルバム以降のシェリルがお気に入り。出世作となったデビュー・アルバム『TUESDAY NIGHT MUSIC CLUB』('93)は個人的にそれほどでも......。そのせいか、同じプロデューサーを迎えて制作された2008年最新作『DETORES』も先週末ようやく買ったものの今んとこ第一印象は.....引き続き聴き込んでみるか^^;(逆に1st & 最新作が好きっていうファンの方もいるし、そんなところが音楽の面白いところ。要は人それぞれ聴きたいモノを聴けばイイってこと♪)で、あまりに『C'MON C'MON』にハマりすぎたせいか、反動でシェリル自らやや静かで優しめの作品と案内した次作『WILDFLOWER』('05)にはなかなか手を出せずにいた。ところが、最新作に「アレ?」っと思ったこともあり、改めて今秋にHMV onlineのセールで『WILDFLOWER』を入手してみて......深く反省した次第@@ 非常にいいアルバムだった♪ で、このアルバムには米国盤・EU盤・国内盤に様々な仕様が存在する中(近頃の音楽業界の悪しき慣習だなぁ...)自分が購入したのは少し後からタイトル曲「Wildflower」のAcoustic Versionを追加して発売されたEU盤。これと「Always On Your Side」オリジナルテイクの同時収録が決め手だった。というのもこの曲は後にiTunes配信でスティングとのデュエット・ヴァージョンが登場して、そのテイクは昨2007年秋にリリースされた『HITS & RARITIES』('07)に収められたので既に自分の手元にもあるものの、原曲は未入手だったから。で、あらためてシェリル独りで歌っている『WILDFLOWER』オリジナル盤収録の「Always On Your Side」を聴いてみたら......個人的にはより内省的に響くコチラの方がさらにシックリ聴けて大満足(勿論feat.STING versionも盛り上がるんだけど)。JCBホールでの来日公演が間近に迫る中(新作『DETORES』メインだろーし行く予定はないけど@@)3年遅れでこのアルバムが密かにマイブームな今日この頃だったりする。嗚呼、麗しき我がシェリル姐さん。

|
|

« 好曲[duet]☆「I Can't Wait」佐藤博 duet with ウェンディー・マシューズ | トップページ | 好曲[bass]☆「Deja Vu」Beyoncé »

好曲[female vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/25842735

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[female vocal]☆「Always On Your Side」Sheryl Crow:

« 好曲[duet]☆「I Can't Wait」佐藤博 duet with ウェンディー・マシューズ | トップページ | 好曲[bass]☆「Deja Vu」Beyoncé »