« 老獪な策士に挑んだ青年監督>欧州CL準決勝バルサvsチェルシー第1戦。 | トップページ | 空白の4月から再生の5月へ♪ »

2009.04.30

“元ホンダ”と呼ぶのはもはや日本だけなのかも。

ようやく雨から解放された先日のF1バーレーンGPで今季3勝目(4戦中3勝って!)を挙げたブラウンGPのエース=ジェンソン・バトンはレース後「今週末、パワフルなエンジンを提供してくれただけじゃなく、すごくチームに協力してくれたメルセデス・ベンツには、とても感謝している」とハッキリ語ってる。いくらCX地上波中継が“ホンダ魂の継承者”みたいなキャッチコピーをつけても、ブラウンGPの経営陣や現場スタッフがいま現在エンジンを供給し技術面でもサポートしてくれているメルセデスと良い関係保ちたいのは当然のことかもしれない(マクラーレン&ハミルトンの嘘つき事件で企業イメージに傷を負ったメルセデスとしてもコチラに2009王者の“保険”をかけ始めた可能性が.....?! そのマクラーレンは当面の出走停止回避がついさっき決まってホッとしてるでしょ)。まぁ、08年を棒に振って莫大な開発費かけておきながら今季序盤に他を圧倒しているこのマシンの出来とスタッフの努力を最後まで信じる事なく撤退決めちゃったホンダのお偉いさん達があまりに愚かだったと思うしかない。何よりも風洞や栃木の研究所で当然開発に関わっていたホンダの技術者の皆さんが一番可哀相@@ マジで悔しいよね、絶対。とにかく現在破竹の勢いでシーズンをリードしてるのは“元ホンダ”ではなく新興“ブラウンGP”(くそー、ニック・フライの野郎がまだチーム上層部に居残ってやがるのが許せん!)。

ちなみに今年も明日、故・アイルトン・セナの命日を迎える(合掌)。
没後15年か......『F1速報』誌が臨時増刊として
『F1速報plus vol.11』を発売するそうなので購入しようと思う。
綴じ込み付録“セナが駆ったF1マシンのイラストポスター”が泣けそう。
Amazon.co.jpでは扱わないのか......。もともと店頭で入手するつもりだけど。
(尚、今週発売『AUTO SPORT』誌5/7&14号にも特別企画掲載アリ)
セナも天国でホンダ撤退嘆いてるだろうなぁ。

それにしてもフラビオのおっさん、ピケJr.を追い込んで発奮させるために毎回琢磨の名前チラつかせるのはいー加減にしてくれ@@ 本気でアロンソの相棒としてルノーF1に乗せたいなら許すけど......。

|
|

« 老獪な策士に挑んだ青年監督>欧州CL準決勝バルサvsチェルシー第1戦。 | トップページ | 空白の4月から再生の5月へ♪ »

F1」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お邪魔しております。
<(_ _)>
かずき・・・('・ω・`)まぁー仕方なし?
ぴけJr・・・交代ですかね?(^m^
誰にって?
( ̄ー ̄a
ねぇーまってますよ!!
と言う具合ですね。
しかし、安定しないですね。本年度。
これからですかね?

投稿: ひろぽんっ♪ | 2009.04.30 01:53

☆ ひろぽんっ♪さん
どーもどーも、いらっしゃいませ。
今年ここまでまったくいいとこ無しですよねぇ>かずき君@@
相方が決勝はともかく予選で快走見せてるだけにヤバい。
エンジンメーカーのプッシュだけではそろそろきついかも。
日本企業を呼び込みたいウィリアムズですが
いまはどこも腰が引けちゃってますからねぇorz
ルノがピケJr.を煽ってますけど、トロ・ロッソも
両ドライバーのネガティヴモードを怒ってますねぇ。
http://www.topnews.jp/f1/10147.html
快走ヴェッテル君と同じ素性のシャシー使ってるだけに
開幕前テスト不足とはいえもうちょっと結果残したかった模様。
ならば、当初の候補だった経験ある日本人起用すべきだったデショウ。
琢磨くんは英国伝統イベントへの参加発表しましたけど
http://www.f1-kindergarten.com/view_09/20090429_2005.php
やっぱF1レースで再び走ってもらいたいです、何としても♪

投稿: <たぁ> | 2009.04.30 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/29360742

この記事へのトラックバック一覧です: “元ホンダ”と呼ぶのはもはや日本だけなのかも。:

« 老獪な策士に挑んだ青年監督>欧州CL準決勝バルサvsチェルシー第1戦。 | トップページ | 空白の4月から再生の5月へ♪ »