« 超太っ腹COLDPLAY>公式サイトでライヴ音源年内無料配布開始♪ | トップページ | 医療制度も地域行政も受益者本位で考えて。 »

2009.05.15

祝・6年ぶり全国ツアー50本を5/11見事完遂!!>山下達郎 Performance 2008-2009☆

今週月曜日5月11日の中野サンプラザ追加公演をもって、我々東京人が誇る東京生まれの素晴らしき音楽家・山下達郎さんの実に6年ぶりとなる全国ツアー[TATSURO YAMASHITA Performance 2008-2009]が終了した。自分もファンクラブを通して申し込んでいた第1希望の4月16日(木)中野サンプラザ公演を実に2列目やや右寄りという絶好の席で観る事ができ、そろそろ1ヵ月が経とうというのに未だ興奮冷めやらぬ気分。6年ぶりに目の前で味わう緻密なアンサンブル、卓越したインタープレイ、そして圧倒的な歌唱力と完璧なコーラスワーク。優れた生演奏と歌を目の前で享受できる幸せをじっくり噛み締めた夢見心地の夜だった。ホンモノの音楽家集団が本気で全力で発信する音楽にきちんと対価を払う事こそ、我々リスナーが文化を守るための唯一最大の手段ではなかろうか。ご本人が「まだこれから観る方のために、ブログ等々でのネタばれなどにはくれぐれもご配慮を!」と念押しされてたので^^;ここまでブログでちゃんと触れずに過ごしてきたけど、当日18時半〜22時まで目の前で繰り広げられた3時間半のステージは本当に楽しくて気持ちよくて素晴らしいひとときだった☆ 新しく演奏陣に加わったお二人のプレイにも感嘆。キーボードの柴田さんが金髪の頭を揺さぶりながらハモンドを弾く姿はバンドに一層アグレッシブな印象を加え、24歳の天才ドラマー小笠原くんともどもロックンロール(達郎さんはロックと言わずロックンロールのパッションって言うので♪)の熱さを持ち込んでくれたと思う。6年ぶりになってしまったいきさつや苦悩、今の日本の行政や文化事業に対する問題提起、音楽業界の現状など達郎さんはいろいろ語ってくれたし、そんな世の中にあってもこれからは毎年ツアーをやったり(ライヴハウス公演も視野に?!)積極的に作品発表していきたいと力強く宣言!して我々の期待をあおりまくってくれたから頼もしい。肝心のライヴについていろいろ書きなぐっちゃおうとも思ったけど、ツアー最終日の様子を音楽評論家・吉岡正晴氏が克明に素晴らしきプロの文章で公開されてらっしゃるので(必読!)素人の自分ごときが今更駄文で残す必要などないデショウ^^;(あとコーラスの要・佐々木久美さんがブログで当日のスナップ写真タップリ公開なさっててSaxの土岐英史さん直々にコメント残されてマス☆) 達郎さんがかたくななまでにセットリストをツアー通して維持し続けたのは、やはりファンの気持ちをとても大切にしてる証拠(チケット取得困難と聞くので多くの人が観に行けるよう自分は何度も足を運ばず1ツアーに1回観覧が原則。素晴らしいステージを一部熱狂的ファンだけで専有してしまうのは達郎さんにも申し訳ないんじゃないかな。勿論チケットに余裕がある場合は再度観に行きたいけど)。一部会場では奥様・竹内まりやさんとのデュエット「Let It Be Me」や彼女自身の大ヒット「September」達郎さんの「Circus Town」「Last Step」が加わったものの(今年2月に惜しくも亡くなられたファンクラブ担当スタッフの方に捧げるということで「Last Step」は4/16でも演奏。次なる機会で「Circus Town」を聴けますように)この6年間のヒット曲を挟んで王道ともいえる選曲で展開された本ツアーで、改めて自分が“達郎育ち”だったことを再認識した次第♪ 願わくば早々に再開される?!次回ツアーでは大好きな「いつか Someday」(先日『BSフジイ』でLead Vo.佐藤竹善+Chorus藤井フミヤ+A.Gt.&Chorus佐橋佳幸のトリオにより秀逸カヴァー演ってた!録ればヨカッタ@@)や「Love Space」「夏の陽」「時よ」「Windy Lady」「Dancer」「Rainy Day」「War Song」「月の光」「Funky Flushin'」「Rainy Walk」「Hot Shot」「Touch Me Lightly」「Monday Blue」「Silent Scremer」「2000トンの雨」「ピンク・シャドウ」「こぬか雨」「過ぎ去りし日々」(きっ、きりがない......)なんかもぜひぜひ演奏リストに加えていただきたい(噂されるライヴアルバム『JOY 2』にも収録を)。あー、早くスタートしないかな(爆)。


|
|

« 超太っ腹COLDPLAY>公式サイトでライヴ音源年内無料配布開始♪ | トップページ | 医療制度も地域行政も受益者本位で考えて。 »

好曲[male vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いや~っ、もう1ヶ月経っちゃったんですねぇsign01
思い出すたびに興奮しちゃいますup
本当の本物を聞ける喜びを思えばチケット代なんて
安いもんですdollarwink
今おかれている音楽業界の状況って音楽業界自体が音楽を
自ら消耗品にしてしまったことが大きいような気がします。
まぁ、これも最近何年か日本人が美徳としてきた消費という
価値観からくることなんですかねぇ。。。
大満足なコンサートでしたが、まだまだ聞きたい曲が
沢山ありましたね。
ライヴハウスなんてかで見られたら最高sign03
お誘いいただいて感謝感謝でしたgood

投稿: romankicker | 2009.05.18 08:47

☆ romankickerさん
お暑うございます@@ 近頃は季節感メチャクチャですネ〜^^;
さて......そーなんですよ、早1ヵ月ですよ、あのステージから!
自分が唯一加入している“ファンクラブ”ですが
存分にそのメリットを享受できたライヴ&座席でした♪
「BLOW」で全編ダウンストロークのスラップ(チョッパー)
貫き通しちゃう広規さんのベース魂やら
「Paper Doll」で熱いソロ弾きまくってくれちゃう
佐橋さん&柴田さんのミュージシャンシップやら
歌うだけじゃなく視覚的にも楽しませてくれちゃう
最強コーラス隊のエンターティナー精神やら
美しいピアノを弾き続けてくれちゃう
難波さんの不変の王子様キャラやら?!
先々どんなスーパードラマーになっちゃうのか
小笠原君の無限の可能性秘めた天才ぶりやら
すべてを達観したかのようにクールで熱い
土岐さんのサックスソロの包容力やら
そしてなにより、依然パワフルで圧倒的な
達郎さんの歌/ギター/トークのキレっぷりやら
......それを存分に味わえる我々は
音楽ファンとして本当にシアワセもんです(感涙)。
宣言通り?!次のツアーが早期に再開されるよう祈りつつ
まずはじっくり休んでいただきマショウ。

投稿: <たぁ> | 2009.05.18 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/29625519

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・6年ぶり全国ツアー50本を5/11見事完遂!!>山下達郎 Performance 2008-2009☆:

« 超太っ腹COLDPLAY>公式サイトでライヴ音源年内無料配布開始♪ | トップページ | 医療制度も地域行政も受益者本位で考えて。 »