« 空白の4月から再生の5月へ♪ | トップページ | NO 東京新聞, NO LIFE. »

2009.05.03

好曲[duet]☆「500マイル」 玲葉奈 duet with 忌野清志郎

自分が高校2年生の時に英語の授業を担当していたのは、いつもジャージ姿で面白さと怖さが共に際立つ異色の男性教諭だった。当時武蔵野地区に新設された都立高校で個性的な授業を展開していた彼は機嫌がいい場合、よくこう自慢したものだ:「自分の都立日野高校時代の同級生には有名人が2人いて、ひとりはRCサクセションの忌野清志郎。もうひとりは百恵ちゃんの旦那さんになった俳優の三浦友和。どう? すごいでしょ?」......その後は教育庁勤務を経て今や某校で校長を務めてらっしゃるというあの先生は、誇らしき同級生の訃報をどう受け止めているのだろうか。昨晩思い出してから気になって仕方がない。

清志郎さんの存在を明確に意識したのは、80年代初頭の野外イベントがTVで放送されたときのこと。個性の強いメンバーと共に「よぉこそ〜♪」と叫び、客席と「雨上がりの夜空に」を大合唱するRCサクセションのフロントマンは、強烈なインパクトと共にお茶の間へと姿を現した。派手なメイクと衣装で過激に歌うステージ上の清志郎さんは、しかしトーク番組などではすごく自然体というか、もの静かで抑制が効いていてシャイな物腰が印象的だった。しかも、常時はぐらかすような会話の中で平和に対する信念を語る時は一本筋の通った強さを示していたし、それはソロ活動における歌詞/メッセージにも日を追うごとに色濃く反映されていったように思う。愛と自由と平和、そんな普遍的なテーマを照れることなくストレートに歌うために、あのメイクは必要だったんだろうな。闘病生活にいまピリオドをうった彼自身の作品を残念ながら所有していない自分は、決して彼の大ファンではなかったし、でも彼の生き様や発信するメッセージにはエールを送りたいとよく思ってた。だから今夜は、自分のiTunesライブラリで唯一彼の声が聴ける、女性シンガー玲葉奈のアルバム『Sun Road』('03)収録・忌野清志郎プロデュース曲500マイルに改めて耳を傾ける。ピーターポール&マリー(PPM)の楽曲に清志郎さんが自ら日本語詞をつけて91年にスペシャルユニット“HIS”(細野晴臣・忌野清志郎&坂本冬美)で取り上げた秀逸なカバー曲を、玲葉奈の歌&ブルースハープと清志郎さんのアコギ&ハーモニーを軸に仕上げたこのテイクは、いつ聴いても胸に染みる名作として語り継がれる資格がある。あまりに歌詞がはまり過ぎて、今はいつにも増して強烈に染みる。残念ながら我々は“見知らぬ街へと出ていく”彼をホームで見送ることは出来なかったけど、おそらく大切な家族に見守られて力強く旅立てたのではないだろうか。先に旅立った筑紫哲也さんあたりとどこかで待ち合わせてるかもしれないな。合掌。

HISでの演奏が映像で残ってるとは。彼が遺した日本語詞の響くこと.......。


|
|

« 空白の4月から再生の5月へ♪ | トップページ | NO 東京新聞, NO LIFE. »

ニュース」カテゴリの記事

好曲[duet]」カテゴリの記事

好曲[female vocal]」カテゴリの記事

好曲[male vocal]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ここ数日、ミヨジの顔が浮かんでしょうがありません。
清志郎と聞けばあの暴力教師とイコールになってしまう私たち3期生・・・悲しい事に。
でも、「僕の好きな先生」が、めぐみちゃんのお父さんだってことも忘れてないよ~!

投稿: ばーばまま | 2009.05.05 23:40

清志郎・・・と言えば、「どうしたんだへいへいべいべぇーバッテリーはびんびんだぜ。」なのですが・・・
人生における終止符であり、
これから語り継がれるスタートでもあり。
ご冥福をお祈りいたします。

さて、またしても荒れたレースが行われましたが・・・
ちーむあかいはねうま・・・。
(-。-;
あろんそ頑張ってますね。←ここだけは真面目に評価したいですね。
とりあえず・・・次ですかね。

投稿: ひろぽんっ♪ | 2009.05.11 02:08

無休の仕事漬けGWだったので(アリガタヤ♪)
すっかしレス遅くなりまひた...すみませんっ!!!m(__)m
今日からセンセー稼業再開で、ある意味連休明け実感です@@
あ、早く寝なくっちゃ(生徒の手前、遅刻はねぇ^^;)

☆ ばーばままさん
久しぶり! お子様達と充実の連休過ごせた?
ほんと、清志郎さんの訃報聞いた途端に
“彼”のことを思い出したよね...。
自分は2年生の時しか習ってなかったのに
“高校の同級生”って話覚えてたんだから
繰り返し、ことあるごとに話してたというか
自慢の仲間だったんじゃない? 悲しんでるよ、きっと。
連休明け、校長として全校生徒に何か話したんじゃないかな。
そーか、ウチの高校/学年にはもう1つゆかりの方が
いたんだったね。彼女とは直接面識がないので
言われるまで忘れてた.....お父様のことが新聞に載ってたよ。
なんにしても東京の、それも多摩地区で育まれた感覚が
いろんな機会に伝わってくるアーティストだったように思う。
正直歌よりも、コトバと生き方に惹かれたよ、自分は。
我々も、すっかりご無沙汰の同窓生がたくさんいるけど
互いに元気にいてさえくれればいいね。願ってマショウ!

☆ ひろぽんっ♪さん
いらっしゃいませ! 週末はF1関連投稿し損ねマシタ....
さっき国営放送で「どーしたんだい♪」を放送してました。
やっぱ、稀有な存在として語り継がれる人だなって。
一方のF1スペインGPですが......ある意味驚きの連続で@@
赤いチームが給油量間違えてガス欠寸前・ペースダウンって
呆れるどころか、気の毒になっちゃいました(++)
キミもマシントラブルで早々に消えちゃったし
これってかつてアレジ&ベルガーが走っても走っても
完走すらできず優勝も表彰台も遠かった時代とダブって
.......懐かしんじゃまずいっすかねぇ(爆)。
イタリアンな気質が久々濃厚に漂ってマイリマシタ^^;
高額でピットに招かれてるドイツ人の元エース氏は
どう貢献するつもりなのか...経費圧迫してる張本人?!
なんにしても、キミにいいマシン&戦略用意してほしいっす。
あ、そういう意味ではグっとこらえて結果出し続ける
アロンソにますますスタンディングオヴェーション。
現役最高の称号は間違いなく彼のものですよね。
そして今年の勝ち組=ブラウンGP&レッドブルですが
今回はKYな相棒達が目立ったように思います。
ヴェッテル君の才能にワクワクしてたら
その前に躍り出て表彰台乗っちゃうウェバー然り、
赤組時代の“No.2”待遇を思い出したのか
バトンの戦略変更&優勝にケチつけるバリチェロ然り@@
特にバリチェロは......自分の立場わきまえないとねぇ〜。
あのマシンに乗って知将の最強戦略授けられたい人は
今やそこら中にいるんだし。
上り調子の集団にチームオーダー疑惑かけられるような
愚かな発言は完全にマイナスだったと言えるデショー。
だいたい、ロスがBOSSでバトンがエースって時点で
完全に英国オリエンテッドなチーム目指してるって
普通わかりますよネ。
そんなこんなで次は......モナコですよ、早くも。
自分が巨万の富を手にしていたら、真っ白な最強マシンに
望み通りのロゴとカラーリングを施して披露するのに
最高の場所&GPと考えますが、果たして.....。
見守りマショウ(^^)/

投稿: <たぁ> | 2009.05.12 03:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/29419581

この記事へのトラックバック一覧です: 好曲[duet]☆「500マイル」 玲葉奈 duet with 忌野清志郎:

« 空白の4月から再生の5月へ♪ | トップページ | NO 東京新聞, NO LIFE. »