« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

2009.06.21

憂鬱な'09 F1イギリスGPの週末。

母国GPで優勝したデイモン・ヒルを表彰台で祝福する故・ダイアナ妃......シルバーストン・サーキットにおける想い出のシーンの1つ。そんな伝統あるコースでのF1開催も(来年からドニントン・パーク開催になる計画のため)今年でひと区切りと思うと寂しい。この週末はそんな感情を抱きつつ、じっくり見届ける予定だった。ところが独裁マックス・モズレーとFOTAの全面対決が解決せず、とうとうF1分裂か?!という歴史的危機が訪れて、英国GP開催地の問題どころじゃなくなってしまった@@ 今宮純さんが自身のサイトにおけるコラム“Race Eye”や『Number』Webにおけるコラム“Score Card”で書いている、というか怒りをぶつけているように、我々ファンのみならずF1を愛するすべての人々を不幸にする不毛なメンツ争いが続いていて悔しい。天国のセナだって、すべてを捧げたF1の崩壊危機に相当悲しみおぼえてるんじゃないかな。頼むから権利持つ人々にはファンを裏切らない解決法見いだしてほしい。

異様な雰囲気のなかでさっき行なわれた予選はヴェッテル君が見事ポール! やっぱり彼は楽しみな存在。そんな超新星とフロントローで並ぶのがまさかバリチェロになるなんて(驚)。(母国予選6位に終わったバトンと決勝重量同じ!とわかったし)お気に入りコースって発言は嘘じゃなかったってわけか。相変わらずKYなベテランだ〜。2列目にウェバーも送り込んだレッドブルは好調そう。で、CX大喜びだった中嶋一貴くんの予選過去最高5位ゲット......なんだけど実は9,10位のライコネン&アロンソを下回ってベスト10の中で一番重量軽かったみたいだから1回目の給油早めってことで(ぎゃは)チームの信頼得るためにスタート肝心かも(中段スタートよりはトラブル回避容易?! 地元バトンと接触したら大ブーイング確実@@)。改めて決勝重量見ると、なんと1位のヴェッテル君が一番重いんじゃん! これ、スタートからうまく逃げちゃえば勝てる確率高いんじゃないだろーか? ただ決勝の予報は雨って噂もあるし、荒れたらまったく展開読めず。むしろ、現役元チャンプのライコネン&アロンソには恵みの雨になるかも。期待しよーかな(同じ現役チャンプだけどハミルトンは噛み合ってない印象......母国なのにねぇ)。先の見えないF1界だけど、日曜夜のレースについてはいつも通り、とゆーかいつも以上に迫力あるバトル期待したい。

#来年以降開催予定のドニントンだったら、何と言っても雨中のスタートとなった1993年・ヨーロッパGPの想い出が強烈。ごぼう抜きで1周目にトップまで躍り出たセナのベストレースに挙げたいくらい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

セ・パ交流戦“優勝”から先の道程が大事☆

忙しさにかまけて?!自分がまったく触れない間に今年のプロ野球交流戦が始まり、圧倒的な強さで福岡ソフトバンクホークスが優勝を決めてくれた(パチパチ☆)。余計な事を書かない方がそのまま勝ち続けられる気がして、陰で連日ほくそ笑んでいたのは言うまでもない♪(海の向こうでリハビリ中だった城島@マリナーズも同じ気持ちだったかも?!) とはいえ、交流戦優勝を成し遂げながらも......気がつけばリーグ最下位に終わってしまった悪夢の2008年を忘れるわけにはいかないし、そこは実際選手/監督/コーチも十分承知している模様。勿論、我らが王会長も同じ想いに違いない。この1ヵ月さんざん勝ち星を稼がせてくれたセ・リーグ各球団への戦いぶりを忘れず、再開後のパ・リーグ各球団に対してもガンガン仕掛けて勝ち続けてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FC東京反撃のノロシ:祝・Jリーグ再開初戦快勝☆

今野&長友の日本代表コンビも戻って迎えたアウェイの柏戦、中継全部観たわけじゃないけど、まさかあんなに理想的に勝っちゃうとは^^; 好調ナオがまた得点したのがまずウレシイ(前夜のNHK『ニュース9』インタビューでもいい表情してた)。横浜時代の先輩・俊輔と競演すべく代表復帰目指してほしい。今のナオなら貢献できるはず。ただし怪我だけは気をつけて。それからカボレ。よーやく今季リーグ初得点なんで喜んでばかりもいられないんだけど(笑)元Kリーグ得点王の嗅覚が戻ってきたならシメたもの。本領発揮をぜひ。そして相太! 我がチームの不良債権化してたけど、今日みたいに相手DF吹っ飛ばしながら動きつつ豪快シュート決められるんなら許す...かもしれない。その恵まれた長身を活かしつつ、サボらずに仕事し続けてれば間違いなく存在感増すんだから。それにしても中断明けとしては申し分ないスタートだなぁ。羽生くんの戦列復帰も中盤活性化の大きな要因だったに違いない。思いがけず出遅れた'09シーズン、ここからガンガン巻き返してもらいましょ。

ちなみに、景気づけにtoto "mini BIG"購入しといたら、久々に3等1口当選してた♪(大分&福岡のふがいない九州勢が勝ってくれてたなら......悔)まぁ「たかが3等、されど3等」。小額でもやっぱ当たらないよりウレシイし、今回購入分の元は取れてるワケだから(当然通算では負けまくりだけど@@)。またしばらく買い続けてみよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.13

半永久的に重宝しそうな無料スクリーンセーバーかも☆

連日面白いモノからくだらないモノ^^;までネタ尽きないギズモード・ジャパン(Gizmode Japan)を今日覗いて気になったのが“ウェブの情報によって生成される次世代クリーンセーバー”なる記事♪ 動画入りで紹介されたのはソニーのブルーレイディスク/DVDレコーダー宣伝サイトで無料ダウンロードできる<おまかせ・まる録>スクリーンセーバー。アプリケーションとして検索ワードに好きな単語設定しておけば、関連する文字/画像/動画を自在に織り交ぜて実に動きのあるアニメーションを自動的に作ってくれちゃう超スグレもの! 当然すぐにダウンロードして試してみたところ驚くやら感動するやら☆ わざわざスクリーンセーバー起動する状況にしたくなっちゃう始末♪ 人名・車名・チーム名...ひとまずキーワードに"Ayrton Senna" "Damon Hill" "Formula 1" とかいろいろ試して楽しみつつ(ほんとスゴイ!)"Kobe Bryant NBA FINALS 2009"と設定して現状一段落。あっ、ファイナル第4戦レイカーズ激勝の立役者:Derek Fisherって設定しとくのも悪くない。その日の気分で使えるか。まったくスゴいこと考える人がいるもんだと、そしてそれを可能にしちゃう技術があるもんだと、ただただ感心するばかり。OSやハードの環境変化で使えなくならない限りはずっと使い続けるデショ、これは(飽きたらキーワード変えれば即座にNew Version完成しちゃう手軽さが魅力☆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

なんとなく喜ばしい土曜日。

ヤンキースvsメッツのNYサブウェイ・シリーズで松井秀喜選手が誕生日祝っちゃう豪快逆転3ランぶちかましたし(場内総立ちに感激。肝心の試合は首脳陣のリベラ早め投入が裏目に出て再度逆転されるも@@メッツ新守護神K.ロッド乱調の末、A.ロッドの致命的内野フライが2塁手カスティーヨまさかの!お粗末エラーにより奇跡の?!サヨナラ勝利呼び込んじゃって大爆笑☆)久々の駒沢競技場で清水に3-1勝利収めたFC東京がナビスコカップ・決勝トーナメント出場決めたし(最初の相手は名古屋...ピクシー覚悟!)俊輔の海外プレー継続ムードが一層濃厚になってきたし(マリノスのアホ社長グッジョブ^^; 山瀬や狩野君いるんだしマツやユウジとの再タッグはまだ先でいーでしょ)朝から甥っ子の相手で結構グッタリしつつも気分は上々♪ あとは......今月中に実現しそうな城島の復帰が待ち遠し〜〜。

あ、御陰様で今日でこのブログも15万ヒット超えちゃいマシタ(汗)。遅筆な上に駄文ばかりで恐縮ですが、よろしければ今後ともどうぞおつき合いくださいマセm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月半ばといえばルマン&F1カナダGPの夜更かし観戦モードだった...

日本のモータースポーツファンにとって6月半ばの週末は、北米から届くF1カナダGPの映像と、欧州から届く仏ルマン24時間耐久レースの映像に胸躍らせながら夜更かしするのが毎年恒例の楽しみ......だったのに。ここ数年、ルマン中継は完全に見捨てられ、カナダGPもとうとうF1カレンダーから消滅してしまった@@ 寂しい限りでしょ、まったくもって。ただ救いは、インターネットでルマンの様子を追いかけることが可能だという事実。ルマン24時間耐久レース公式サイトはもちろん、今年は自動車専門誌『カーグラフィック』の姉妹誌『NAVI』とチーム郷が組んで“NAVI TEAM GOH”としてLMP2クラスに参戦しているので、その関連ブログ(現地からカーライフ・エッセイスト吉田由美さんナビゲート)でも現場の様子が伝わってくる。先ほどスタートして以来、早速いろいろ起こってるようで^^;中継映像が見れれば最高だけど、こうしてリアルタイムに状況掴めるツールがあるだけでも実にアリガタイ。明晩のゴールまで、ちょくちょく情報覗いてみよう♪(ちなみにF1カナダGPは復活の道を探ってるという噂も......メーカー各社の宣伝効果を考えても北米開催のF1GPはやっぱ残さないとネ)

間もなくトップが30周目に突入する現在、荒聖治選手がドライヴ中のNAVI TEAM GO:#5 - PORSCHE RS SPYDERは総合15位・LMP2クラス2位を走行中。まだまだ先は長いけど最後まで無事に速く走れますように!(祈)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.12

フィッシャー、神!☆ レイカーズ激闘制してNBAファイナル'09制覇に王手!

現在のLAレイカーズの軸は勿論コービー・ブライアントだけど、彼やガソル/オドム/アリーザの長身トリオの周囲をスピードと経験活かして縦横無尽に走り回るデレク・フィッシャー(Derek Fisher)も、ヘッド・コーチのフィル・ジャクソンにとっては必要不可欠な存在なんだと思う(だから去年復帰させたのかも)。185cmと“NBAにおいては小兵”ながら(ズングリしててどこか映画『ミュータント・タートルズ』を想起させるんだよな、昔っから。MLBの岩村選手もその系統じゃないかと......笑)疲れを知らずに駆け回るプレースタイルはシャック&コービーを軸に連覇重ねた当時から時を経た30代半ばの今も変わらない。そんな彼が今日のNBAファイナル'09第4戦@オーランドでもデカい仕事をやってのけた! 地元の声援をバックに前戦でファイナル初勝利を挙げたマジックが今日も前半をリードするも後半レイカーズが息を吹き返し、第4Qは両者譲らぬ大接戦のまま終盤へ。ここへ来て疲労からかシュートやフットワークのキレを欠くコービーが結果を出せなかった(それでも32得点/8アシスト/7リバウンドだけど^^;)のは、20リバウンドを越すマジックの柱=ハワードの大活躍が大きく影響したかな。レイカーズが突き放せない中、トルコ人のターコルーが3ポイントと通常ゴールを立て続けに決めてマジックが連勝濃厚になり、場内は大盛り上がり。「うーん、これで2勝2敗のタイか...」と覚悟したら、同点に追いついたレイカーズが残り4秒でフィッシャーの3ポイントシュート決まって土壇場で同点! かくしてオーバータイムに突入した試合は、再び(!)フィッシャー放った超美しい3ポイントシュートがゴールに吸い込まれて勝ち越し(半狂乱☆)。体張ってキープしたボールを彼に預けたコービーも長年のチームメートに厚い信頼寄せてるんだなと実感。自分にマーク集中するあの場面で預けるべきはフィッシャーだったということ。相手の汚いチャージにも負けずガソルがダメ押しゴールを決めて遂にゲームセット。敵地で3勝目を挙げたレイカーズがファイナル制覇まであと1勝にこぎつけた激闘のGAME4だった。こんな試合を生中継で追えるなんてイイ時代になったもんだ(NHK BS1グッジョブ)。とにかく3ポイント炸裂直後&試合終了直後に見せたフィッシャーの笑顔が実に良くて。さすがファイナル出場30試合目にして通算40本の3ポイントシュートを成功させた(オーリー、ジョーダンに次ぐ歴代3位とか!)小さな巨人だけある。自分がレイカーズを応援するなんてシャック在籍時には考えられなかったけど、コービー/ガソル/フィッシャーの牽引する現在のチームは見ていて実に魅力的だし、何としても今季の頂点に立ってほしいと願うばかり。あと1つ、頑張れっ!(わざと次戦を相手に譲って本拠LAで決めるのもアリ?!......ジャック・ニコルソンはその方が喜ぶかもネ^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.11

近頃のBGM。

少し前の話。5月最後の週末は姪っ子の運動会に婿殿のご両親が上京されるということで我々東京実家部隊は珍しく?!預かり保育免除となった(とはいえ寝たきり愚父の世話は全くもって日々通常通りなんだけど@@)。なので、久々にHMV月末恒例ポイント10倍DAYを覗いてきた。そこでGETしてきたのは、年初から輸入盤で話題になってたデヴィッド・フォスターTRIBUTEコンピ『FLY AWAY : The Songs of David Foster/フライ・アウェイ〜ザ・ソングス・オブ・デヴィッド・フォスター』('09)の5月発売国内盤と、Woodstock Tapesなる欧州レーベルから今春リリースされた(権利怪しい?!)Don Henley の93年11月・ボストンにおけるチャリティーコンサートを収録したライヴ・アルバム『END OF INNOCENCE』('09)の2枚。前者はもう余計な先入観抜きに良質の洋楽ナンバー楽しめる好盤(!)でスタッフ&コンセプトがしっかりしてるから安直なその辺のお手軽コンピとはまったく別物。ここんとこカーステでも電車でもiPod nanoに突っ込んだこのアルバムを相当聴きまくりで、事前にネット試聴して確信してたけど購入大正解♪ 後者はCDのタイトルからして「The End Of The Innocence」の誤植スルーしちゃってるんだけど(意図的?!....苦笑)翌年MTVアンプラグドでイーグルスがまさかの再結成Live披露&活動再開した事を思えば貴重な時期のソロLive音源なわけで、その辺を意識しながら聴くとなかなか興味深い('02年頃にはTraditional Lineなるレーベルから『One of These Nights』ってタイトルで一時発売されてたらしく中古盤出回ってる模様。Amazonじゃ扱ってないけど@@HMVやTOWERで新盤購入が間違いなくお得)。結構聴ける内容だし、ファンなら持ってていいんじゃないかと。ただし自分はiTunesにCDからリッピングするにあたってはアルバム・タイトルを『1993 Labor Day Benefit Concert : Live at The Fox Bowl Stadium, Boston』に変えちゃったけど(^^)v 関東地区も梅雨入りしたらしーし、この2枚を軸に気持ちいい音楽聴いて雨で憂鬱な季節を元気に乗り切っていかねば♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

バックミラー越しに伝わる存在感☆

先日、身内の用事で愛車を運転していた時、ふと視界の隅に赤いクルマの姿が飛び込んできて。よくよくバックミラーを覗いてみたら......後ろを走るのはボルケーノ・レッドを身に纏った現行ルノー・ルーテシア1.6eLeだった♪ かつて自分が溺愛したオットマン・ブルーの前相棒とはeLe仕様ゆえヘッドライトの中身が若干異なるしドア枚数も多分ミッションも違うんだけど、やっぱりあのスタイリングやデザイン・ディテールには日本の小型車が持ち得ない華がある。ポップであり、かつ精悍なあの顔つきを実車で見れば、間違いなくその存在感に気づくと思う(それだけに広告やカタログの写真だけでは伝わらないもどかしさも)。丸みとエッジのバランスが絶妙なカタチに鮮やかな赤が超似合ってて、先方が交差点を曲がっていくまでバックミラー越しに何度も眺めてしまった。乗れば乗るほど良さがわかってくるクルマだったし、あの女性もきっと生活に欠かせないパートナーとして何処へ行くにも気持ちよくステアリング握ってるハズ。今年度中にはきっとマイナーチェンジモデルが入ってくるんだろうけど、自分としては2006欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した際の現行オリジナル・デザインに今後も愛着持ち続けるんじゃないかな☆ やっぱイイ。スタイル/カラーに加えて小型車として突出した安全装備の充実ぶりと軽快感/取り回しの良さを考えたら間違いなく超お買い得なPriceだし、今年トップ替わったというルノー・ジャポンには現行モデルをもっと胸張って販売してほしい。

#ルーテシア(CLIO 3)のマイチェンには違和感否めないけど、兄貴分の新型メガーヌ、それもクーペに用意されたRenault Sport仕様には個人的にかなりグっときてる♪ 何にも似てないというか、アグレッシヴな雰囲気が結構好きかも。ハッチバックもこのテールランプにすればもう少しカッコよく見えるのに...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

深爪体質。

手の爪が伸びてる時って、どーにも肩や首の疲れが増すし、割とマメに爪を切るようにしてる。まぁ、その方が清潔だし、愛車からMacから色々とキズつけずに済むし。ただ、悩ましい場面にも遭遇する。例えばコークの缶を開ける時。プルトップを開けるのに相当手こずることが時折^^: もっとも最近は缶の形態が多様化したので、都合のいいタイプを選べるからウレシイ☆ あと、指先を使う場面としてやはり爪の長さを強く意識させられるのが、楽器をいじる時。クラシック・ギターを弾く訳ではないから、基本は深爪でまったく問題ないというか、特に指板を押さえる左手は爪が長いとほんとに邪魔で仕方ない。右手の人差し指あたりはピッキング繰り返すうちに必要以上に削れてっちゃう事も多いけど。これがベース弾く時になると、多少違ってくる。右手の親指でスラップ(いわゆるチョッパー♪)やるには、ちょっと爪残しておかないと強度足りないカンジ。同様に?鍵盤弾く際も気をつけなくちゃいけなかったんだけど......先日久々にピアノ弾いてたら(アコピ的タッチの鍵盤だったこともあって)気がつかないうちに深爪状態の両親指に血が滲んでてビックシ@@ それでもみんなで音出してる間は大して気にならなかったんだけど......帰宅後〜数日軽い痛みとシビレがっ(++) 結構日常生活でも支障あるもんで、Mac仕事してても時折ショートカットキーを押しながら「ウッ」とか思ったり......ああ情けない。今夜から徐々におさまってきた気がするし、軽くひと安心。過度の深爪にならないよう、少しは気をつけるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.08

「ウズベク戦視聴率24.4%」ってテレ朝中継で我慢したヒトの数字だけでしょ。

ビデオリサーチ社の調査による6月6日(土)夜のFIFAワールドカップ2010南アフリカ大会・アジア地区最終予選<ウズベキスタン代表vs日本代表>戦の関東地区平均視聴率が24.4%を記録し、本予選最高をマークしたとのこと。23時キックオフで25時頃に試合終了だったから、立派に高視聴率☆ もっとも産經新聞はこのニュースの見出しにわざわざ『健闘もドーハの半分』って付け加えちゃうんだから実にイヤラシイ。1997年当時と比べて12年後の現在は衛星放送受信できる世帯数が伸びてるし(むしろ視聴できない世帯数の方が少ないのでは?)テレビ朝日の角澤アナ+松木安太郎氏による絶叫連発劣悪実況中継に我慢できない人はNHK衛生第1放送(BS1)での生中継を選択していたハズ(もっとも今回の中継は現場解説者に超つまらない山本氏、スタジオ解説者に低俗ダジャレ好きな早野氏だったから手放しで歓迎は出来ず......CM&絶叫ないだけ好ましかったけど、守備陣もキチンと評価できる小島氏とかNHKには他に適任沢山いるのに、テレ朝と違って@@)。つまり、地上波中継+衛星中継の視聴率はもっと多いでしょ(今回に限らずアジア地区公式戦の場合はNHK BSを選べるため演出過剰なテレ朝中継はまず見ない気が)。CS放送以外TBSしか選択肢なかった今春のWBC生中継とどっかで比較しているフシもあるし、大体ことあるごとに“野球vsサッカー”の図式を持ち出し“野球の国・ニッポン”と印象づけたいマスコミの思惑が見て取れる。自分はどっちのスポーツも大好きだし、共に繁栄するよう報道してくれればいいだけのハナシ。いい加減改めましょーよ、日本の主要新聞社&民放各社各位(怒)。

もっとも、週末に若者の街・吉祥寺へ都議選応援演説に訪れて堂々「“カザフスタン戦”の中継視た?」って聴衆に問いかけたアソウタロウ氏のウソつきっぷりには誰もかなわないけど@@ 日本代表はどこの国へ戦いに行ってたんだっつーの!(呆) あんなに品格も知性もない人が未だに我が国のトップだなんて、恥ずかしすぎる......orz

おっと、肝心なこと忘れてた。
まずは2010年ワールドカップ出場権獲得オメデトウ日本代表
アソウタロウ並みに酷いシリア審判団の偏向ジャッジにも負けず
よく最後まで頑張ったと思う。ほんと、オツカレサマ。
出た事しか意義を見いだしにくい2006年の屈辱を思い出して
来年南アフリカで何かを成し遂げるだけの武器をこれからの1年間で磨かれたし☆
(途中出場した本田にはガッカリ。先日のキリンカップ初戦で随分“変身”してて期待したのに、元通りの守備せずバランス崩すワガママ野郎にもどっちゃってた@@ 試合後、岡ちゃんに頭ポンって小突かれてる映像流れてたし、きちんと修正できれば戦力になるはずなんだから反省してチームコンセプト遵守を改めて!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.05

人呼んで......“天界に登ることを許された男”。

常にアクティヴで視野の広い古き友人が今宵のブログで
ネタとして取り上げていたのが<キャッチコピーチェッカー>なるサイト。

http://nameall.cosotto.com/catch/

なかなか面白そうなので(感謝)我が本名の漢字表記を
深夜早速試した結果が表題のキャッチコピー☆
よくわかんないけど気分は「オラ、孫悟空みてーだ♪」(^^)

ちなみにカタカナ表記で試したら...“エゴ・エコロジスト”だって(苦笑)。
ひらがな表記の“利権の申し子”は一番遠いイメージかな。利権に縁ナシ@@
ローマ字フル表記だと“雨の香りがする男”...語感はイイけど雨男じゃないつもり(焦)。
普段使ってるローマ字表記の名前短縮版なら“モンテカルロの蒼い風”。
WRC・雪のモンテカルロ・ラリーをインプレッサ辺りで駆け抜けるイメージ?!
あと<たぁ>でやったら“秘密のままの秘密兵器”だって(わはは)。
......やっぱココは本名の漢字表記ヴァージョンをありがたく頂戴しよ☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »