« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009.09.27

バトン不調の理由はなに?!@F1シンガポールGP予選

久々ポイント獲得したイタリアGPではコース下見に道端ジェシカ嬢を同伴して絶好調だったのに、昨日の予選ではまさかのQ2落ち。ひょっとして、いつものよーにスポーツ報道を芸能化したがる愚かなフジテレビSTAFFがシンガポールに久々送り込んだ山田優が原因?! 彼女、昔っから「バトン最高!」ってつきまとってたけど、ジェシカ嬢に見事先越されちゃって邪魔しに現場へ?(それとも新しいF1セレブ物色=婚カツが真の目的?!@@)バトンも何か過去にうしろめたいものがあったりして?!(おいおい^^;)まぁ、冗談はさておき、「フェラーリ時代と違ってチームはフェアに闘わせてくれてる」なんてバリチェロに言われちゃって、バトンも“優遇”お願いしづらい状況なのか、どーも弱気で冴えない印象.......千載一遇のチャンスなんだから英国系ドライバーの代表として、もっとしっかりしてくれないかな。シンガポールの夜景をバックに走る幻想的な市街地レースは絵的に結構イイんだけど、抜きどころないから決勝はピット戦略と事故・セーフティーカー次第になりそう......フェラーリは今回完全に蚊帳の外か(キミ、めげずに頑張れ〜)。

復活した鈴鹿での日本GPまであと1週間か......行きたかったな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009.09.13

Which is The Better Tactics? - 1stop or 2stops : F1イタリアGP決勝

前戦ベルギーGPで2位表彰台獲得したイタリア人ドライバーのフィジケラがフェラーリに電撃移籍して盛り上がる今年のF1イタリアGP@モンツァ。昨日の予選で1位ハミルトンに続いたのは近頃大注目のスーティル。相棒リウッツィーも7位獲得したからフォースインディアのマシンは明らかに速くなってるんだけど、とりわけスーティルは何か掴んだなってカンジ(拍手)。彼らのほかマクラーレン/ブラウンGPも2台を上位につけて共通項を探せば......いずれもメルセデス・エンジン。やっぱ今でもこのコースではエンジンの優劣がハッキリ出るってことか。そんな中、気を吐いて3番グリッド死守したのが復活キミ・ライコネン。跳ね馬エースはやっぱ彼。で、注目の決勝は、燃料搭載量から軽い上位3台だけが逃げて逃げて2ストップ作戦、残りはすべて1ストップ作戦(!)という予想らしい。ブリヂストンの浜島さんが「柔らかい方のタイヤでもはハーフディスタンス(決勝レースの半分の距離)を走りきれる」と太鼓判押してるそうだから、1ストップもありなんだそーな。こりゃ、レース後半に思わぬ接戦を目撃できるよう期待せねば。個人的には今回もやっぱ「頑張れ、キミ☆」モード。考えてみればアレジ/ベルガー時代以来だな、自分がフェラーリドライバーにこんな声援送るのは^^; 強固なメルセデス包囲網を打ち破って、地元のティフォシ達を喜ばせてあげなくてはネ(フィジコはどこまで追撃できるかな? 首脳陣はポイントGETを望んでるはず......昨日予選前のクラッシュが痛かったか@@)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009.09.08

好曲[cover song]☆「スキップ・ビート」Superfly

以前にも書いたけど、自分は気に入った音楽/映像作品はCD/DVDなどパッケージで所有しておきたいタイプ。身を削って発信し続けるアーティストに敬意を払い、また次なる創作につなげてほしいという想いも込めて。ただ、試聴した結果、アルバム収録曲中惹かれる楽曲があまりに少なかったりCDシングルのリードトラックがアルバムとだぶってしまいそうな場合は購入を躊躇してしまう。なので、やむを得ず曲単位で購入したい衝動を満たすために、これまで試聴以外はコカ・コーラのキャンペーンによる無料ダウンロードでしか利用した事がなかったアップルのiTunes Storeをちゃんと利用することにした(おおげさな決意表明だなぁ^^;)。先日近所のヤマダ電機へ立ち寄った際、3000円分のiTunes Music CardをGetしてきてチャージを済ませ、仕事の合間etc.にいろんなナンバーを12曲さっそくお買い上げ♪

その中に含まれた唯一のライヴ・テイク、それが女性ヴォーカリスト越智志帆嬢のソロ・ユニット“Superfly”の「スキップ・ビート」。7月末に発売された最新CDシングル『恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで』('09)のみ収録のカップリング曲=NHKホールにおけるこのライヴ音源は、もちろんあのKuwata Bandによる大ヒット曲をカヴァーしたもの。以前フジテレビ『僕らの音楽』に出演した際にも披露してたけど、アレンジは割とオリジナル・ヴァージョンを大事にしてて、彼女がキーを5度上げて(原曲のAmからEmにアップ↑)歌っても違和感ゼロというか、非常にパワフルでカッコいー☆ 選曲センスとそれを歌いこなす彼女のヴォーカルに購買意欲刺激されてiTunes Storeで一本釣りしてしまった♪ 近頃デビューした若手女性シンガーのなかでもハツラツと歌う彼女の唄はダントツに歌詞聞き取りやすいし、あの小さなカラダからは想像できない声量は魅力十分。オリジナル楽曲にも結構恵まれてるみたいだし(同時期に出てきた福原美穂嬢も歌唱力ある素晴らしい逸材ながらなかなか路線定まらないし何より楽曲に恵まれてないと思うのは自分だけ?!orz)今回みたいにシングルでは面白いカヴァーを今後も取り上げていくとイイかも。

そう、「スキップ・ビート」(英語表記は"Skipped Beat"......ご存知?!)といえばさっき、作曲者の桑田圭祐さんもソロ公演で“セルフ・カヴァー?!”してる最新ライヴ映像流れてた! フジテレビ『桑田圭祐の音楽寅さん』で放映されたのはスペースシャワーTV開局20周年を記念した<SPACESHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009@山中湖>8/31最終日に大トリとして桑田佳祐 & SUPER MUSIC TIGERS名義で出演したライヴ映像のハイライト部分(フルサイズは10月にスペシャで見れそう♪)。えらくゴージャスなメンバーによる熱くて安定してて超分厚い演奏をバックに(Vocal & Guitar 桑田佳祐・Guitar 佐橋佳幸&斎藤 誠・Bass 亀田誠治・Drums 松田 弘&小田原豊・Keyboard 原 由子&片山敦夫・Sax 谷中 敦 -東京スカパラダイスオーケストラ- & GAMO -東京スカパラダイスオーケストラ-・Trombone 北原雅彦 -東京スカパラダイスオーケストラ-・Trumpet NARGO -東京スカパラダイスオーケストラ-・Chorus 安奈陽子/村石有香/佐々木久美・Manipulator 角谷仁宣......スゴイ!)桑田さん超気持ちよさそうに歌ってたなぁ。当日披露した10曲のリストを眺めると、ソロ/Kuwata Band/サザンと彼のキャリアをまんべんなく網羅してたみたいだし......こりゃヒロシさんと原坊を含め多分いま一番一緒に演ってて楽しい頼れるメンバーなんだと思う(サザン休止は仕方ないかもネ.....)。ただし......人生で初めて購入したCDがKuwata Bandの2枚組ライヴ盤『Rock Concert』('86・当時アナログLP発売はなくCDとカセットのみで発売だったためCDプレーヤー初購入してまで聴きたいと思った名盤!)だった者としては、やはりあの“オトナのバンド小僧6人”による「スキップ・ビート」の暴れっぷりに優るテイクはありえないなと感じた次第。ジュン坊こと河内淳一氏の超ヤンチャなギターソロ&ハモリがなくっちゃ☆☆☆(佐橋さん、ごめんなさい〜〜〜) やっぱ自分は桑田さんのソロよりもサザンよりもKuwata Bandが大好きだーっ! ライヴ盤とは別に当時東宝スタジオで映像収録したスペシャルLiveもLD版と同じ内容で画質クリアにして再発してくれたら絶対買っちゃうのに@@

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »