« 好曲[arrange]☆「Galvanize」The Chemical Brothers | トップページ | 今更ながら[TMT.blog MUSIC AWARD 2009]発表☆ »

2010.01.13

ひとまず預けて考える>我家に合ったお墓の在り方。

昨2009年の今頃は、意識こそ回復したものの歩行も排泄も自力で行なえなくなった愚父について担当医がしきりに退院促し始め、ソシャルワーカー氏に助言を求め、各方面に問い合わせ繰り返しながら在宅介護受け入れに向けた準備に奔走していた。年末年始を病院で過ごした愚父の1年前を憐れみ、今年は年末〜正月/松の内ぐらい自宅で過ごさせてあげようと遺骨を保持していた次第。

そして、つい先日、年末に予約しておいた多磨霊園みたま堂という納骨堂に遺骨を預けてきた。都民が一時的に遺骨を預けられるようになっており、1年ごとの契約で最長で5回まで更新可能とのこと。遺族がじっくりお墓を探す上で、理にかなった制度だと思う。父方実家の墓があるので多磨霊園には幼少時から数えきれないほど訪れているものの、やはり昨年急逝した叔父の遺骨をここに預けている親族に教えてもらうまでは、みたま堂の詳細についてもこの制度についてもまったく知識がなかった。

愚父は三男坊なため、最初から実家の墓に入るという選択肢も発想もなかった上、本人も事あるごとに「海に撒いてくれ」などというほど、墓には執着心がなかった(てゆーか準備する気もなかった......さすが「金は生きてるうちに使うもんだ!」と生保加入すら拒み続けた失格家庭人らしい......呆)。で、遺された我々がどう考えるかというと、正直なところ一番重視したいのが「(身内に死後まで)迷惑かけたくない」というポイント。愚父同様、母も自分も可能なら“海に散骨こそ理想”ながら、実際は現行法制度上いろいろ問題山積らしい(NPO法人などがいろいろ始めてはいるけど...)ので、とにかく我々の死後も身内の誰かに手入れさせたり管理費払わせずに済むような墓を見つけられればと思う。妹夫婦には、死後の我々なんぞに無駄なお金や手間をかけることなく、姪と甥が幸せに人生を送れるよう全てを注ぎ込んでほしいと願うからに他ならない。それゆえ、敷地や墓石など形式や体裁にこだわるつもりは一切ないし、東京都が力を今後整備進めると先日新聞に取り上げられた「樹木葬」という手法にも大きな関心を寄せる。要は、人を偲ぶのに命日やカタチ・様式が重要なのではなく、いつ如何なるときも想う心こそ大切じゃないかと。資料集めと視察を重ねて、納得いく墓探しが出来たらいいな。頑張ろう(おっと、その前に故人の生前所得申告期限まであと半月だ。急げ〜@@)。

|
|

« 好曲[arrange]☆「Galvanize」The Chemical Brothers | トップページ | 今更ながら[TMT.blog MUSIC AWARD 2009]発表☆ »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
みたま堂、うちの母親もしばらくそこで預かってもらってましたよ。中の静謐な感じがちょっと圧倒されますよね、あそこ。

投稿: たぁさんの息子 | 2010.01.14 02:15

☆ たぁさんの息子さん
こんばんは。世継ぎを授かった記憶はないのですが^^;
今年もよろしくお願い致しますっ。
建物の存在は知っていても、法要のためのホールだと思ってました。
確かにあの中は独特の雰囲気に包まれていました。
おまけに冬場ゆえ、外は快晴でも中はかなりの冷え込みで@@
我々のような利用者には7,500体収容の一時収蔵施設が、
30年更新の5,200基の長期収蔵施設が用意されているのですね。
長期の方も抽選の倍率は相当高いそうで
空きが出来ても毎年すぐに埋まってしまうとか。

投稿: <たぁ> | 2010.01.14 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29102/32976974

この記事へのトラックバック一覧です: ひとまず預けて考える>我家に合ったお墓の在り方。:

« 好曲[arrange]☆「Galvanize」The Chemical Brothers | トップページ | 今更ながら[TMT.blog MUSIC AWARD 2009]発表☆ »