アウディA3スポーツバック

2011.10.01

愚父三回忌を兼ねて合葬埋蔵施設献花式参列。

A3sb_111001a111001a寝たきり在宅介護の末、糖尿愚父が2009年10月5日に旅立って間もなく早2年。彼の眠る小平霊園・合葬埋蔵施設が毎年10月1日に献花式を行なっているということで(命日直近……実にありがたいなと)三回忌という意識で母と参列してきた。老若男女、非常に多くの方々が自然体で集い開放的な雰囲気のなか執り行われる式典で好感抱き「選択は間違っていなかった」と改めて思う1日となった。母も愚父遺骨と同時に生前申込を済ませており、さらには自分も今年生前申込行なって無事当選の案内が先日来たばかり。妹や姪/甥に対し、最低限[お墓の問題]で心配や迷惑をかけることはなくなっただけに、さしづめ今の気分は「備えあれば憂いナシ」といったところだろうか☆ そのあとは父方実家の墓がある多磨霊園に立寄り、そんな顛末もいろいろ報告して本日のミッション無事完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.01.04

[A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 2nd Season突入。

バタバタと過ごしていた2008年末の12月27日より、漆黒の我が愛車アウディA3スポーツバック 1.8TFSIリミテッド君との生活が2年目に突入していた。この半月は出動先がほとんど病院との往復とスーパーへの買い出しに特化されていて@@秀逸なロングツアラーには非常に気の毒な使用条件が続いてるものの、ヒトでもモノでも文句ひとつ言わずに快適に運び続けてくれている。3ドアから5ドアに買い替えた恩恵は、術後の母も重宝するようになった後席への乗降時に効果大(やはり年配の人を乗せる上でドアの枚数&サイズの違いは大きいと再認識しつつ、自分が元気なうちにもう1回クーペや3ドアハッチに乗っておきたいという想いも☆)。また、ルーテシア3と同じホイールベースゆえ取り回しの良さが変わらないのも美点。病院やスーパーの駐車場でも使い勝手はすこぶる良好(それでも世のオバチャン達がバッグや自転車でこすっていくのは不可避か......涙)。そんな日頃の感謝を込めて、今年こそは健脚でフォトジェニックな愛車とともに数回遠出できますように(秋に復活・鈴鹿F1へ行くか否か思案中)。そういえば、近所ばっか走ってるせいか、秋にマイナーチェンジした目元パッチリの新型A3をまだ見かけてないな。勿論、自分は我が愛車のイケメン丸4灯が大のお気に入りなので☆買い替え不要なんだけど、新登場の1.4TFSI同様1.8TFSIはDSGが乾式7段になってミッション軽量化進んだハズからかなり魅力的だし、2.0TFSIはクワトロ化でエンジンパワーを一層効率よく使えそうだし、これから買おうと思ってる人には既存オーナーとして「安心してどうぞ!」とオススメできちゃう。

A3sb_081227aA3sb_081227bA3sb_090102cA3sb_090102a
A3sb_090102bA3sb_090102fA3sb_090102dA3sb_090102e

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.12.15

[A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 1年目の初メンテナンス。

A3sb_081215cA3sb_081215aA3sb_081215b1997年・春にA4 1.8T quattroを購入した際にはなかったアウディのアフターサーヴィス、それがアウディ・フリーウェイ・プラン Audi Freeway Plan。“3年間/走行距離無制限の一般保証、アウディエマージェンシーアシスタンスとともに、新車登録日から3年間(走行距離5万km以内)に渡り大きな安心感を提供”するためのメーカー施策は、ユーザーにとって当然ありがたいモノ。アウディに限らず各輸入車メーカーは近年この分野に非常に力を入れていて、標準装備されている充実した各種安全対策と併せて、日本国内のメーカーより結果的に安心&リーズナブルなセールスポイントだと思う。昨年暮れに購入した我が家のA3スポーツバックも、納車1周年にあと半月程と迫ったところで、初のメンテナンスを受診(国内メーカーがよく実施している“新車1ヵ月or1,000km点検”というのは実際走行距離も少なくあまり不具合など出にくいわけだから、耐久性や品質が著しく向上している現在の乗用車であれば、何かトラブルでも発生しない限りアウディのようにまずは1年ほど使用した上でチェックを受けるのが効率的だし、実情に即してるかも)。営業担当氏の御厚意に甘えて、終日授業で留守してるうちに自宅でピックアップ→点検/メンテナンス→自宅に返却をお願いしてしまった(スミマセーン^^;)。この1年の間に数回起きたパワーウィンドウのワンタッチ機能不全(A3オーナーの方のブログにひとまず解決法掲載されていたので、使用上は大きな支障シ)などを再チェックして頂いた他はまったく問題なく、無料メンテナンスメニュ−各種(エンジンオイル&エンジンオイルフィルター交換/ワイパーゴム交換etc.)も実施してもらって、自分が夜帰宅した際には無事定位置に(車内外もキレイに♪)。書類のやりとりも実費の支払い方法確認や手続き等もないし、担当氏とのメール交換のみで実にあっけなく(笑)スムーズに終了☆ 来年の点検に向けてはもうちょっと距離をのばした上で(介護の行方次第か...苦笑)受診させてやりたい、すこぶるオーナー孝行の我が優良A3君なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.12.07

[A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ 瞬く間に12ヵ月目突入。

A3sb_081206aA3sb_081206bA3sb_081206c漆黒の愛車A3スポーツバックが納車されたのは2007年暮れの御用納め時期だったから、初めて迎えた秋だったんだけど......紅葉見物に箱根や富士五湖方面へ出かける間もなく師走に突入(特に今週は愚父が失態続きでさんざんふりまわされまくりだったし遠出はやっぱ当分先か......@@)。 仕方なく?本日使用した駐車場で目に留まったささやかな紅葉とのスナップで我慢。とはいえ、クルマの方は嫌な顔1つせずにチビ達や親達を乗せて近距離移動の足としても実に快適であることを日々証明してくれるから大満足(それだけに、さらに得意な長距離&高速走行させてあげたくなるワケで...orz)。去年の今頃購入を後押ししてくださったアウディのセールスマン氏にはすっかしご無沙汰しっぱなしなので恐縮しつつ、本日キチンとご案内頂いた1年目の点検を近日中にシッカリ受けさせねば(走行距離がまだ4,000kmだもんなぁ^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008.08.14

真夏の多摩霊園訪問。

A3sb_080814a妹一家が旅行に出掛けて珍しく襲撃の心配もない今週後半^^;我が家では最近の懸案事項だった父方の墓参りを画策。朝から快晴に恵まれた本日、猛暑ながらも若干カラっとした印象だったため、意を決し?!掃除道具と母をA3に乗せて多摩霊園へ(肝心の無気力糖尿愚父はもはや外出を放棄したかのように歩く意欲すらほとんどなく怠惰な日々を極めているため脚力急激減退中@@ よって同行するわけもなく......テメェの両親達のお墓だろーが!......呆)。出かける直前の瞬間的豪雨に一瞬怯むも、ひと雨降ったお陰で若干涼しくなり、むしろ助かった。お盆突入したせいか、甲州街道での移動は割にスムーズ。すんなり現地に到着し、ご先祖様の眠る区画へ近づくと......日差しと雨滴を連日存分に浴びたであろう木々や草達が見事に成長済み(焦)。愚父入院中に我々が前回訪れたのは祖母の誕生日/命日にちなんだ5月だったけど.......まさかあのあと誰も来てなかったとは(悲)。年を重ねて体力的にそろそろ自力移動しんどい親世代の親類各位は仕方ないとして、同世代の従兄弟達にはもうちょっと顔出してもらいたい気分。やれやれ。かくして、雑草排除&墓石清掃に1時間ほど奮闘し、全身から汗噴出しまくり〜^^; まぁ、ご先祖様達が快適になってくれるなら炎天下の作業も報われるってモノ♪ 愚父のテイタラクぶりをさんざん言いつけたあと諸々片付けて、クーラーの恩恵に預かるべく愛車に退避。真夏日続く今年の夏にあってアウディのエアコンは優秀な冷却性能を発揮してくれてるし、本日もそのお陰で熱中症にならずに?無事帰宅できたのであった。近いんだし、あまりご無沙汰しないよう次回は早めに訪れねば☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.08.08

猛暑を目視@@

080808a脚力減退一直線の無気力愚父を外来受診に送っていくため、直射日光浴びまくる漆黒の愛車に乗り込んでみると......なんと我がA3のメーター内には気温“39.5度”なる気絶しそうな表示が! そりゃどうあがいても暑いワケだ〜〜〜@@ ここまで来るとツライというより(元々7月生まれのせいか暑さ自体はそれほど苦じゃない)正直コワイ。ダイジョブか、地球。ちなみにさっき出かける前に多摩地区を襲った地震は震源結構近かったようだけど、大学1年まで“住宅公団初期基準”の団地3階で育った庶民にとっては大した揺れと感じられず(^^) 高層マンションにお住まいの方は怖かったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008.08.01

リッター200円目前@@たまには?!勝手にクルマ放談でも。

事前に報道機関でいろいろ取り上げられていた通り、原油高騰のあおりを受けて今日からガソリンスタンドでのガソリン小売り価格がまたまた一斉にUP。News映像にはレギュラーで183円〜189円(!)の看板が映ってた。31日の給油行列を避けるべく、一昨日行きつけのENEOSで我が漆黒の(空調よく効くからイイけど車に近づいた時&ドア開けた瞬間がマジ暑い!^^;)A3スポーツバック君を満タンにした際はハイオクながら1リッター当たり183円だったから、やはり給油戦略?大正解だったことになる(とはいっても45リッター入れて8,000円超える支払いはやっぱり値上がり実感した〜〜@@)。両親共々東京生まれゆえ自分にはお盆長距離帰省に縁がないけど、帰省&行楽シーズンど真ん中に突入するこの時期だけにユーザー/販売業者いずれにも相当痛い値上げになりそう(4月にはガソリン価格に特別税がどんだけ乗っかってるか実感しちゃったし余計にズッシリorz)。まぁ、夏休みの姪&甥をケアしたり^^;怠け者の愚父に1日3回の血糖値測定+インシュリン注射+食事させたり(怒)勿論仕事もいろいろ頂いてる手前、なかなか長距離ドライヴ敢行できない自分の現状では、それほど痛手にならずに済んでるんだけど(爆)。とーぜん自動車メーカー各社もなかなか苦しい販売状況のようで、新聞各紙やネットで深刻な販売現場の話や価格改定の噂が。事実、近所のNetsトヨタでは、ショールームの道路側の窓いっぱいに「価格改定間近?! 買うなら今がお得です!」みたいなコピーがベッタリ貼ってあってウケまくり。本来谷間と言われるニッパチ商戦でも今月は駆け込み需要あり?

実際、ガソリン価格が200円目前まで跳ね上がって、世界的にもエコだ温暖化だと叫ばれれば、低燃費・低Co2排出量を念頭に世界的な小型車志向が加速するのは至極当然。排気量もサイズもデカいアメ車が苦戦するのも仕方ない(そういえば一昨日前を走ってたのは米国の世界戦略小型車....とかつて呼ばれて砕け散ったクライスラーNeon! 久々見た〜〜〜)。そうなると、やっぱり欧州市場でしのぎを削るメーカーの車に魅力を感じるし、実際説得力のある商品(=クルマ)が多い。昨年暮れに家庭の事情もあって手放した現行ルーテシアIII(Clio 3)の3ドアMTモデルは、1.6リッターでも十分以上の動力性能だったし(MT+3ドアが一番軽量でエンジン負担少なかったのもテンロクを楽しむために購入決めた際のポイントだった)中・高速走行での鬼のような直進性や路面に吸い付くような安定感は日本の高級車を遥かに凌ぐ美点だった。タイムリーに小型車徹底特集を掲載している二弦社『NAVI』最新号の47ページでルーテシアが大推薦されてる理由も、元オーナーとして納得できる話(日本上陸時にこんな美点の数々がちゃんと伝わってたら......ルノジャポ広報は心して挽回を)。同じルノーではそろそろ次期メガーヌのスクープPHOTOとかが話題になってるけど(微妙.......)魅惑の現行メガーヌにはさらなる最強モデルR26.Rが欧州で投入されたり(日本導入は難しいか.....)スポールが各誌で未だ高い評価貰っていたり。クルマ作りのツボがわかってるんだろうなぁ。同じフランスでも最近のプジョーは極端なボディ肥大化&必要以上の高級化が進んでいて、ちょっと美点スポイルされつつあるような(価格も高くなっちゃったし)。かつてほど魅力感じないな、自分は。その分、PSAグループのもう片方=シトロエンはWRCでの勝ちっぷりのみならず、市販車開発でもなんか勢い感じる。広大なグラスエリアで視界良好のC4ピカソが人気上昇中なのを横目に、さらに今年10月のモーターショー@パリで正式お披露目となる新型B2セグメントMPVのC3ピカソが発表されたけど........これ、個人的に相当好印象☆ 全長×全幅×全高=4078×1780×1624mmのサイズはコンパクトカーとしてやや車幅広い気もするけど、4枚ドアだし短い全長は小回り利くから使い勝手は良さそう。背の高いクルマには乗らない主義ながら惹かれたほど、このクルマのデザインテイストがPOPでいい。どーして欧州の人たちは黒いモール類でアクセントつけるのがこんなに上手いんだろーか♪ WebCGでも触れてるよーに、日産キューブ的発想をフランス人の感性でまとめるとこんなカンジになるということかも......お見事(キューブのディテールもよく出来てて実はキライじゃないんだけど)。向こうの人ならこれをMTで乗る事に何の抵抗もないんだろーけど、AT比率が超高い日本市場を考えると、頭のイイよくできた多段AT、それもできればツインクラッチの2ペダルミッションをそろそろ積んだ方が一層ユーザー広がりやすいハズ。ちなみに同じラテン系でもイタリアFIATが送り出してきたアルファロメオの新型コンパクト“MiTo”(ミート......は肉っぽいので^^;『Rosso』誌の方が提唱する“ミィト”を日本での正式呼称として使うのはアリだと思う☆)は、8Cコンペティツィオーネのデザインテイストを活かしたスタイリングや内装センスも注目に値するけど、加えて5ドアモデル追加のタイミングでツインクラッチ式2ペダルミッションが登場間近なんだとか!(スタイリングは3ドアの方がカッコいいだろうけど) 考えてみたらステアリング上のパドルやシフトレバーで自在にシフトアップ&ダウンを操れる2ペダルミッション“セレスピード”を大衆車に最初に搭載してきたのがアルファだったし、当然の進化かも。こりゃフランス勢も「MT文化の国だからATは今イチでも仕方ない」なんて言ってられないでしょ。世界的なエネルギー危機のお陰で追い風吹く小型車市場制圧のためにも頑張ってほしいところ(もちろんMTモデルの併売もお願いしたい♪)。ちなみにいま日本車でコンパクトカー選ぶなら......個人的にはSUZUKIスイフトかMAZDAデミオかな。肝心のアウディはどうだろう。自分はいまの車を少なくとも5〜7年は必ず乗り続ける予定だけど、次の買い替えタイミングにどんなラインナップになってるやら(Sトロニック/DSGは7段が当たり前......というか、もっと発展してたりして)。今年発売されたA4を見れば、次のA3もサイズアップ確実(うーん。今のサイズが丁度イイのに.......)。となると、その時に愚父が居るか去ってるか?!にもよるけど(苦笑)4枚ドア必要じゃなくなってれば、去年の東京モーターショーで話題になった新顔A1への乗り換えは十分考えられる。クルマ好きにとってラテンもゲルマンも選択肢十分な状態だと楽しいだろうな、きっと。ま、世界的に自家用車保有がまだ可能であることを今は願うばかり@@

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008.07.13

Online購入したDVD3枚が着荷♪

仕事&甥歓待^^;が忙しかったので昨日のHMVトリプルポイントデーには出向かず(お陰で?台風のごとき午後の雷&暴風雨時に留守せず済んだ......ホッ)。それでもHMVポイントがちょうど2,500円分溜まっていたので、HMVオンラインの方で“音楽DVD2点以上買うと25%OFF”セールも活用しつつ、かねてから「そのうち必ず」と思っていた3作品をクリック。次世代DVD開発競争やダビング10問題を見極めてから納得の機種を購入しようと未だDVDプレーヤー/レコーダー未導入のため(低俗バラエティ&冴えないドラマばかりで見たい番組激減してるせいかテレビもまだブラウン管TV使いつつ薄型TV決定版の登場待ちだし......爆)これまでDVD作品収集には積極的じゃなかった(LDコンパチプレーヤーもまだ壊れてないし)。でも近頃は、CDでは発売されていないライヴ作品をMacで再生しながら仕事したり(特にヘッドフォンで聴いてるとLD/ビデオをTVで観てるより遥かに演奏の細部まで感動できるし☆作業も意外とはかどるから不思議^^;)さらに昨年末愛車となった漆黒の我がアウディA3スポーツバック1.8TFSIリミテッド君には最初からHDD/DVDナビが搭載されてきたため、元々不要と思っているナビ機能はほとんど未利用ながらiPod対応以上に車内BGMとしてDVD再生機能が大活躍中(近頃甥っ子は車内でTOTO最新=最終ツアーやNIGHT RANGER初来日公演のライヴDVDに熱狂しまくり♪)。CDより収録時間長いし、意外とクルマとの相性いいんだなぁ、音楽DVDって......と、今更ながら軽くカルチャーショック。そんなこんなで、Mac & カーユースを考えてブルーレイ盤(Blue-rayじゃなくBlu-rayなんだね〜、商標登録の関係で)再発を待たずにソフト購入しちゃえ!と心境変化したのがDVD作品に対し関心UPした理由。かくして今朝無事に届いた名盤3タイトルは、只今Mac画面の隅に映像を、ヘッドフォンからは素晴らしい演奏を供給中☆ 内容についてはまた別途。

#ちなみにこのイーグルス『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』、当初国内盤DVDはコロムビアから発売されていたものの(洋楽メジャー各社より音楽DVD市場に積極的に仕掛けた同社の映像商品権利確保&販売戦略には先見の明があったと思う)途中からユニバーサル・インターナショナルから改めて発売。やっぱGEFFENの作品だし、そうあるべきでしょ。ただこの商品、アマゾンでは既に新品買えない状態(輸入盤のみ購入可能)。HMVで今回新品買えたってことは廃盤じゃなくメーカー販売継続中なんだと思うけど。LDで何度も観まくってるけど、皮肉屋揃いメンバーゆえ^^;会話とかMCを日本語字幕で楽しめる国内盤の存在意義が高い作品と思われ☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.06.18

VW/AUDI小排気量モデルから7段DSG導入が始まった。

A3スポーツバックに乗り換えて間もなく満半年。今週は退院して1ヵ月経過した愚父の外来受診が数件あるので例によって病院への送迎モードで近距離の愛車出動が続く。日々使用する中、美点の1つとして感心する一方なのが、自身初めての2ペダルミッションになるDSG(アウディでの呼称はSトロニック)。慣らし運転終了後に遠出する時間がなかなか取れないためSモードを試す機会はなかなかないものの、その奇数・偶数ギアのクラッチを分けてダイレクトかつ迅速な変速を可能にする湿式多板クラッチの秀逸な機構は、日常生活でのDモード走行で十分に体感できている。いわゆるオートマチック(AT)車の違和感(シフトチェンジのタイミングや感覚のズレ)を嫌っていた自分が思いのほかスムーズに順応できたように、DSGの滑らかなシフトはDモードで何もせずAT車的に使用していても大きな不満など皆無。おまけに望めばそのままハンドルについたパドル操作でSモードに入れることなく自在に変速できるし、その反応はMT車で自ら左足でクラッチを切って左手でシフトレバーを操作するより明らかに速いから恐れ入る(噂には聞いていたけどちょっとしたカルチャーショックだった^^;)。Dモードで通常走行時は各ギアやや引っぱり気味のスケジュールなので、1.8TFSIエンジンの豊かなトルクで出足がいい分、右手でやや早めのシフトアップを促してあげれば、燃費効率が一層向上する(60km超えれば市街地でも6速まで入れられる)。ガソリン高騰時代なだけに@@ハイオク車オーナーとしてはやはりアリガタイ。こうした操作を行なう際、ギアと車速が合わない場合はちゃんと?変速受け付けずに走行続けるし、一定のあいだマニュアルで走ったあとは自然にDモードへ戻るという賢さは、もう見事としか言いようがない。最初難しかった後進時のアクセルワークは、ギア選択後に急いで踏むのではなく、ひと呼吸待ってジワリとアクセル開けていけば全く問題なく滑らかにバックしていくことが分かって以来、すっかり慣れて問題ナシ(AT車みたいにクリープあるし。坂道発進も現在のDSGモデルは後ろに下がらないようアシストあるし)。海外/国内他メーカーのATに対し、VW/AUDIグループのDSGには明確かつ強力なアドバンテージがあると断言していいと思うし、MT車から2ペダル車に移行するには現状ベストな選択じゃないかな。

そんなDSG(Sトロニック)が、そろそろ第2世代へと進化し始めた。フォルクスワーゲン主力車種ゴルフの日本市場ベーシックモデルとして販売開始された“ゴルフTSIトレンドライン”に搭載された、遂に世界初となる横置き7段デュアルクラッチ・トランスミッション=新開発7段DSG、遂に日本上陸である。オイル冷却が不要な乾式クラッチを採用した上で、25.5kgmまでのトルクに対応する強度と、従来の6段DSGより369mm短いコンパクトさを両立したというこの新しい7段DSGは、6段DSG比で23kgも軽量化されたとか! これって、地球温暖化や燃料高騰を背景に省燃費/エコが求められる時代にドンピシャのミッションでしょ。まだ高馬力車には対応してないのでゴルフでもまず1.4TSIエンジン搭載モデルから導入されたとはいえ、サイズも軽さも省燃費性もこうしたベーシックモデルにこそ求められるわけで、こんなモデルが台数沢山出れば省資源への貢献は期待大。WebCGで早速試乗記掲載してるけど、シングルターボ1.4TSIエンジンのトルク特性も手伝って、早くも“ゴルフのベストバイモデル”の呼び声も(6段でも十分に良く出来てて不満ないDSGだけに、噂の7段DSG搭載されたゴルフにちょっと試乗してみたいな♪)。今の時代、大型・大排気量車よりも小型・小排気量車に乗ってる方がなんとなくインテリジェンスあるように映るし、GOLF V自体は熟成進んだ末期モデルながら、VWの販売力と合わせてかなり売れるかも(パワフルな高性能車に乗るのもモチロン楽しいだけに我々クルマ好きには悩ましい時代?.....複数所有で併用できればいーんだけどなぁ^^;)。

現行ゴルフとシャシー供していてマイナーチェンジ迫るアウディA3/A3スポーツバックも、デザイン一部変更と合わせて仕様/ラインナップ見直し図られたらしく、独・ミュンヘンでの海外試乗レポートがこれまたWebCGに☆ プレミアムコンパクトらしい3.2V6クワトロモデルは惜しくも無くなっちゃうらしく@@その後釜は最新ユニット1.8TFSIエンジンの2リッター版にクワトロ組み合せたモデルに任せる模様。高馬力FFはどうしてもホイールスピンしたり効率良くない気がするので、200馬力以上のエンジンと組ませるにはクワトロ導入がやはり正しいと思う。で、A3のベーシックモデルもゴルフ同様1.4TFSI(VWとの微妙な呼称違いが面白いなぁ)エンジン+7段Sトロニック(DSG)に☆ 滑らか&静かなミッションとエンジンの相性はすごくイイみたい(1.8TFSIもこの7段Sトロニックとの組み合わせに変更との事)。日本導入時には、このクラスゆえやはりゴルフとの価格差が消費者にどう映るかがポイント。自分が思うに、内外装のデザインクオリティが気に入ればアウディA3を選ぶ価値は十分にあると思うし、走らせればさらに異なるセッティングと質感に納得できるのでは? あとは、新しいA3/A3 Sportbackの顔つきが気に入るかどーか(WebCG海外取材で広報PHOTOとは異なるスナップ多数公開してくれた......パチパチ)。自分的にはS3仕様ならともかく、相変わらず新しいヘッドライトのデザインがちょっと......現行丸形4灯大好きな人間の主観だけど。とにかく、VW/AUDI陣営のDSG/Sトロニックは、6段/7段とも他メーカーに当面脅威与え続けていきそう(先日4速AT搭載した新型308を日本で販売開始したプジョーも6速AT開発中って言ってたけど、さらに熟成/導入急いだ方がいーんじゃないの?! 近頃ちょいと大き過ぎ&お高いよねぇ、プジョーのラインナップ)。

#そーいえば三菱ランサー・エボリューション/ギャラン・フォルティスに5ドアモデルが登場するらしく、その名も“スポーツバック”なんだって。改めて写真見ると......ネーミングだけじゃなくて、台形型のデッカいフロントグリルもどことなくアウディ風だったんだね@@(逆台形を台形にすることで微かなオリジナリティ出したつもりか......爆) 中国車のデザインパクリが近頃話題だけど、三菱さんもまだまだやってますな、堂々と......やれやれ。その“ランサー・スポーツバック”、リアセクションのデザインはやや品性に欠けるか^^;

#閉店したルノー府中がルノー八王子に併合されて半月。ディーラーのHPによると、店舗と一緒に移管されていた青い稲妻号が新しいオーナーさんに巡り会えた模様(パチパチ)。さすが昨年No.1と表彰されたルノー・ディーラーさん、いい営業さん&お客様をお持ちのようで。あのエンジンに組み合わされる最軽量ボディ=3ドア・MTモデルゆえの軽快感をタップリお楽しみいただければ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008.05.14

[A3 Sportback 1.8 TFSI Ltd]☆ ようやく2,000km突破。

A3sb_080507aもともとGWなどの大型連休はどこも混むので遠出する習慣ない上、春先からの家庭の事情もあり、愛車での長距離ドライヴは夢のまた夢。とは言いつつも、この1ヵ月ほどは自分のドライバー経験でも異例なほど、ハンドルを握る回数が多い。クルマで10分ほどのところに父が入院しているため、終日講師モードの日や外部打合せの日を除いて少なくとも2日に1回は漆黒のアウディA3スポーツバック君と行動を共にしているからなんだけど。衣類や日用品、トーチュウなどを運ぶ短距離運行はクルマにとってタフなコンディション。燃費向上は見込めない使い方ばかりだけど、低速域から1,800ccクラスとは思えない超極太トルクを発揮してくれるお陰で非常に快適に近隣を移動できるからありがたい。本国ではいよいよ夏以降のマイナーチェンジモデルが御披露目されたけど、一見脱色した白い短めのマツゲっぽい?!新しいヘッドライト(LED使うならせめて新型A4や今春追加発表されたTTS程度のカッコよさは一応目指した方がよかったのでは?^^;)は自分的にはちょっと......というカンジ。購入時の決め手の1つとなった我が愛車の凛とした丸形4灯ヘッドライトが非常に気に入っているので、まったく問題なし。VWが新開発した噂の7速DSG(アウディでの呼称は“Sトロニック”)はまだ高馬力対応じゃないことから、エンジン出力少ない1.6や日本未導入の1.4TFSIなど小排気量モデルのみ導入らしいので妬かずに?済むし^^; シャキっとシャープな印象になったシングルフレームグリル周辺や新しいテールランプは悪くないなと思いつつ(サイズ同じならひょっとしてテールランプ交換可能?)、まぁ、総合的に判断して自分はいい時に好みの状態で入手できたんじゃないかと思う今日この頃♪ もちろんMC後の顔つきが気に入る方には、ナビもアウディ新開発のモノになるし引き続き大推薦の1台であることに変わりナシ。これでさらに2〜3年は延命できそう。次期型はA4みたいにサイズアップしちゃうかもしれないし、そしたら、その頃は市販されてるであろうA1に惹かれてる可能性大だな、自分♪(ドア4枚の必要性なくなってれば@@)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|