映画・テレビ

2009.12.31

児玉清さんと松本幸四郎さんの2ショット。

大晦日の今日、仕事の合間にケーブルTV各局をチェックしていたら...日本映画専門chHDで放送している映画『HERO('07)に遭遇☆ 今月はフジテレビ地上波でもTVスペシャル『HERO 特別編』('06)やTVシリーズ『HERO』('01)再放送のあとに映画版流してたけど、さすが映画専門チャンネルでは上下黒帯つきワイドスクリーン仕様☆ キムタクvsタモリの法廷シーンとか臨場感あって良いカンジ。ところでこの映画では、東京地検の次席検事[鍋島利光]役で児玉清さんと、元検察官という経歴を持ちながらキムタクと対決する豪腕弁護士[蒲生一臣]役で松本幸四郎さんがかつての同僚という間柄で共演している。この二人が同じ画面に登場すると......思い出してしまうんだな、大河ドラマ『山河燃ゆ('84)。山崎豊子さんの『二つの祖国』を原作に制作されたこの作品は“大河ドラマとして初めて昭和期を扱った”という事で当時話題になり、時代劇を観ない=大河ドラマに全く無関心だった我が家が「日曜夜8時に視てみよう」と思った最初で最後のNHK番組だった。そこで主役である日系アメリカ人二世[天羽賢治]の真摯な生き方と苦悩ぶりを熱演していたのが当時の市川染五郎、すなわち松本幸四郎さん(ちなみに弟役は西田敏行さんだった......随分似てない兄弟だったナ〜^^;)。そして青年期の彼の面倒を看る一方で最後まで日米開戦回避を目指す外務省対米交渉担当課長[島木文弥]を演じたのが児玉清さんだった。戦後は東京裁判で東郷茂徳の弁護人となり、心ならず賢治とは対立する立場になるという設定。結構ハマって視たんだけど、世間的には「大河は時代劇」って固定観念強かったらしく(理解不能)視聴率苦戦&辛口評価だったみたい......ま、他人がどう思おうと関係ないけど。そんなドラマを思い出させてくれた映画『HERO』での二人の共演なのだった。もっとも......当然ながら幸四郎さんは本映画で実生活における次女=松たか子さんと親子共演するって事が大きく取り上げられたワケで^^; それにしてもこの映画の伏線になった前述TVスペシャルから連続出演の中井貴一さんによる抑えた演技は本当に素晴らしかった(パチパチ)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009.08.31

祝・キミ復活☆ でもKERSなかったらフィジケラ快挙だったか@F1ベルギーGP決勝

名物の?雨こそ降らなかったものの、多重クラッシュも追い越しもあったからスパ・フランコルシャン・サーキットはやはり見所多し♪ スタートは前戦ヨーロッパGPウィナーだったバリチェロのエンジンストール?から波乱含み。キミがよく外側へ速攻回避して前に出てくれた☆と安堵しながら目で追うと、例によって各車なだれこむ1コーナーはダンゴ状態。これまたキミのピンチ@@と思いきや、思い切って大外へエスケープ&加速したことで、事故に遭う事なくフィジコ&BMW追撃に成功。ここまでの瞬間的な判断が実に26レースぶりの勝利!に結びついたと思う。ちなみに1コーナーでは細かい接触多かったみたいだし、それが後でトゥルーリ/アロンソを気の毒なリタイアに追い込んだ模様......残念orz いきなりのアクシデントを免れたあとはKERSも駆使して久々“スパWinner&'07王者ライコネンここにあり”と言わんばかりのキレ味鋭い走りでまずニックをオーバーテイク。そのまま後方の事故処理でセーフティーカー入るも、レース再開時に改めてKERS活用でフィジコにピタっと迫り、オールージュの先でトップへ。スカっとしたな〜〜。ただ、驚きというかマシン改善著しいフォース・インディアを駆るフィジコがそのあと2度の同時ピットストップを挟んで最後までキミと同等以上の速さ保って優勝争いしたのは賞賛に値する快挙デショ☆☆☆ カッコよすぎ(笑)。集中切らさずスパ走りきったキミもフィジコも共にヒーローだったと思う。エンジン温存強いられつつ決勝で見事3位まで這い上がったヴェッテル君や復活なったBMW勢ともども、見所多いレースで楽しかった。抜きどころがあってテクニカルで....スパはやっぱ最高。ニュルブルクリンクとの隔年開催って噂が聞こえてきたけど、毎年ここでF1開催されるべきだと再認識(鈴鹿もね♪)。バトンもハミルトンもテスト制限で経験不足顕著な新人達の餌食になっちゃったし@@(←シーズン中のテスト制限による弊害の1つで若手育たない可能性あるかも。レースの安全面から再考の余地あり?)今季終盤に来てこんなに混戦になるとはネェ(カズキ君は完全にカヤの外だけど......orz)。次のモンツァも盛り上がりますように。
#####################
月曜夜、フジテレビTWOで<スカパー生中継ノーカット版>の再放送を見たけど、表彰式で勝利チーム=フェラーリを讃えるイタリア国歌流れてる時、2位表彰台GETしたフィジコが自分のための国歌であるかのよーに歌ってて☆軽くグっときてしまった(^^) 次戦イタリアGP@モンツァでは激遅バドエルに替わってフェラーリに乗る?なんて噂もあるイタリアンにちょっと再注目しとこう(フェラーリはフィジコの他にも琢磨やブルデー、セナ甥あたりを含めた21名もの候補者リスト作って検討中とか@@ フィジコは母国&最終戦アブダビだけのピンチヒッターに留めて、シンガポール&鈴鹿のアジア2戦だけでも琢磨起用ってのはどう?! ブラジルはセナ甥でいいから......)。
#####################
そういえば......1998年、F1第13戦ベルギーGPにおいてデイモン・ヒル/ラルフ・シューマッハの雨中1-2フィニッシュでジョーダン・グランプリが涙の初優勝飾ったレースも“8月30日のスパ”だったわけで......あの感動の夜から丁度11年だったのか(回想)。フォース・インディアはスパイカーF1を買収して出来たチームだから、さかのぼればミッドランドF1、そしてジョーダンGPにたどり着く。ジョーダンGP時代から在籍してるスタッフはフィジコのトップ争いにあの日の興奮を重ね合わせたかも☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.08.30

雨じゃなかったのに!フィジケラ歓喜のPP獲得@スパ>F1ベルギーGP予選。

先週のバリチェロ優勝@バレンシアも驚きだったけど、昨晩雨を免れたベルギー:スパ・フランコルシャンでフォース・インディアを駆るジャンカルロ・フィジケラの名前が予選3Qの最後に最上位に躍り出るとは!......ルール上のからくりで燃料搭載量にばらつきあるとはいえ、事前には予測不可能な素晴らしい快挙だった。フィジコご立派(拍手)。彼のお陰でチーム初のポール・ポジション転がり込んだフォース・インディアはよかったね。もっとも、近頃は相棒のスーティルが度々上位に食い込む快走見せてたし、間違いなくマシンは良くなってきてるハズだから、フィジコの経験がここでやっと活きたのかも。2位にはヤルノ・トゥルーリ@トヨタが入ったし、イタリア人2名のフロントロー独占に母国沸き返ってるかな?(この2人が1位争ったってゆーから間違いなく軽くor完全なウェット路面の予選だったと思いきや.....ドライだったとはねぇ)。燃料搭載量からしたらトゥルーリに勝機あり? TOYOTA初優勝で自身とチームの残留決められるか否か(自分はト○タって企業が昔っから大嫌いなんだけど、今のF1現場指揮してる山科さんって人はフェアで熱い感じが伝わってくるし珍しく非常に好印象。彼が現場にいるうちに優勝経験させてあげたい気もちょっと^^;)。予選ではBMWザウバーの2人が久々上位なのも喜ばしい出来事。BMW撤退が決まってるだけに(悲)マリオ・タイセン博士をはじめ現場スタッフとしては、この復活ぶりを見せつけることでチーム売却に弾みつくよう願ってるだろうし、そうあってほしい。消滅はもったいないよ〜〜〜@@ それにしてもポイントリーダーのバトンはどうしちゃったんだ?! まるで96年の我らがデイモン・ヒルを思い出すような弱々しいメンタリティ(苦笑)。チームメイトに追いまくられながらも(KYだからなぁ、バリは.....)要所で結果残して英国系ドライバーの戴冠をぜひ今季も。個人的にはヴェッテル君にも頑張ってほしいものの、ルノーエンジン故障続きでこのまま最後の1基を6戦使用するってのは厳しいかなぁ(惜)。健闘祈る☆ そして......キミ。なんだかフェラーリ離脱しつつ他チームでF1継続っぽいムード。フェラーリが07年王者の彼を軽んじるとゆーなら(失礼だ!)それもアリか。悔し〜。ただ、残りレースでは赤組のエースとして、現役チャンプ経験者の実力存分に見せつけてやれっ! それにしてもカズキくんは噛み合ないことばかり。前戦は好調だったのにマシントラブルで台無し、今回は相棒ロズベルグに予選で大きく遅れる失態露呈。来季シートやばくない? 決勝で多少なりとも挽回できるかどーか(疑)。さぁ、今夜のスパは雨が降るのか降らないのか。フジテレビの選挙特番&世界柔道中継に阻害されて(涙)決勝の地上波放送はなんと深夜2時半過ぎ(26:35〜@@)。当然、待たずに公式サイトのLive Timmingを凝視するのみ!(もちろん深夜録画中継も見るけどzzz)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.08.26

期日前投票済ませてきたものの......@@

愚父の初ショートステイ中も彼の居室大掃除や身内墓参りetc.やる事てんこ盛りだったためあっという間に戻ってきてしまい^^;世間は早くも8月最終週。そうそう、今週から講師業再開して夏休み明けの学生達と再会したら、意外にも?!非常に出席率良く(試験近いせいかみんな案外マジメ♪)どーやらまだ新型インフルエンザの餌食になった子はいないようでひと安心。あ、油断大敵? むしろこれから感染拡大の恐怖と直面?!(怖) いざとなったら持ち帰って愚父に.....以下自粛(爆)。

今日の午後は愛車に母を乗せ、愚父のオムツetc.介護用品のストック買いだしに行き、ついでに市役所へ寄って衆議院選挙の期日前投票を済ませてきた(投票日に身内の世話で急遽動けないかもしれないし、ちょっと天気も悪そうなので)。何かと話題なせいか、それとも子供達の夏休み最終日曜日となる投票日に家族イベント入ってるのか(アソウがこの週末に選挙持ってきて迷惑してる人は相当数いるはず@@)かなりの賑わいぶりで(!)今回の選挙に対する関心の高さを再確認。既に各地で選管スタッフのミスによる“無効票”発生してるし(わざわざ投票に来た有権者の1票をどうしてくれる?!)現場のスタッフは割と人数も多く、二の舞にならないよう慎重かつ丁寧に対応していたように思う。そうそう、要介護4の寝たきり愚父は今回も棄権扱い。要介護5なら事前手続きで「郵便等投票証明書」の交付を受けて郵便による投票も可能らしいけど、投票所に行けない状態に介護度数は関係ないじゃんか!(怒) それこそ、介護されてる人間だからこそ1票を投じたい候補者や政党があるかもしれないし、これからの超高齢化社会にはそんな世代がどんどん増えていきそうなんだから.......もっとも人生放棄してる愚父に今回投票意欲あるかどーかは怪しいか(爆)。とにかく、成人後皆勤続ける我が選挙投票行動は今回も無事ケイゾク、となった。ただ......すんなり投票を終えたわけではない。

今回はいろいろ世間も盛り上がってるってのに、本当に悩ましかった。何故なら、自分の該当する選挙区には4人の候補者が立候補しているにもかかわらず、積極的に支持したいと思わせる人は皆無@@ 比例区の投票はさておき、選挙区の方は政党云々じゃなくやはり“人”ありき(当然☆)だと思ってるだけに、最後の最後まで初の白票を投じようかとも考えたほど。それでも1人選ぶためにとポイントを1点に絞る事にした。何かとキナ臭い報道が漏れ伝わる今日この頃ゆえ、ここは諸外国から再評価されてる憲法第9条の堅持を改めて最優先の判断基準にしようと。かくして消去法で候補絞り込み投票完了。とにかく、間違っても再び戦争仕掛けるような国になっちゃいけないと思うから。予想される新政権が軍備拡張に走らない事を切に願う(我が選挙区の候補者は以前から積極論者なので党が躍進中だろーと支持するわけにはいかんのよ、自分の生き方として)。比例区も悩んだけど、アマノジャクな性格ゆえ2大政党に入れないことだけは最初から決めてたので(笑)その他のうちから1つ選んで党名記載。果たして結果はどーなるのやら(そうそう、日曜夜はテレビ各局とも当然選挙特番ではしゃぐわけで、フジテレビも気象予報士なはずの石原良純まで交えて安藤優子が暑苦しく意気揚々とハシャぐんだとか。別に見ないからいいんだけど、問題は......そのとばっちりを喰らったF1ベルギーGP@スパの地上波中継がなんと深夜2時半過ぎから放送開始だって@@ 日本時間夜9時からのレースが何故......勘弁してくれよ〜〜〜! 解散とことん引っ張ったアソウのせいで心に深いショウセキ....傷跡残りそう。ところで、政権放りだしたアベ・フクダ両名も国際会議で日本に大恥かかせたナカガワもよく政界引退せずに出馬してきたなぁ、恥も外聞もなく。ミゾウユウの事態だ)。

それにしても、介護とか医療が話題にのぼるわりに、障害児/障害者やその家族を支援する政策について今回積極的に語ってる政党が見当たらないのは嘆かわしい。介護者を抱える家庭の大変さはそっくりそのまま障害者/障害児を抱える家庭にもあてはまるし(むしろ長期的なサポートという意味では障害児を抱える家庭の方が未来への希望をより必要としているかもしれない)子ども手当云々の議論を盛んにするなら、その中に障害児教育の現状把握/サポート強化も併せて考えないと。特別支援学級の設置を渋る小学校校長の存在、就学控える障害児の学力チェックを初対面の人間が非日常的な状況で行い判断することの是非......現場には制度自体の歪みも制度運営上の問題も山積してるようだから。政官民の意識改革と併せて、先進国の中でも著しく遅れている分野の挽回/改善を早急にぜひ。

#メールやコメントくださってる皆さん、遅レスごめんなさい。まもなくきっとm(__)m



コネタマ参加中: 政権交代してほしい? ほしくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.21

憂鬱な'09 F1イギリスGPの週末。

母国GPで優勝したデイモン・ヒルを表彰台で祝福する故・ダイアナ妃......シルバーストン・サーキットにおける想い出のシーンの1つ。そんな伝統あるコースでのF1開催も(来年からドニントン・パーク開催になる計画のため)今年でひと区切りと思うと寂しい。この週末はそんな感情を抱きつつ、じっくり見届ける予定だった。ところが独裁マックス・モズレーとFOTAの全面対決が解決せず、とうとうF1分裂か?!という歴史的危機が訪れて、英国GP開催地の問題どころじゃなくなってしまった@@ 今宮純さんが自身のサイトにおけるコラム“Race Eye”や『Number』Webにおけるコラム“Score Card”で書いている、というか怒りをぶつけているように、我々ファンのみならずF1を愛するすべての人々を不幸にする不毛なメンツ争いが続いていて悔しい。天国のセナだって、すべてを捧げたF1の崩壊危機に相当悲しみおぼえてるんじゃないかな。頼むから権利持つ人々にはファンを裏切らない解決法見いだしてほしい。

異様な雰囲気のなかでさっき行なわれた予選はヴェッテル君が見事ポール! やっぱり彼は楽しみな存在。そんな超新星とフロントローで並ぶのがまさかバリチェロになるなんて(驚)。(母国予選6位に終わったバトンと決勝重量同じ!とわかったし)お気に入りコースって発言は嘘じゃなかったってわけか。相変わらずKYなベテランだ〜。2列目にウェバーも送り込んだレッドブルは好調そう。で、CX大喜びだった中嶋一貴くんの予選過去最高5位ゲット......なんだけど実は9,10位のライコネン&アロンソを下回ってベスト10の中で一番重量軽かったみたいだから1回目の給油早めってことで(ぎゃは)チームの信頼得るためにスタート肝心かも(中段スタートよりはトラブル回避容易?! 地元バトンと接触したら大ブーイング確実@@)。改めて決勝重量見ると、なんと1位のヴェッテル君が一番重いんじゃん! これ、スタートからうまく逃げちゃえば勝てる確率高いんじゃないだろーか? ただ決勝の予報は雨って噂もあるし、荒れたらまったく展開読めず。むしろ、現役元チャンプのライコネン&アロンソには恵みの雨になるかも。期待しよーかな(同じ現役チャンプだけどハミルトンは噛み合ってない印象......母国なのにねぇ)。先の見えないF1界だけど、日曜夜のレースについてはいつも通り、とゆーかいつも以上に迫力あるバトル期待したい。

#来年以降開催予定のドニントンだったら、何と言っても雨中のスタートとなった1993年・ヨーロッパGPの想い出が強烈。ごぼう抜きで1周目にトップまで躍り出たセナのベストレースに挙げたいくらい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009.06.13

6月半ばといえばルマン&F1カナダGPの夜更かし観戦モードだった...

日本のモータースポーツファンにとって6月半ばの週末は、北米から届くF1カナダGPの映像と、欧州から届く仏ルマン24時間耐久レースの映像に胸躍らせながら夜更かしするのが毎年恒例の楽しみ......だったのに。ここ数年、ルマン中継は完全に見捨てられ、カナダGPもとうとうF1カレンダーから消滅してしまった@@ 寂しい限りでしょ、まったくもって。ただ救いは、インターネットでルマンの様子を追いかけることが可能だという事実。ルマン24時間耐久レース公式サイトはもちろん、今年は自動車専門誌『カーグラフィック』の姉妹誌『NAVI』とチーム郷が組んで“NAVI TEAM GOH”としてLMP2クラスに参戦しているので、その関連ブログ(現地からカーライフ・エッセイスト吉田由美さんナビゲート)でも現場の様子が伝わってくる。先ほどスタートして以来、早速いろいろ起こってるようで^^;中継映像が見れれば最高だけど、こうしてリアルタイムに状況掴めるツールがあるだけでも実にアリガタイ。明晩のゴールまで、ちょくちょく情報覗いてみよう♪(ちなみにF1カナダGPは復活の道を探ってるという噂も......メーカー各社の宣伝効果を考えても北米開催のF1GPはやっぱ残さないとネ)

間もなくトップが30周目に突入する現在、荒聖治選手がドライヴ中のNAVI TEAM GO:#5 - PORSCHE RS SPYDERは総合15位・LMP2クラス2位を走行中。まだまだ先は長いけど最後まで無事に速く走れますように!(祈)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.08

「ウズベク戦視聴率24.4%」ってテレ朝中継で我慢したヒトの数字だけでしょ。

ビデオリサーチ社の調査による6月6日(土)夜のFIFAワールドカップ2010南アフリカ大会・アジア地区最終予選<ウズベキスタン代表vs日本代表>戦の関東地区平均視聴率が24.4%を記録し、本予選最高をマークしたとのこと。23時キックオフで25時頃に試合終了だったから、立派に高視聴率☆ もっとも産經新聞はこのニュースの見出しにわざわざ『健闘もドーハの半分』って付け加えちゃうんだから実にイヤラシイ。1997年当時と比べて12年後の現在は衛星放送受信できる世帯数が伸びてるし(むしろ視聴できない世帯数の方が少ないのでは?)テレビ朝日の角澤アナ+松木安太郎氏による絶叫連発劣悪実況中継に我慢できない人はNHK衛生第1放送(BS1)での生中継を選択していたハズ(もっとも今回の中継は現場解説者に超つまらない山本氏、スタジオ解説者に低俗ダジャレ好きな早野氏だったから手放しで歓迎は出来ず......CM&絶叫ないだけ好ましかったけど、守備陣もキチンと評価できる小島氏とかNHKには他に適任沢山いるのに、テレ朝と違って@@)。つまり、地上波中継+衛星中継の視聴率はもっと多いでしょ(今回に限らずアジア地区公式戦の場合はNHK BSを選べるため演出過剰なテレ朝中継はまず見ない気が)。CS放送以外TBSしか選択肢なかった今春のWBC生中継とどっかで比較しているフシもあるし、大体ことあるごとに“野球vsサッカー”の図式を持ち出し“野球の国・ニッポン”と印象づけたいマスコミの思惑が見て取れる。自分はどっちのスポーツも大好きだし、共に繁栄するよう報道してくれればいいだけのハナシ。いい加減改めましょーよ、日本の主要新聞社&民放各社各位(怒)。

もっとも、週末に若者の街・吉祥寺へ都議選応援演説に訪れて堂々「“カザフスタン戦”の中継視た?」って聴衆に問いかけたアソウタロウ氏のウソつきっぷりには誰もかなわないけど@@ 日本代表はどこの国へ戦いに行ってたんだっつーの!(呆) あんなに品格も知性もない人が未だに我が国のトップだなんて、恥ずかしすぎる......orz

おっと、肝心なこと忘れてた。
まずは2010年ワールドカップ出場権獲得オメデトウ日本代表
アソウタロウ並みに酷いシリア審判団の偏向ジャッジにも負けず
よく最後まで頑張ったと思う。ほんと、オツカレサマ。
出た事しか意義を見いだしにくい2006年の屈辱を思い出して
来年南アフリカで何かを成し遂げるだけの武器をこれからの1年間で磨かれたし☆
(途中出場した本田にはガッカリ。先日のキリンカップ初戦で随分“変身”してて期待したのに、元通りの守備せずバランス崩すワガママ野郎にもどっちゃってた@@ 試合後、岡ちゃんに頭ポンって小突かれてる映像流れてたし、きちんと修正できれば戦力になるはずなんだから反省してチームコンセプト遵守を改めて!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.05.24

たとえばキミがいるだけで@F1モナコGP予選☆ [決勝後追記アリ]

波乱の2009年シーズンも気がつけば6戦目。新興ブラウンGPの快進撃(『AUTOSPORT』誌最新号によるとSUPER AGURIスタッフ+ホンダ栃木研究所スタッフの手による“SA09”的マシンなんだとか。ホンダ経営陣が信じてあげてればねぇ...orz)と、レッドブル覚醒、トヨタ本腰がここまでの流れを作ってきたけど、何となく上位争いには役者が足りない印象もあった。そして今週末のモナコは.....よーやくいくつかのチームが挽回してきたようで、何より昨日の予選でキミ・ライコネン@フェラーリがバトンと僅差のフロントロー獲得したのが喜ばしい! この市街地ドライバーズサーキットで本領発揮するあたり、さすがキミといったところ(チームもよく立て直してきたねぇ......決勝78周を走破できるだけの信頼性あるか否かはわかんないけど@@)。今季の予選中継では昨夜がダントツに面白かった(ココは決勝で雨でも降らない限り、予選の方が楽しいんだっけ......)。そして予選後に発表された各チームの決勝車両重量が一段と興味をかき立ててくれる♪ 相変わらず好調なブラウンGPの2台はそれなりに燃料積んでても速いことは予測積みだったけど、2位のキミも4位セバスチャン・ヴェッテル/5位フェリペ・マッサ/6位ニコ・ロズベルグより多く燃料積んでのフロントロー獲得だったというから立派☆ そして1位〜8位までのマシンが640kg台なのに対し、9位フェルナンド・アロンソは654kg、10位の中嶋一貴にいたっては実に668kgとなっているので、このポジションから展開に合わせてどんなピットストップ作戦でタイヤを使いガソリンを給油するのか興味深い。アロンソは昨日のフリー最終で最速だったわけだから、キミ共々現役最強の実力をしっかり発揮してくれれば面白い展開に......なってくれたらいいんだけど(奇襲が功を奏するほど甘くないのもモナコだから)。

#それにしてもBMWザウバーはどーしたんだ?! 今回不調のトヨタ以上に辛そう。ハミルトンの予選クラッシュは慢心かねぇ。ま、オーバーテイク困難なモナコで彼が最後尾から這い上がってこれるかどーか。

#フジテレビって相変わらずモナコには業界外?から“ゲスト”呼ぶんだねぇ(呆)。今年呼ばれた清原氏もそりゃフェラーリオーナーだけど、正直場違いな印象。ヨーロッパに“有名元野球選手”連れてっても凄さ伝わらないんだってば。報じるなら現地訪れてるというプロストとかもおっかければいーのに

#そういえば一昨々日、久しぶりに『F1 RACING』誌最新号(2009年6月号)を買った。セナ急逝時のウィリアムズ広報だったアン・ブラッドショー女史が寄稿していたので。ネット全盛ながらF1関連の出版物をきちんと発売している出版社には陰ながらエール送り続けたいと思う。

---------------------------------------------------

[決勝後追記]
結局波乱はほぼ皆無@@ 昨日誕生日だったKYルーベンスがスタートでキミの前に出ちゃって(涙)ブラウンGPの1-2が早々に成立したまま最後までorz 予想外といえばヴェッテルの前半でのリタイヤぐらいか...うーん。今季最強チームには遅れを取ったけど、3-4フィニッシュの赤組は回復の兆しが見えた様子。スタートでキミが2位キープできてれば終始ルーベンスにひっかからず@@もうちょい健闘できたかもしれないのに(悔)。それでもアロンソよりは先行き明るいか(ルノーはアロンソに戦えるマシン用意してくれ〜〜〜!)。それと近頃意外と上位に残っちゃうマーク・ウェバーが気になる(「振り向けばアーバイン」の21世紀版ってカンジ)。ヴェッテル加入の刺激が効いたかニューウェイの成功作得ていよいよ覚醒? ちなみに最終周の日本人ドライバーの単独クラッシュは...自分的に想定内かな(毒)。いくらエンジンメーカーの後押しがあってもそろそろシートヤバくない?! さー、次は6/7決勝のトルコGP。プレステやってた頃にはなかったコースだからいまいち馴染みナシ^^; いったい誰がブラウンGPを止めるんだい? その前にF1ワールドの未来がきちんと見えますよーに(オトナの揉め事、もう結構!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧